Otajo -オタ女-

Today is
Jul 23 2017

記事

『キンプリ』新作舞台挨拶 オバレキャスト3人が初登壇!「アフレコのシーンは各キャラの気持ちを汲んで」

Pocket
LINEで送る


ロングランヒットとなった『キンプリ』の劇場版新作『KING OF PRISM -PRIDE the HERO』が早くも公開6週目に突入。大ヒットを記念して、TVシリーズから登場しているメインキャラクター、Over The Rainbowを演じてきた前野智昭さん、柿原徹也さん、増田俊樹さんが舞台挨拶に登場! なんと、オバレの3人が舞台挨拶に登場するのは、今回が初めて!! 3人が『キンプリ』関連のイベントに集合するのも約10か月ぶりなんです。

冒頭の挨拶では、前野さんが「正直に答えてね! 『pride』の作詞作曲は?」と呼びかけ、「コウジ~」と観客が返した後の「そういうこと♪」に大きな歓声があがります!

増田さんも、「フリーダーム!!」の掛け声で盛り上げ、挨拶。

また、10回以上は当たり前、「30回以上観ている」というプリズムエリートのみんなを前にし、柿原さんが「30回!?」と驚きの声をあげる場面も。

杉田智和が言っていたのは嘘じゃなかった!?


柿原:単純に嬉しいですよね。TVシリーズからやってきて、劇場版も作らせていただて、メインで演じさせていただけるというのはすごくうれしいですね。

増田:それこそ社会的にもいろいろな番組に取り上げられるくらい、大きな作品になりましたし、僕達がこうやって感謝を伝えられるっていうのは本当に貴重な場を設けてもらって嬉しいです。

前野:ありがたいですよね。


――ご自身でこの盛り上がりを肌で感じられることはありますか?

柿原:アフレコ現場で会うスタッフさんたちからも「行きましたよ~!!」って話をすごく聞きます。めちゃくちゃ人気ありますね。

増田:じゃあ杉田さんが言ってるのは嘘じゃないってことだ? 「キンプリはいいぞ」ってのは嘘じゃなかったんだ。

柿原:杉田さんは嘘つかないから(笑)。

前野:KinKi Kidsさんが番組(フジテレビ『KinKi Kidsのブンブブーン』)で取り上げてくださっていて、それが新鮮でしたね。芸能人の方にも観ていただいているってことで嬉しいですね。

柿原:
映画館でこんなにみんなで一体になれるっていうのは斬新ですよね。

前野:
まさに新しいジャンルを創り上げた作品だなと思います。

増田「公式試合で4連続が飛べることがすごい」

前野:ヒロのプリズムジャンプとかも、「これよくわからないんで、どういう風にやったらよろしいでしょうか?」って監督に聞きに言ったんですけど、「感じたままにやっていただくのが正解なんで」って言っていただいて、本当に直感のままやらせてもらいました。でも、この作品ってそういうことなんだと思うんですよね。考えてしまったら、なんでそうなるんだってシーンがいっぱいあるんですけど、それを超越してみなさんに楽しんでいただける作品になっているので。どういう演出になるのかわからないけど、とりあえずやってやるぜー!ってやりきった感はありましたね。「朕はプリズムショーなりっ!」ってね(笑)。

増田:ああいうところも本当に良かったですよね。TVシリーズからやっていると、公式試合で男子があの連続回数を飛べることが稀なので、それを知っている僕らからすると、あのシーンは台本だけで「ああ、やっぱりすごいな」って思いました。

前野:そうだよね。TVシリーズは2連続、3連続がすごいって時代だったからね。

増田:だから、公式試合で4連続が飛べるってことがすごいことですよね。

柿原:
コウジとしては、今回は割りと今まで見たことなかったようなヒロに対する想いや表情も熱くて。コウジにもこういう一面があるんだってことをみなさんにお見せできたらなと思いながらやりましたね。


――注目すると面白いポイントは?

増田:ファンの中に羽が生えたお客さんが1人いて、びっくりしちゃったなー、と思って。なんかそんな感じの人がいたなーって。そうやっていろんな要素を散りばめている作品なので、みなさん、20回、30回観ていると思いますけど、40回、50回目指して頑張ってください。

観客:はーい!

前野:みんな良い子だね。

前野「3人でオバレVer.の『pride』をやりたい」


前野:『レインボーライブ』の時にコウジが口ずさんでいたあの曲を、まさかヒロがこんな精神状態で歌唱させていただくことになるとは、当時思ってもいなかったんですよ。『レインボーライブ』の時に、コウジに「歌ってみろよ」みたいなこと言って歌おうとして「もういい!!」って止めたんですけど(笑)、それを僕があんな状態で歌わせてもらうことになるとは思っていなかったので、すごく縁があるんだなと思いましたね。

レコーディングのときも「仮歌をご用意したんで聴いて覚えてください」って渡されたのが柿原くんの歌で。これ仮歌っていうか出来上がっている歌じゃねぇかって(笑)。

増田:柿歌?

柿原:柿歌じゃねぇよ(笑)。


――ヒロの代表曲『pride』は、今回再レコーディングされたんですよね。

前野:やっぱり難しかったですね。もう完成されたヒロなので、爽やかに歌ってみたら、「もうちょっとねちっこくしましょう」となって。当時も、「もっとねちっこく! ねちっこくしましょう」という演出をしていただいたんですけど、今回も一周まわって、ねちっこい感じの方が『pride』って曲は映えるのかもしれませんね、となって。そう考えると、『レインボーライブ』時代にレコーディングさせていただいた『pride』の時点で、ほぼ完成されていたのかなって思ったんですけども、今回新たに録り直してストリングスとかもアレンジしていただいて、本当の意味で、これが完成形の『pride』になったんだなと思いますね!

