Otajo -オタ女-

Today is
Oct 23 2017

記事

【写真&動画たっぷり】マッツ・ミケルセン「映画の吹替えは芸術の一つで過小評価されている」

Pocket
LINEで送る


ベネディクト・カンバーバッチ主演、マーベル・スタジオ最新作『ドクター・ストレンジ』がいよいよ日本公開! 1月27日には初日舞台挨拶が行われ、闇の魔術師カエシリウス役のマッツ・ミケルセン、日本語吹替えを担当した女優の樋口可南子さん、声優の井上和彦さんが登壇しました。

『ドクター・ストレンジ』ストーリー
上から目線の天才外科医ドクター・ストレンジ。突然の交通事故で神の手を失った彼を甦らせたのは──魔術。厳しい修行により人智を超えた力を手に入れ魔術師となった彼は、“闇の魔術”の存在を知り、世界を滅亡から救う戦いに巻き込まれていく。だが、たとえ敵であっても、医者である彼に命を奪うことができるのか?大いなる葛藤を抱えたまま、
いまドクター・ストレンジの本当の戦いが始まる!


テレビドラマ『ハンニバル』のレクター博士役や、『007カジノ・ロワイヤル』での印象的な悪役、昨年末公開されヒットを記録している『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のゲイレン役など、次々と大作に起用され、日本でもファンを増やし続けているマッツ・ミケルセン。

この舞台挨拶付きの鑑賞チケットは即ソールドアウトのプラチナチケットとなり、“マッツ・ミレマセン”((C)Twitterの皆様)状態になった女子が大量に……。この記事ではそんな皆様の為に少しでもマッツを味わっていただきたく、写真と動画をたっぷりお届けします。


また、女優の樋口可南子さんと声優の井上和彦さんはこの日のサプライズゲストとして登壇したのですが、井上さんの登場に会場からは悲鳴にも似た声援が! 井上さんは『ハンニバル』等、多くのマッツ・ミケルセンの日本語吹替を担当しているだけあって、デンマーク&日本のセクシーなおじさまの共演に皆さん目を輝かせていました。


【動画】声優・井上和彦がマッツ・ミケルセンと対面! 『ドクター・ストレンジ』舞台挨拶
https://www.youtube.com/watch?v=n_9JrsFzOgs [リンク]


【マッツ・ミケルセンQ&A コメント】
コンニチハ!こんなにたくさんの皆さんに来ていただいてうれしいです!10歳の頃の僕の夢はマーベルコミックを読むことと、
ブルース・リーになることでした。今作で監督のスコットから、「マーベル映画でフライイングカンフーの映画に出ないか?」と言われて子供の頃からの夢が叶った気持ちでした!私が演じたカエシリウスは世の中をよくしたい!と考えているキャラクターですが、その手段に問題があるキャラクターです。日本では、伝統的な屋形船に乗ったり、お寺で住職さんとお話したり、ゲームクリエイターの小島秀夫さんのアニメスタジオに遊びに行ったりしました。もちろん仕事も1時間くらいしましたよ(笑)。

(大作映画の出演が続くことに触れ)マーベルとスターウォーズという、役者になるとも思ってなかった頃から親しんでいた作品に、出演出来て、とても感謝しています。デス・スターを作ったことに関しては罪悪感がありますが(笑)。


Q1:どうしてそんなにカッコイイんですか?世界中を魅了するつもりですか?
マッツ:僕の魅力の秘訣は刺身とみそ汁です。(笑)なので日本の皆さんと変わりはないと思いますよ。

Q2:(感動のあまり泣きながら質問)目元のメイクが印象的でしたが、どう思いましたか?
マッツ:毎回3時間かかるのか、と思いましたが、目を閉じている間瞑想が出来たのでちょうど良かったです。

Q3:常にジャージを着ていてジャージといえばマッツさんというくらい、ジャージが似合うマッツさんですが、着こなしのコツは何ですか?
マッツ:ただ着るだけじゃダメなんです(笑)。来てきちんとワークアウトをすることです。

(樋口さん、井上さんに会った感想を聞かれ)エンシェント・ワンはその名の通り年を取っているキャラクターなのですが、とても美しくて全然年齢を感じませんのでエンシェント・ワンにピッタリですね。自分もデンマークで吹き替えに挑戦したことがあるのですが、とても難しくて素晴らしい芸術のひとつですが、過小評価されていると思います。こんな美しく、ハンサムで素敵な2人に吹き替えていただいて本当に嬉しいです。ぜひとも映画『ドクター・ストレンジ』を楽しんでください!


【樋口可南子さんコメント】
初日に来ていただいてありがとうございます。みなさんと同じくマッツさんにお会いしたくて来ちゃいました!
マーベルファンはこんなに女性が多かったのかと驚いております!女性から見てもかっこいい、エンシェント・ワン役に一目ぼれして引き受けさせていただきました。この年で吹き替えに初挑戦して、こんなにも難しいのか!と実感しました。(実際に会ったマッツの印象は?)劇中では怖いメイクをして、ギラギラしたかっこいい敵役を演じていたのでギラギラしているのかしら?と思っていたのですが、実際にあったら本当に優しくて……! しかも、ナチュラルで、とても話しやすく、このギャップに、ますますファンになっちゃいました! 皆さんには、是非吹き替え版も見ていただきたいと思っております。

【井上和彦さんコメント】
やっとマッツさんに会えました!ずっとお会いできなかったので、「私“待ッツ”わ」という心境でした(笑)。カエシリウスは身のこなしがかっこいいので、あえてアクションシーンは声を出さずに演じてみました。マッツさんは近寄りがたい印象でしたが、実際にお会いすると親しみやすいお兄さんのようでした。そんなマッツさんが演じているのに、こんなに怖い悪役になるのか、と改めて凄さを感じました。是非、今作を字幕版、吹き替え版と見比べて頂ければ嬉しいです。
(編集部注:この井上さんの「私“待ッツ”わ」発言、通訳さんはきちんとマッツに訳したそう。マッツに耳に井上さんのギャグが届いたんですよ、皆さん!)


『ドクター・ストレンジ』全国公開中
http://marvel.disney.co.jp/movie/dr-strange.html
(C)2017Marvel

【動画】『ドクター・ストレンジ』マッツ・ミケルセン 舞台挨拶
https://www.youtube.com/watch?v=8w-q8eCQNJs [リンク]

【動画】質問に答えるマッツ
https://www.youtube.com/watch?v=YBZCaIRzAmU [リンク]

【動画】質問に答えるマッツ2
https://www.youtube.com/watch?v=JP-ruf0G3cQ [リンク]

【動画】記念撮影タイム&みんなでセルフィー
https://www.youtube.com/watch?v=OuL7_nWJRNo [リンク]

Pocket
LINEで送る

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

藤本エリ

日常系アニメと、黒髪・細身キャラクターをこよなく愛するライター。一番応援している声優は小野大輔さん。

カルの新着記事一覧

PAGE TOP