Otajo -オタ女-

Today is
Nov 19 2017

記事

「私より高い化粧品を使っている」女性がどんびきする“美意識高すぎ君”エピソード

Pocket
LINEで送る

今や男性も当たり前の様なスキンケアする時代。美容専門誌『美ST』編集部発信の、男性向け美容雑誌『MEN’S 美ST』が出版されたり、パナソニックの人気美容家電の男性版「頭皮エステ 皮脂洗浄タイプ」が販売されるなど、今や市場も拡大中。

皆さんの彼氏やダンナさん、お父さんの中にも美容熱心な人がいるかもしれません。清潔感のある男性はいつの時代も女性の高感度も高いもの。特にこの暑い季節、身だしなみに気を遣う男性が増えることは嬉しい限りですよね。

しかし、何事もほどほどが肝心。行き過ぎた男性の“美意識”は時に女性にドン引きされることも……。今回は、そんな「女性がドン引きした美意識高すぎ君」のエピソードをご紹介。

■うわっ、私の美意識低すぎ……? 「自分より彼氏の方がコスメに詳しい」

最もよく聞かれたのが「自分より彼氏(ダンナ)の方がコスメに詳しい」という話。職業柄詳しいのは仕方ありませんが、「仕事と全く関係無いのにNYの最新コスメ事情について語られた。“ガガ愛用”とか“マドンナ御用達”とかにかなり詳しい」というエピソードには驚き。

また、美容に限らず男性の方が物事に一度ハマると強いこだわりを持つもの。「彼氏が使っている化粧品の方が高い」「私の化粧水はドラックストア、彼は高級インポート品を“ライン使い”」という女性もいました。お泊りの時に思わず拝借しちゃいそう。

■まるでしずかちゃん? お風呂大好き男子

女性はお風呂好き、男性はお風呂嫌い(出典『ドラえもん』)というのも今は昔。今では、お風呂をゆっくり楽しむ男性も多い様。「夏は暑いし、毎日シャワーだけで済ませていたら、彼氏に“それじゃあ老廃物が流れない”」と指摘された。「彼氏の誕生日にグラスと入浴剤をあげたら、入浴剤の方が喜ばれた」というエピソードも。でも、お風呂の場合、嫌いで入らないよりはずっと良いですよね。

■女性的には「化粧水はOK、パックはう~ん……」な境界線

とはいえ、紫外線など男性も女性と同じく肌ストレスにさらされている時代、「お手入れをしてキレイなら良いのでは?」という女性の意見も。あくまで、家で美容で勤しんでいる分には何の問題も無く、知識をペラペラと披露したり、電車であぶら取り紙、部屋に遊びに行ったらパック中だった! など目につかなければ、という肯定派も多かったです。

中には「今でも“コンディショナー”と言わずに“リンス”って言ってるくらいがかわいいw」「全身石鹸で洗う。これくらいが良い!」と武士の様な男を推奨するコメントも。皆さんは美容に勤しむ男性ってどうですか?

※画像は「花王 メンズビオレ」より引用。
http://www.kao.co.jp/biore/mens/

Pocket
LINEで送る

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

藤本エリ

日常系アニメと、黒髪・細身キャラクターをこよなく愛するライター。一番応援している声優は小野大輔さん。

/ の新着記事一覧

PAGE TOP