Otajo -オタ女-

Today is
May 30 2017

記事

強がりじゃない? 1人でも楽しい「ソロ充」メシ3選!

Pocket
LINEで送る

こんにちは、メシ通編集部です。

誰かと過ごすことだけがリア充ではない。孤独ながらもコツコツと何かに取り組み、充実した休日を過ごす「ソロ充」活動で「あえて手間のかかることをわざわざ1人でやってみる充実感」を手に入れよう!

ということで、『メシ通』にこれまで投稿された記事から選りすぐりの3つをご紹介します。

まずは「生すじこほぐし」なる聞いたことのない「ソロ充」に、ぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

【超簡単】自家製イクラ大量生産のための「生すじこほぐし」ベストアイテム実証実験

通常、イクラ醤油漬は100gあたり900円から1,000円の末端価格、いや小売価格で取引されているのですが、この時期に出回る鮭の卵つまり生筋子(なますじこ)は100gあたり約500円という価格

おおむね半額です。

生すじこからイクラ醤油漬を生成する方法は、いたってシンプル。

①生すじこをバラす

②3%くらいの食塩を溶かしたぬるま湯で洗う(ほぼ海水と同じ塩分濃度)

③漬けだれに小一時間つけて完成(できればひと晩は漬けたい)

しかし、①の「生すじこをバラす」が最も苦労するポイント。

いくらを潰さずにすじこをバラす方法を筆者が調べたところ、

鮭が捕れる地方の人たちは「ラケット」を使っているらしいじゃないですか。

……ということで、このあとラケットでの「すじこほぐし」にトライするのですが、この記事では「果たしてラケットが最強なのか!?」という疑問を元に、「餅焼き網」「泡立器」を使ってバラしていきます。果たして結果は……

お次の記事は、ソーセージを手づくりしてみる、という地味に手間のかかるもの。

達人直伝! 初心者でも簡単な自家製ソーセージの作り方、完全マニュアル!

羊の腸に肉詰めしたあと、ボイルせずに生のものをそのまま焼いて食べるソーセージ

を作っていきます。

材料はこちら。

食材を用意し、黙々と作っていきます。

ニュルニュル……。これ、ちょっとやってみたくなりませんか!?

レシピや注意点、用意するものなどの詳細はこちらから。

最後の記事は、

手軽な山形の「だし」の作り方。だいたいでいい。だいたいでなくてもいい。

ええ、出来合いのものを買ってきた方が早いのは分かってます、はい。でも山形のだしをイチからサッと作れるって、なんかかっこいいじゃないですか。

ということでレッツトライ!!

材料はこんな感じ。

ひたすら、刻む、刻む、刻む……これでほぼ完成です。

材料の詳細や味付けはこちらの記事で。

作り方を覚えたら、次は友人・恋人・伴侶にお披露目してリア充デビューはいかがでしょう?

ほかにもまだある「ソロ充」メシの数々。またまとめたいと思います。

書いた人:「メシ通」編集部

食を楽しみたい人のためのWebマガジン「メシ通」編集部です。

Twitter:@mesitsu

メシ通
Pocket
LINEで送る

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

メシ通

『メシ通』は、話題のレシピの検証や新発売商品の食レポなど、“食”にまつわるあらゆる情報を、“食”を楽しみたい人へお届けるウェブマガジンです。

カル / フード・レシピの新着記事一覧

PAGE TOP