Otajo -オタ女-

Today is
Jul 01 2016

記事

地中海の日差しが生んだ「ブラックキリム」とは?

Pocket
LINEで送る

black-kilim-rogoba_001

キリム専門店ロゴバが優れた織り手と独自開発



2016年1月9日(土)から1月31日(日)まで、東京・千代田区の「ロゴバ東京店」にて「キリムの素晴らしい世界 自然が彩る“ブラックキリム” 展」が開催されています。

ロゴバは、約25年にわたり日本に「キリム」を紹介し続けてきた専門店。キリムは中近東の遊牧民に伝わる伝統的な毛織物で、草木染めの素朴な色彩とパイルのない表面の質感が特徴です。

ロゴバではトルコの優れた織り手たちとの共同で「ロゴバキリム」「透かしキリム」など伝統技術を踏まえたオリジナル商品の開発を行っていますが、本展では新たに「ブラックキリム」がお披露目されます。

ブラックキリムは丁寧に手紡ぎされたウールを様々な草木で染め重ねて黒色にし、通常は白い糸を使う縦糸も黒く染めているそう。織り上がった当初は真っ黒なキリムですが、それを夏の地中海の強い日差しに3カ月間当てることで浮かび上がる、奥深い色ムラ(アブラッシュ)がこれまでのキリムにはない魅力となっています。

長い歴史の中で築き上げられてきたキリムの技法を現代キリムに取り入れた新製品。1月23日(土)には、ロゴバ代表の西川純一氏によるキリムセミナーも開催される予定です。古くて新しい、ブラックキリムの魅力をぜひ店頭でお確かめください。



black-kilim-rogoba_002

キリムをブラックのワントーンでまとめることでモダンな雰囲気に。

black-kilim-rogoba_003 写真左:縦糸が白の通常のキリム。

写真右:縦糸も黒く染めたブラックキリム。



black-kilim-rogoba_004写真左:織りあがった時点ではのっぺりとした黒

写真右:真夏の地中海で3カ月間、太陽に晒すことで複雑な色合いが浮かび上がります。シックなインテリアにもぴったり。

キリムの素晴らしい世界 自然が彩る“ブラックキリム” 展

会期:2016年1月9日(土)~1月31日(日) 10:00~19:00 ※火曜定休

会場:ロゴバ東京店

イベント:

▽ロゴバ代表・西川純一氏セミナー

キリム研究家で一級建築士でもある西川氏がブラックキリムを詳しく解説

日時:2016年1月23日(土) 14:00~16:00

定員:30名(参加費無料)

申込:tokyo@rogoba.co.jp

※参加者名、住所、電話番号を記載の上お申し込みください

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:Tadasuke Shiomi

TABROOM NEWS
Pocket
LINEで送る

その他のおすすめな記事はこちら!

TABROOM NEWS 記者プロフィール

TABROOM NEWS

国内最大級家具サイト『TABROOM』が運営する、インテリア専門ニュースメディアです。

カル / ライフスタイルの新着記事一覧

PAGE TOP