Otajo -オタ女-

Today is
Mar 28 2017

記事

【コラム】テクノロジーとファッション [ハヤカワ五味の勝手に自由研究]

Pocket
LINEで送る

【編集部より】
高校生時代から『キリトリ線タイツ』などをデザイン・発売し、2014年には品乳向けランジェリーブランド『feast by GOMI HAYAKAWA』を発表し話題になった美大生デザイナー・ハヤカワ五味さんの連載がスタート。ご自身が、今、何を考えて、社会に対してどのような視線を向けているのか。世を揺るがすようなアイディアの源泉を垣間見ることができるかも……!? ご期待下さい!

ハヤカワ五味の勝手に自由研究

どうも、ハヤカワ五味です。

この度、『オタ女』にて連載させていただくことになりました。
きっかけというのも、私がデザインフェスタにまだ一回しか出ていなくて、タイツも少ししか販売出来ていなかった高校2年の終わりに声をかけてくださり、それ以降ずっとお世話になっている『オタ女』の某ライターさんに「ブログ書くくらいならうちで連載しない?」とお誘い頂いたからです。

そうだよなあ、連載とか、誰か〆切を提示してくれる人いないと絶対ブログみたいなもの書けないもん、、、、

ロリィタブロガー出身のハヤカワが言うなという感じですが、こうやって機会を頂いたのだから、どうせなら普段『twitter』であまり深く書かないようなファッションやそれ以外との関わりみたいなことや、日頃考えていることを少し長くお話出来ればなと思います。
なんせ、ファッション専攻でもなければ、文を書くのもあまり得意ではない私ですが、お時間のあるときにでも読んで頂ければ、と思います。

どうぞ、よろしくお願い致します。

今回のテーマ 『テクノロジーとファッション』

さて、今回は、先日Appleから『Apple watch』が発売されたことを受けて『テクノロジーとファッション』をテーマについて考えてみようと思います。

『Apple watch』!?

先日、Appleから『Apple watch』が発表されましたね。その他メーカーからも、多くのウェアラブル端末が発表され始めています。
実際、周りの友達でも最近はスマホで時間を確認するから時計をつけないという人もいますし、意外とその枠に浸透しやすいのかもしれないと思いました。
そもそも、『ipod』などに関しても、Appleの白いイヤホンをつけてるのがおしゃれ、Apple製品持っているのがかっこいい、というイメージが広まって流行りはじめたということもあり、今回はipod以上に見やすい場所についているので、一人一個持っていて当たり前、おしゃれの象徴となることはよりあり得るかなと思います。

光る靴に光るネコミミヘッドフォン!?

最近、なにかとLEDで光るアイテムが見られたり、大手ブランド(シャネルやNIKEや)も光るということを取り入れはじめていたりしていますね。
遂には原宿のWEGOでも販売を始めるようで、「あのWEGOが先陣を切っている!!!」と思ったのですが、なんだかんだ、今回も韓国オルチャンブームから輸入しているみたいですね。

※参考まとめ http://matome.naver.jp/odai/2141160851499906201 [リンク]

※参考動画
http://youtu.be/wKOvM7sBbqM [リンク]

最近だと、光るネコミミヘッドホンがマイクロファンディングサイトの『Indiegogo』にてわずか1週間のうちに必要資金25万ドル(約2670万円)の3倍を超える80万ドルの開発資金を調達し、製品化が進められていることなども話題になっています。どれも、USBなどで充電することが出来るなど、意外と実用面でもしっかりしています。

光る靴は原宿で流行るのか!?

それでは、私もよく行く(てか中高で狂ったように通った)原宿ではこれらのアイテムは果たして流行るのでしょうか。
私の周りではやったものがどんな感じで流行ったんだろうって考えてみると、、、

裏原などの一部で持っている人がでてくる→原宿系読者モデルが取り入れる(→他の読モも使い始める)→モデルのファンが揃って持ち始める→原宿系ショップが量産しだす→渋谷の店にも流れる→原宿外でも流行りだす→同じアイテムがあふれすぎて飽きてきた人たちが次を探す そして振り出しに戻る

…っていうパターンが多い気がするんですよね。
それこそ、最近、某メディアでも原宿とパクリについての記事があったけど、ほんとに原宿に行くと好きなロリィタブランドの丸パクリっぽい鞄が色々なお店で売ってたりする。しかも堂々と。数年前とは変わってしまったんだなあって思います。

上記のような流れがテンプレート化しはじめていると思うのですが、そうなると今回読モを多く抱え込むWEGOが光る靴を販売し始めたことで確実に読モのファンが履き始め、更に廉価のものを置くショップが増えて、原宿に光る靴があふれるとこまでのルートはなんとなく見えている気がするんですよね。

ではでは、この光物ブームを機に、光るもの以外のウェアラブル電気(よく分類が分からないので、電気を使うもの、端末など含め全般)が流行るか。
といったら、私的には、、、

うーーーーーーーーーんびみょい。

それこそ、多分、普段『MacBook』持っているような人たちのなかでは流行ると思うんですよ。
でも、現時点で、原宿系を始めとした若い子達の間では必要性がない、『iphone』ですべて済んでしまうし、なにより、誰も持ってないからなんかダサイという雰囲気があります。
現に、これは私個人の偏見かもしれないのですが、『iphone』はかっこいいけど、『ipad』はなんとなくダサイ。所謂オタクっぽいというか、「自慢したいだけ?」みたいな感じがしてしまうんですよ。まだ、『Apple Watch』も分厚いしそこまで「ぎゃーーーーかっこいい!!」って感じではないわけで、しかも『iphone』とかと違ってケースでアレンジとか効かせづらそう(これもダサイに繋がる)。
何より、今の女子って殆どがスマホで時間を確認しているから時計を持たない! 時計を着けている子は意外とアナログ派が多くて「いや、、、まだガラケー、、、」っていうのもあるある。そういうことを考慮すると、当面、『AppleWatch』の普及はないのかなと思います。芸能人とかが着け始めたら変わるかな。

私はちょうど時計を買おうと思っていたので、もう少し薄くなったら『AppleWatch』欲しいな。金ぴかが好きなので金ぴかがいいです。

色々な新しいものがでてきて、いくらお金があっても足りないですなあ。
でも、これ以上、日々充電すべきものが増えたらつらいっすね。
時計なのに充電切れて時間見れないとか悲しいし、一括で充電できるツールが欲しいです。

Pocket
LINEで送る

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

ハヤカワ五味

1995年生まれの18歳。東京出身、多摩美術大学グラフィックデザイン学科在学中。 高校1年生の頃からアクセサリー類の製作を始め、高校2年生の時にデザインフェスタに個人で出展。その時に販売した『キリトリ線ストッキング』が話題に。さらに2014年に立ち上げたランジェリーブランド『feast by GOMI HAYAKAWA』の告知ではツイートが計3万超を達成するなど、旋風を巻き起こしている。

カルの新着記事一覧

PAGE TOP