Otajo -オタ女-

Today is
Dec 09 2016

記事

踊り手&イケメン総選挙ファイナリスト抜擢! 演劇青春マンガ『ひとひら』がホントに舞台に

Pocket
LINEで送る

コミック誌『コミックハイ!』(双葉社)で連載され、2007年にはテレビアニメ化もされた桐原いづみさんの『ひとひら』を、演劇団体はっぴぃはっぴぃどりーみんぐ(以下はぴどり)が舞台化。東京・中野区のWestEndStudioで2014年7月2日から6日までの間に全9公演が予定されています。

演劇研究会に強引に入会させられてしまった麻井麦の成長と、演劇研究会と演劇部の対決を軸にしたストーリーが印象的な『ひとひら』。主人公の麦役にはアイドル・女優の水越朝弓さんが起用されました。
演劇研究会代表の代表・一ノ瀬野乃役には『プリキュア』シリーズの主題歌でおなじみの工藤真由さん。はぴどりの舞台でも『大正浪漫探偵譚』『呪解伝』『WILD HALF~奇跡の確率~』『HIDEYOSHI』と出演を重ねています。また、野乃のライバルである演劇部部長・榊美麗役の葉山美侑さんもはぴどり作品の常連です。

今回注目されるのは、一般公募からのオーディションで決定された配役。美麗の支える演劇部部員・玉城春子役に『ニコニコ動画』の「踊ってみた」カテゴリーで人気を集めている踊り手の飲茶娘さん、麦のクラスメイトで同じ演劇研究会に所属させられている西田甲斐役に2014年イケメン選抜総選挙ファイナルで11万票を獲得した中村優希さんがそれぞれ抜擢されています。
演出・脚本を手がけるはぴどり代表の鈴木茉美さんによると、「話題性や奇をてらったものではなく、純粋に実技オーディションの内容、そして役にマッチしているかを優先的に考え決定いたしました」とのこと。それが真実かどうかは舞台本番で問われることになるのではないでしょうか。

青春群像劇の王道ともいえる『ひとひら』。演劇をテーマにした作品を本当に舞台化されるということで、ハードルが高いチャレンジといえそう。作品のファンとしては麦が文化祭で主役を張った時のハラハラ感に近いものを抱くことになりそうです。

舞台『ひとひら』概要

日程:2014年7月2日(水)~7月6日(日)全9公演
場所:ウエストエンドスタジオ
   東京都中野区新井5-1-1 スタジオライフ
チケット:前売4500円 当日4800円(全席自由)
演出・脚本:鈴木茉美
制作:はっぴぃはっぴぃどりーみんぐ
協力:株式会社双葉社

舞台『ひとひら』特設サイト
http://www.hitohira2014.com/

Pocket
LINEで送る

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営。ネット、メディア、カルチャー情報を中心に各媒体にいろいろ書いています。好物はホットケーキとプリンと女性ファッション誌。

アニ漫の新着記事一覧

PAGE TOP