Otajo -オタ女-

Today is
Oct 21 2017

記事

フェティッシュからサブカルチャー&オタクまで! ディープな世界を網羅したフォトガイド『アンダーグラウンド イベント 東京』発売

Pocket
LINEで送る

3日間で59万人を動員する『コミックマーケット』(コミケ)をはじめとして、東京では毎日のようにさまざまなイベントやパーティーが開催されていますが、そのような場をテーマにしたフォトガイド『アンダーグラウンド イベント 東京』(芸術新聞社・税込2310円)が2013年11月10日に刊行されます。

ジャンルを超えて、「東京のイベント」をテーマにしたものとしてはおそらく初となるこのガイドでは、既に20年以上の歴史を持つアンダーグラウンドイベント『デパートメントH』から、『ダイアモンドカッター』『東京ゲイナイト』といったセクシャルマイノリティーの祭り、『ARTiSM』『フェチフェス』『コルセットナイト』のようなフェティッシュなイベントまで規模の大小問わず網羅。さらに『電刃』『アニソンインデックス!!』『Re:animation』といった、近年盛り上がりを見せているオタクカルチャーのDJイベントにもスポットを当てています。
聞き慣れない内容のものだけでなく、『コミケ』や『コミティア』、『DESIGN FESTA』(デザインフェスタ)のような参加者の多いイベントも取り上げているので、それぞれの空気の違いを横断して楽しむことができそうです。

ガイドを手がけたPhoto’sGateは、『Facebook』を中心としてプロアマ問わず誰でも参加可能な写真家集団。代表を務めるフクサコアヤコさんは、日本初のフェティッシュ雑誌『INFAMOUS MAGAZINE』のオフィシャルカメラマンとして、さまざまなアンダーグラウンドカルチャーを目撃してきており、東京のほんとうの現在を最も知悉している人物といえるでしょう。

総計80ページにのぼる大グラビアページだけでなく、アングラへの入り方指南やイベント主催者へのインタビューも敢行。多角的に「東京のイベント」の姿に迫る刊行物として、記録的な価値の高い一冊となることは間違いありません。

少しオトナな世界やマイノリティーのカルチャーに関心のある人ならば見逃せない『アンダーグラウンド イベント 東京』は、2013年11月2日・3日に東京ビッグサイトで開催される『DESIGN FESTA Vol.38』のD-15ブースで先行発売。公式『Facebook』ページによればフクサコさんをはじめ「濃い売り子」が待っているということなので、『デザフェス』に来場する予定がある人はお見逃しなく。

『アンダーグラウンド イベント 東京』 芸術新聞社
http://www.gei-shin.co.jp/books/ISBN978-4-87586-376-2.html

Pocket
LINEで送る

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営。ネット、メディア、カルチャー情報を中心に各媒体にいろいろ書いています。好物はホットケーキとプリンと女性ファッション誌。

アートの新着記事一覧

PAGE TOP