Otajo -オタ女-

Today is
Jul 28 2017

記事

高橋留美子作品の名シーンを発表! あなたの思い出のシーンは?

Pocket
LINEで送る


『うる星やつら』、『めぞん一刻』、『らんま1/2』……あなたの思い出に残っているのはどんなワンシーンですか?  「一番くじ るーみっくわーるど~35th Anniversary~」の発売を記念した「高橋留美子作品の名シーンコンテスト」が2月14日~3月31日の期間開催。ファンからの応募が多かった名シーンをご紹介します!

「るーみっくわーるど ベストシーンコンテスト」
【実査期間】2013年2月14日(木)~3月31日(日)
【募集方法】一番くじ『るーみっくわーるど ベストシーンコンテスト』特設サイトへ携帯から応募。各作品ごとに名シーンを投票していただきました。
http://1kuji.bpnavi.jp/item/530/
※ コンテストへの受付は終了しましたが、投稿は可能。

うる星やつら


あたるから“好き”という言葉を聞きたいラムと、意地を張って言葉にできないあたるの葛藤が錯綜するシーン。

【応募者コメント】
好きな話たくさんあるけど、最終回泣けました! あたるがラムちゃんを追いかけてる時に思う言葉が好きです。「ラムの……バカが!! こんな状況で、好きだといったら、本当かウソかわからんだろうが!!」やっぱ好きなんだな!て改めて思うシーンでした!

めぞん一刻


響子の元夫・惣一郎の墓前で、五代が惣一郎に「あなたもひっくるめて、響子さんをもらいます」と報告するシーン。偶然同じ場所に来ていた響子は、五代の愛を確信する。

【応募者コメント】
やっぱ墓参りのシーンで、惣一郎さんに「あなたもひっくるめて響子さんをもらいます」と報告するところかな。まさに恋愛バイブル!

らんま1/2


選ばれた武道家編 乱馬とあかねの押入れのシーン。

【応募者コメント】
伝説の道着で、押入れにいた乱馬とあかね。その時のあかねがおずおずして本当なの…?てシーン。あのあかねは最強的可愛さです!

犬夜叉


犬夜叉の気持ちを理解したうえで、かごめが「(犬夜叉の)ずっとそばにいる」と決意したシーン。

【応募者コメント】
犬夜叉18巻の第8話「かごめの心」がマイベストシーンです! 7話でかごめが犬夜叉のことが好きだったのだと自覚するところも大好きなのですが、やはりこの8話を読むと、かごめの包み込むような優しさに心を打たれ、こんなかごめがいたからこそ犬夜叉が変わることができたのだなぁと納得してしまいます。とても心があたたかくなるお話です。

1ポンドの福音


主人公の畑中耕作が、シスターをナンパするシーン 「ぼくさー 実はボクサー」

【応募者コメント】
シスターの水着姿がとても可愛かったです! シスターと気付かず「僕さ〜、実はボクサー」とナンパしたりキョトンとしてるシスターも可愛かった。

境界のRINNE


キャンディーの効果が切れて、ふたりが会話をするシーン。桜「どこか・・・行ってた?」 りんね「いや……」

【応募者コメント】
11巻第3話『りんねはどこに?』で、りんねと桜ちゃんのやり取りが私のベストシーンです。 転んだ桜ちゃんが「どこか…行ってた?」とりんねに問うシーン、この時の桜ちゃんの表情がなんだか泣きそうな顔に見えて…とても印象的です。それに対してのりんねの表情とモノローグも素敵でした。なかなか進展しない二人ですけど、お互いにお互いを必要としていることがよく分かるこのシーンが、二人らしくて大好きです^^

「一番くじ るーみっくわーるど~35th Anniversary~」のキュートなアイテムをチェック!


高橋留美子作品の世界観を総称する『るーみっくわーるど』を題材にしたハズレなしのキャラクターくじ 「一番くじ るーみっくわーるど~35th Anniversary~」が4月下旬より全国の書店、TSUTAYAにてスタート。1回500円で手に入るキュートなアイテムラインナップが明らかとなっています。

『うる星やつら』、『めぞん一刻』、『らんま1/2』、『犬夜叉』、『境界のRINNE』、『人魚シリーズ』、『高橋留美子劇場』などの代表作から、人気キャラクターたちが大集合。世界観満載の“一番くじ”限定オリジナルビジュアルボードを始め、高橋先生から各作品へオリジナルメッセージが付いたクリアファイルコレクション、「テンちゃん」、「玄馬」のぬいぐるみやストラップ、ハンドタオルなど高橋留美子画業35周年記念として実現した充実のラインナップです。

【関連記事】ラムちゃん、テンちゃんなど可愛すぎるアイテムが勢ぞろい! 「一番くじ るーみっくわーるど~35th Anniversary~」
http://otajo.jp/p/14610

(C)高橋留美子/小学館

Pocket
LINEで送る

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

藤本エリ

日常系アニメと、黒髪・細身キャラクターをこよなく愛するライター。一番応援している声優は小野大輔さん。

アニメの新着記事一覧

PAGE TOP