Otajo -オタ女-

Today is
Jun 28 2016

記事

当時少年を演じた浪川大輔が“28年”の時を経てパパの声を担当! 『バンデットQ』BDBOX

Pocket
LINEで送る


鬼才テリー・ギリアム監督の傑作SFファンタジー・アドベン チャー映画『バンデットQ 製作35周年・最高画質盤Blu-ray BOX』が3月16日に発売。TV放送吹替完全版が収録される事にちなみ、1988年「日曜洋画劇場」で放送された当時、主人公の少年ケヴィンの声を演じた人気声優の浪川大輔さん(当時12歳)が、28年の時を経て、ケヴィンのパパの声を担当します。


このような追加収録では、TV放送当時と同じ役を担当することが通例で、別の役を演じることは異例中の異例。制作サイドたっての依頼で実現し、パパ役を見事演じると同時に、作品中で28年前の自分と共演することに。

さらに、魔王役の羽佐間道夫さん、ランドール役の野島昭生さん、TV司会者役の小島敏彦さんは、当時のTV吹替に引き続き同じ役で参加。28年の時間を感じさせない、当時とほとんど変わらない声でスタッフを驚かせたそう。また、故人となった声優の方々は、代役の声優が声を限りなく似せ、都合により参加できなかった声優の代役も、違和感ないほどに似た声で演じているとのことです。

浪川さんは今回の企画について「本当にありがたい事です。 そして、ビックリでもあり嬉しくもあります。 28年前の自分の声を聞いても自分ではないようです。 長くやっていて、本当によかったとしみじみ実感できました」とコメント。

『君に届け』の風早翔太役や、『ルパン三世』シリーズの石川五ェ門役など、数々のアニメ・ゲームで活躍している浪川さんですが、子役時代から『E.T.』『ネバー・エンディング・ストーリ』等、数々の吹替えを担当。浪川さんの子供時代の声を堪能したい方も『バンデットQ 製作35周年・最高画質盤Blu-ray BOX』は要チェック。


『バンデットQ 製作35周年・ 最高画質盤Blu-ray BOX 』 2016年3月16日発売
価格: ¥7,800+税 (KIXF-90354~90355)
発売・販売元:キングレコード
企画協力:フィールドワークス

(C)Handmade Film Partnership 1981

Pocket
LINEで送る

その他のおすすめな記事はこちら!

藤本エリ 記者プロフィール

藤本エリ

日常系アニメと、黒髪・細身キャラクターをこよなく愛するライター。一番応援している声優は小野大輔さん。

の新着記事一覧

PAGE TOP