Otajo -オタ女-

Today is
Oct 24 2017

記事

国産野菜使用で1カップ100kcal以下! 食べてキレイになれるスイーツ「アイスボーテ」

Pocket
LINEで送る

夏のお楽しみと言えば、つめた~いアイス。食後のデザートやおやつ、お風呂上りに楽しむだけでは無く、朝からアイス! というつわものも。確かに、ヒンヤリと甘く冷たいアイスはいくらでも食べられてしまうスイーツです。

けれど、やはり気になるのがカロリーや糖分。アイスは冷たくて甘さを感じづらく、スッキリと美味しく食べられる反面、自分が思っているより大量の砂糖が含まれている事も。スイーツを美味しく楽しむ為に、よりヘルシーな物を選びたいですね。

「健康と美のために、安心して食べられるアイスクリーム」をコンセプトに、6月に誕生したのが「ice beaute」(以下、アイスボーテ)。野菜を原料に、野菜の持つ自然な甘みを最大限に生かしたヘルシーアイスです。

アイスボーテのフレーバーは、かぼちゃ、トマト、にんじん、とうもろこし、ほうれん草の5種類。国産野菜にこだわり、砂糖不使用で、何と1カップ100kcal以下!

パッケージも女性が惹かれる、大人可愛いデザイン。

野菜スイーツの代表格とも言える、かぼちゃ。濃厚な風味で満足感があります。コーヒーや紅茶と共に味わえば、ゆったりとした時間が味わえそう。

最近ゼリーやムースなど、野菜スイーツにひっぱりだこのトマト。着色料不使用の、淡いピンクに、酸味が爽やかな夏にピッタリのアイス。お風呂上りに味わいたい一品。

目が覚める様な鮮やかな色が魅力的なにんじん。みなさんが飲んだ事があるにんじんジュースよりもずっとアッサリしていて、独特のくせもありません。

淡い黄色が可愛らしいとうもろこし。優しい甘みながらクリーミーで、十分満足感があり、小さなお子様も喜びそう。

見た目はちょっとドッキリなグリーン。ほうれん草は、抹茶アイスの様な味わいで、くせも無く後味は爽やか。筆者が個人的に一番美味しかったのがこのほうれん草です。

素材選びに1年の時を費やしたというこだわりがつまった、食べてキレイになれる「アイスボーテ」。一般のバニラやチョコアイスクリームの様な飛び上がる様な甘さが無い分、後味がスッキリとしていて、「アイスを食べた後に喉がすごく渇く」といった事も無し。

女性だけでは無く、ダイエット中のスイーツ男子や、お子様、ご年配の方にもオススメです。

「アイスボーテ」は、5種類のアイスが入ったギフトボックスが2,625円(税込み)にて公式サイトで販売中。大切な方への贈り物の候補にもいかが?

Ice Beaute VEGETABLE NATURAL ICECREAM アイスボーテ
http://icebeaute.com/

Pocket
LINEで送る

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

藤本エリ

日常系アニメと、黒髪・細身キャラクターをこよなく愛するライター。一番応援している声優は小野大輔さん。

フード・レシピの新着記事一覧

PAGE TOP