Otajo -オタ女-

Today is
Jul 21 2017

記事

嵐・大野が史上最強の忍者に! 映画『忍びの国』で中村義洋監督と再タッグ

Pocket
LINEで送る


2017年公開映画『忍びの国』の主演に嵐・大野智さんが決定! 原作・脚本は明瞭で痛快にテンポよく進むストーリーで、全く新しい歴史小説の到来を宣言した快作『のぼうの城』で脚光を浴び、『村上海賊の娘』など常にその圧倒的なスケールで読者を戦国の世界へ誘う作品を発表し続ける和田竜先生の同名小説『忍びの国』。

演出を手掛けるのは、『映画 怪物くん』、『チーム・バチスタ』シリーズ、『予告犯』、『殿、利息でござる!』など次々とヒットを飛ばし続ける中村義洋監督。

大野さん演じる主人公・無門(むもん)は、普段は“金の亡者”で“無類の怠け者”だけれど、“史上最強”の忍び! 決してカッコイイだけのヒーローではなく、どこか常人よりもヌケているが、いざとなったら超人的な力を発揮する振り幅の広いキャラクターです。

また、天正伊賀の乱を題材に織田軍と伊賀忍びとの合戦をダイナックに描く今作では、その切れ味鋭いダンスでも証明されている高い身体能力を駆使して本格的なアクションにも挑戦しているとのこと。

今回、時代劇映画初主演となる大野さんですが、過去に『センゴクプー』をはじめ、『バクマツバンプー~幕末蛮風~』から『アマツカゼ-天つ風-』までのきだつよしさんが手掛けた舞台“プーシリーズ”で華麗な殺陣を披露しています。あのふわりと軽い身のこなしの大野さんの姿を今度は映画で見ることができると思うと、期待が高まりますね!

【大野智/無門(むもん)コメント】
大野智です。
この度、映画では初の時代劇『忍びの国』で主演させて頂くことになりました。
史上最強と呼ばれるほどの忍者の役なので、アクションや格闘のシーンがたくさん出てきますが、久しぶりにご一緒する中村監督の描く世界観に応えられるよう、精一杯頑張りたいと思います!

今演じている社長役から、次は忍者役へ、役柄は全く違いますが、新しい自分を出せるようチャレンジしてみます!


【中村義洋監督 コメント】

(主人公と大野くんは)予想外、規格外なところ、何を考えているのかわからない面白さが、似ていると思います。大野くんの、役に入ったときの得体の知れなさみたいなものをすごく感じていて、ぴったりなんじゃないかと思います。勝手に期待しているところがあって、ただでさえ面白いのに、僕やスタッフが想像できないところまでいってくれるんじゃないかという気がします。

(原作の魅力は)自由さ。今までのどの忍者の世界とも違う、新しい世界であり、自由な感じでありながら、本当はきっとこうだったんだろうな、と思えるところが、(この原作の)一番の魅力だと思います。

(合戦のシーンは)見たことのないものになると思います。今までと全然違うと思います。(アクションは)吹き替えはあまり考えていません。忍術とは本当はどんなだったんだろうな、というのをやる。妖術にはしません。

伊賀の国は実際記録が残っていて、半分は百姓などをしながら諜報活動をしている。その伊賀が攻められたらどうなるか。頭脳戦が繰り広げられる、みたいな面白さがある。スパイなんです。逃げたり隠れたりというのに長けた忍びたちが、自分たちの国を攻められたらどうするか? というお話です。

【原作・脚本 和田竜先生 コメント】
脚本を書き始めて足かけ11年。中村監督のようなすごく優秀な監督と、大野さんのような大スターが出てくれるというのは、すごくありがたいなと感じています。大野さんはお会いしたことはないのですが、聞くところによると変わり者のような人らしく、原作の主人公も変わり者なので、そこのところをうまくやってくださるんじゃないかと思っています。

忍者VS侍。誰も見たことがない戦国エンターテインメント超大作が誕生します! ちなみに、現在公開中の中村監督作品『殿、利息でござる!』も笑って泣けるエンターテイメント作品となっているので、オススメです。

『忍びの国』【物語】

時は戦国。

織田信長は諸国を次々と滅ぼし、天下統一に向けひた走っていた。
しかし、ただ一国だけ手出しすることを禁じた国があった。あの魔王・信長が最も恐れたども。伊賀・忍び軍団――。

彼らは己の超人的能力を駆使し、戦場では金のためだけに人を殺める戦闘兵器。人を人とも思わぬ人でなし。

そんな忍びの一人、無門は伊賀一の腕を誇るも無類の怠け者。女房のお国に嫁ぎのなさを詰め寄られる日々を過ごしていた。

天正七年九月、信長の次男・織田信雄は、父の命に背き、伊賀に攻め込む決意をした。

かつての主君を裏切り信雄の家臣になった、無門に弟を殺され伊賀への復讐を誓う忍びの下山平兵衛。

様々な人間たちの思惑が入り乱れ、知略謀略が張り巡らされた末、織田軍と伊賀忍び軍団は、壮絶な大合戦に突き進んでいく……。

<史実「天正伊賀の乱(第1次)」>
天正七年(1579年)、信長の次男・織田信雄は父に相談もせず独断で8,000の兵を率いて伊賀国に3方から侵攻したが、伊賀衆は各地で抗戦し信雄軍を伊勢国に敗走させた。伊賀衆の夜襲や松明を用いた撹乱作戦や地形を活かした奇襲などで、2~3日で信雄軍は2,000以上もの兵を討たれ 、信雄は伊勢へ逃げ帰った。

<製作概要>
公開:2017年夏
主演:大野智
監督:中村義洋
原作・脚本:和田竜『忍びの国』(新潮文庫刊)

撮影場所:関東圏
製作:映画『忍びの国』製作委員会

映画公式サイト:
http://www.shinobinokuni.jp/

(C)2017 映画『忍びの国』製作委員会 (C)2008 和田竜/新潮社

Pocket
LINEで送る

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / シネマの新着記事一覧

PAGE TOP