Otajo -オタ女-

Today is
Jun 29 2016

記事

タイ・台湾・韓国での劇場公開も! ハローキティ40周年記念映画『くるみ割り人形』Blu-ray&DVD発売日決定

Pocket
LINEで送る

2014年11月に公開され、約3ヶ月にも及ぶロングラン上映を果たしたサンリオのハローキティ40周年記念映画『くるみ割り人形』。東京国際映画祭の特別招待作品にも選出されたほか、国際3D学会日本支部が選出する「ルミエール・アワード 2014」(その年の優れた3D作品に対する賞)の「アニメーション部門【作品賞】」を受賞。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭でも「ニューウェーブアワード2015【クリエイター賞】」に、監督を務めた増田セバスチャン氏とシュヌルル王子役の藤井隆さんが選ばれるなど、高い評価を得ています。

※参考 映画『くるみ割り人形』増田セバスチャン監督インタビュー(前) 「引き受ける時に運命だと思いました」
http://otajo.jp/44615 [リンク]

海外のクリエイター、映画関係者からの関心も高かった本作。2015年4月16日からはタイの10劇場、2015年5月27日には台湾の8劇場での公開が控えており、春以降には韓国で100劇場規模での拡大公開が決定しているとのこと。アジア圏で続々と公開がされることになり、ワールドワイドでの進出が現実のものとなっています。今後は、北米・欧州圏などでの公開も期待したいところです。

原宿”kawaii”カルチャーの第一人者である増田氏が古典童話を大胆にアレンジしており、有村架純さん、松坂桃李さん、市村正親さん、広末涼子さんといった豪華なキャスト、そしてきゃりーぱみゅぱみゅさんの主題歌「おやすみ -extended mix-」も含めた一大エンターテイメントとして話題となった本作。
2015年6月17日には、Blu-rayとDVDの発売が決定。通常版に加えて、劇場公開したものと同様の「3D版」も収納した『豪華【極彩色】BDボックス』と題した特別版もラインナップされています。特典ディスクには10大スターの120分にも及ぶメイキング・インタビューやクロストークを収録。マスコミを騒然とさせた松坂さんの「瓦“割り”」や藤井さんの「すいか“割り”」イベントも入っているということなので、ファンならば見逃せないかも?

特に特別ボックスには、3D化のパイロット版、フィルム修復や極彩色化、3D化へのメイキング工程が収録されており、サンリオの歴史も合わせて込められた内容といえそう。
増田氏は「25年前の前作から今回リ・クリエイトした本作へと脈々と受け継がれて日本のクリエイティビティが世界中に広がって、次世代のクリエイターの教科書のようなものになってくれればと思います」とコメントしており、日本発のコンテンツの真髄を知る貴重な資料としても価値があるのではないでしょうか。

『豪華【極彩色】ブルーレイ・ボックス』は、特製アウタースリーブ付きで5800円。オーディオコメンタリーと特典ディスクが付いている通常版はBlu-rayが3800円でDVDが2800円となっています。
7歳の時に劇場で前作の人形映画を観て「人生を変えた」という藤井さんも「何度も励まされた作品ですので、子供さんに限らず、大人の方も、ふとした時に何度も見ていただける一枚になっていると嬉しいです」とコメント。劇場公開版の映像をさらに上回る4Kデジタルリマスター版により、極彩色のKawaiiカルチャー・ワールドがより鮮明にお茶の間で観ることができるので、映画館で観賞した人も、未読という人も楽しめるのではないでしょうか。

※価格はいずれも税抜き

『くるみ割り人形』

監督:増田セバスチャン 3D監督:三田邦彦
キャスト:
有村 架純/松坂 桃李
藤井 隆/大野 拓朗 安蘭 けい 吉田 鋼太郎 / 板野 友美(友情出演)/ 由紀 さおり(特別出演)
広末 涼子/市村 正親

テーマ曲:
きゃりーぱみゅぱみゅ 「おやすみ -extended mix-」
作詞・作曲・編曲・中田ヤスタカ(CAPSULE)ワーナーミュージック・ジャパン
制作プロダクション:キュー・テック/企画・制作・配給:アスミック•エース/製作:サンリオ

映画『くるみ割り人形』オフィシャルサイト
http://kurumiwari-movie.com/

HELLO KITTY (c)1976,2014 SANRIO CO.,LTD.TOKYO,JAPAN (c)1979,2014 SANRIO CO.,LTD.TOKYO,JAPAN

Pocket
LINEで送る

その他のおすすめな記事はこちら!

ふじいりょう 記者プロフィール

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営。ネット、メディア、カルチャー情報を中心に各媒体にいろいろ書いています。好物はホットケーキとプリンと女性ファッション誌。

カル / シネマの新着記事一覧

PAGE TOP