Otajo -オタ女-

Today is
Oct 22 2017

記事

犬山紙子さん&峰なゆかさんインタビュー「“邪道モテ”を実践すれば彼氏なんてすぐ出来ます!」

Pocket
LINEで送る

巻き髪白ワンピ清楚系、という“王道モテ”に対する、世間ではモテないとされているサブカル系なのに何故かモテモテという“邪道モテ”。『負け美女』著書の犬山紙子さんと、『アラサーちゃん』著書の峰なゆかさんの対談本『邪道モテ』が、「あるある過ぎてヤバイ!」と女性の共感を呼んでいます。

9日には東京・阿佐ヶ谷ロフトプラスワンにて版記念イベント 「草食・サブカル・文系男子をオトす!」を開催。ゲストの雨宮まみさん、黒田勇樹さん、少年アヤちゃんと共にトークを行いました。

会場の定員を超える100人以上の観客が集まった会場では、濃すぎるメンツによる“モテ”議論に終始大盛り上がり。様々な格言・名言が誕生しました。

【関連記事】濃すぎるメンツが繰り広げる“モテ”論に大盛り上がり! 『邪道モテ!』出版記念イベントレポート
http://getnews.jp/archives/231918

イベント終了後、犬山さんと峰さんにイベントの感想や“邪道モテ”についてインタビュー。本のオススメポイントなどを教えていただきました。

――まずは、イベントお疲れ様でした。無事終了しましたが、今日このイベントを開催してみていかがでしたか?

犬山紙子さん(以下、犬山):みんなそれぞれの“邪道モテ”を持っていて、特に黒田さんの男側の“邪道モテ”を聞けたのが一番面白かったです。

峰なゆかさん(以下、峰):まずゲストの選び方が邪道だったよね。黒田さんがゲストで来てくれる事が一番最初に決まって、その濃さに負けない人選を(笑)。それで全員濃くなっちゃったんだよね!

――100人以上のお客さんが集まって大盛況だったのですが、女性がほとんどで皆さんうなずいて笑って盛り上がっていましたね。

峰:本当に嬉しいです。お客さんの顔面偏差値高かった!

犬山:あと“邪道モテ”ファッションをしてきている方も多かったですね。本の中で紹介している、「これが邪道モテの最終解だ!」で図解している襟ぐりの開いている服から肌見せをするという邪道絶対領域!

――本には「“邪道モテ女子がおさえるべきポイント”まとめ」(映画はミニシアター系、B級をおさえろ、マンガなら浅野いにお、松本大洋など)にもありましたが、オープニングの音楽から「相対性理論」でしたね。

:阿佐ヶ谷ロフトのスタッフさんが気を利かしてかけてくださって良かったです。

犬山:流れていたのは「テレ東」という曲だったんですが、本当は「地獄先生」推しなんです(笑)。その方がカワイイ。

――イベントの中で、「女子アナ系」「サブカル系」などに分けられたキャラクターの中で「どのタイプが嫌いか?」という話が盛り上がっていましたね。

:私は「男文化タイプ」が嫌いだと言いましたが、本当にトラウマになっているほど、男前な人たちって私の事が嫌いで攻撃してくるんですよ。

犬山:私はメンヘラタイプで浴衣着ている女ですね。一度酷い目にあわされたタイプの事は一生苦手なままなんですよね。

:犬山さんは男前なタイプだけど、大丈夫(笑)。

犬山:ああ、確かに私はゲーム大好きだし「ガジェット通信」だし(犬山さんにはイラストエッセイを寄稿いただいてます)、男前だね。

――会場自体の一体感もそうですし、終了後のサイン会でお客さんと直接コミュニケーションをとってみていかがですか?

:みんなに「面白かったです!」キャッキャって言ってもらえて本当に嬉しかった。

犬山:一人「まだ処女なんですが、この本を読んで彼氏が出来る様に頑張ります!」って言ってくれた子がいました。

:わ~、素敵だね!

――カップルで来ている方も多かったですね。

:やっぱり“邪道モテ”を実践出来るテクニックがあれば彼氏なんてすぐ出来るんですよ!

犬山:あれ……私は? 私語っている人なのに彼氏いないんだけど、それはさておきだよね……。

――これから『邪道モテ』を読む方もいると思うのですが、特にどんな方にオススメしたいですか?

犬山:“邪道モテ”は年齢に関係無く実践出来るテクニックなので、大人の女性にはもちろんだし、男性が読んでも面白いと思います。あとは“王道モテ”の人が「こういう風に思われてたんだ~」って知るのも面白いかも。

:私が個人的に一番読んで欲しいのは、知らないうちに“邪道モテ”を実践している人が、「あ、自分がやっていたのはこれだったのか」って気付いてスキルをアップしていって欲しいですね。「モテ文化」をどんどん洗練させていきたいというか、ダサいモテ技をなくしたいというか。「これがモテるらしい!」ってなったら皆がそれをやるんじゃなくて、どんどん高度に競い合って磨いていって欲しいですね。

――どうもありがとうございました!

筆者も3回読み返し、編集部の女性スタッフにも大好評の『邪道モテ』。これ、本当に一度手にとって読んでいただいて、皆さんと感想を語り合いたいくらいです。ちなみに筆者が苦手なタイプは「自虐モテタイプ」と「モテ否定タイプ」。やっぱり過去にそういう人に会った経験が苦手意識を生んでいるんだろうなぁ。

邪道モテ! オンナの王道をゆけない女子のための新・モテ論
http://tkj.jp/book/?cd=01718901

犬山紙子さん
ブログ:http://corokkecorokke.at.webry.info/
Twitter:https://twitter.com/inuningen

峰なゆかさん
ブログ:http://d.hatena.ne.jp/minenayuka/
Twitter:https://twitter.com/minenayuka/

Pocket
LINEで送る

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

藤本エリ

日常系アニメと、黒髪・細身キャラクターをこよなく愛するライター。一番応援している声優は小野大輔さん。

の新着記事一覧

PAGE TOP