でも、ああやって歌えたのも、コウジとカヅキのサポートのおかげもあるので、もし機会があれば、3人で『pride』を歌ったりしてみたいですね! オバレVer.の『pride』やってみたいです。

――カヅキのアカペラの『FREEDOM』も印象的でした。

増田:2年という時を経て、改めて歌わせて貰えるということで、カヅキとしてもオバレとの活動を経て、スキルアップしたイメージで歌わせてもらいました。歳もとったので、キーも少し下げめにしました。前は男の子の掲げる“FREEDOM”っていうものだったんですけど、今回は男が男に掲げる「みんなついて来い」という、背中でみんなの気持ちを受け止めるくらいの気持ちで、改めて1人の男として『FREEDOM』を歌いました。


――そして、『虹色CROWN』は3年ぶりの新曲ですね。

柿原:録ったのはだいぶ前で。この3人で新曲を作るということで、仮歌を聴いたときに爽やかな楽曲なので、なんとなく最終的なストーリー部分でこの曲を3人で歌うっていうことは、きっとハッピーなエンディングだったりとか、また3人の絆が強くなっていくんだろうなっていう気持ちで歌わせていただきました。

前野:この曲に限らず、3人で歌わせてもらう楽曲は、すごく気持ちが乗りやすいメロディーと歌詞をいつもご用意していただいているので、歌っていて本当に気持ちが良いんですよね。もちろん、レコーディングは別々なんですけど、完成形が想像しやすいというか。いつも別々に録っていても、一緒に録っているようなクオリティーでレコーディングが出来るメンバーだなって思いました。

増田:でも、僕達が作っているときよりも想像を越えたと思いますね。まさかこの曲をバックに、カヅキが「プリプリプリズム~」って言うとは思いもしなかったので、そういった意味では新しいカヅキを見られたなって。本当に曲を収録しているときはまったく想像していなかったので(笑)、それが『キンプリ』の怖さでもあり、凄さでもあり、煌めきを改めて映画の完成版を観て感じました。この曲の完成図ってここにあったんだろうなって。

最後にメッセージ「女の子キャラたちの存在があったからここまで成長できた」

増田:本当に直感で楽しむというか、わからなくても面白い、そういった作品になっていると思います。カヅキとしては、フリーダムでバーニングな楽しみ方を今後もみなさんに続けていってほしいと思います。

前野:応援上映でもし参加される際には、後半に女性キャラが出てきたシーンで、字幕が出るシーンがございますけども、あのシーンは『プリティーリズム・レインボーライブ』時代から出演している者としては、すごく感慨深いシーンで。ある意味キャラクターとしてのゴールとも言えるシーンだと思うので、ぜひみなさん、あのシーンを劇場でご唱和される際は、そういった各キャラクターたちの気持ちを汲んで想いを込めて、あの台詞を代弁してあげてください。『キンプリ』がこれからどういう展開になるかわかりませんが、末永く応援していただければと思います。

柿原:さまざまな媒体でも言わせてもらってますけども、1つ絶対に忘れてほしくないことは、この作品はTVシリーズから始まり、(作中でメインで登場している)女の子たちによって、僕達3人の男の子たちはここまで成長させてもらいました。やっぱりあの子達がいたから、『キンプリ』という劇場版だったり、新作が出ることになりました。あの子達(女の子キャラたち)の存在があってということを絶対に忘れてほしくないなという気持ちで我々はいつもやっています。なんらかの形でまたガッツリあの子達と一緒にお芝居だったりとか、その後の人生だったりを表現できる場所が来ることを僕は願っていますので、ぜひみなさんもそれまで応援よろしくお願いします。

そして、待望の劇場挿入歌を含むサウンドトラックが9月27日に発売することが決定! しかも3枚組です!

『KING OF PRISM -PRIDE the HERO- Song&Soundtrack/V.A.』
発売日:2017-09-27
価格:4,536円(税込)
●DISC1:
01:Vivi℃ Heart Session!
02:恋のロイヤルストレートフラッシュ
03:CRAZY GONNA CRAZY
04:Reboot -Hiro ver.-
05:LOVE♥MIX
06:EZ DO DANCE -THUNDER STORM ver.-
07:FREEDOM -THUNDER STORM ver.-
08:Over the Sunshine!
09:ルナティックDEStiNy
10:pride -KING OF PRISM ver.-
11:虹色CROWN
●DISC2:
01:Vivi℃ Heart Session! inst.
02:恋のロイヤルストレートフラッシュ inst.
03:CRAZY GONNA CRAZY inst.
04:Reboot -Hiro ver.- inst.
05:LOVE♥MIX inst.
06:EZ DO DANCE -THUNDER STORM ver.- inst.
07:FREEDOM -THUNDER STORM ver.- inst.
08:Over the Sunshine! inst.
09:ルナティックDEStiNy inst.
10:pride -KING OF PRISM ver.- inst.
11:虹色CROWN inst.
●DISC3:
オリジナルサウンドトラック
※変更になる場合がございます。

劇場版『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』:
http://kinpri.com/

Pocket
LINEで送る

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

アニメ / アニ漫 / の新着記事一覧

PAGE TOP