Otajo -オタ女-

Today is
Dec 15 2017

記事

これが最強の少女漫画映画!  美形大集合の『覆面系ノイズ』が眼福すぎる

Pocket
LINEで送る

少女漫画の実写映画化はもはや鉄板コンテンツ。最大の魅力は、普通のドラマでは見られない、漫画由来の胸キュン演出ですよね。そんな実写映画において、いま一番“ご褒美”度が高いと話題なのが『覆面系ノイズ』です。

人気同名コミックを映画化した本作は、不器用でピュアな片思いに悩む高校生たちが、言葉では伝えられない気持ちを歌や音楽に乗せて届けようとする、究極の“片恋”(かたこい)ストーリー。しかもキャスト陣は、まさに漫画から抜け出てきたかのような旬の美男美女揃い! 大人女子もときめき必至の本作、尊すぎるキャストとキャラクターをチェックして、公開に向けて気持ちを高めてまいりましょう……。

■「彼女以外ありえない」驚異の美ルックスで大抜擢! 中条あやみ(有栖川仁乃/ニノ役)

ヒロイン・ニノ役を演じるのは、モデルや女優として大活躍中の中条あやみ。原作を彷彿とさせるルックスに惚れ込んだ制作陣の熱烈ラブコールにより、満場一致の大抜擢となりました。今回挑戦したのは、離れ離れになった幼馴染・モモを想い続ける一途な女の子。素直で天真爛漫な性格と、何より漫画の世界から飛び出してきたような美貌…スクリーンいっぱいに広がるニノの笑顔は、女性ファンでも思わず目じりが下がってしまうはず!さらに「一度聴いたら忘れられない歌声の持ち主」というキャラクターに合わせ、中条も約半年間ボイストレーニングを実施。劇中では、バンド「in NO hurry to shout;」(通称:イノハリ)のボーカルとしてパワフルで透明感あふれる歌声を堂々と披露しています!

■華麗なピアノ&ギター演奏にドキッ! 志尊淳(杠花奏/ユズ役)

ニノの同級生で彼女に想いを寄せるユズ役には、今やメディアで見ない日はないほど大人気の志尊淳。特撮ドラマ『烈車戦隊トッキュウジャー』など若手イケメンの登竜門を経て注目されてきた逸材で、今年も話題作への出演が続々!そんな彼が本作では、ニノの歌声に魅了され彼女のために曲を作り続ける一途男子を熱演。モモへの片思いに悩むニノに寄り添いながら、「自分の歌は彼女にしか歌わせない!」という意志の強さにドキッとさせられる一面も。さらに、今回はバンドマン役ということで実際にピアノとギターを猛特訓し、サマになりすぎな演奏シーンも披露!その多彩さ、惚れずにはいられない!

■謎多き俺様メガネキャラで新たな一面! 小関裕太(榊桃/モモ役)

ニノの片思い相手・モモを演じるのは、注目の若手俳優・小関裕太。NHK『天才てれびくんMAX』で子役時代から活動し、今後も出演作の公開が続く注目株です。『覆面系ノイズ』では、これまでの爽やかなイメージから一変、どこか陰のあるメガネイケメンとして抜群の存在感を発揮!子供の頃離れ離れになってようやく再会するも、なぜかニノに冷たくあたり、それでいてやたら執着するという俺様キャラ。だけど実は行動の裏にはヒミツがあって…という設定まで女子のハートを掴んで離さない、まさに少女漫画的イケメンを好演。ちなみに劇中で登場するユズとのギターセッションシーンは、絵になりすぎて悶絶必至です!

■美しすぎるマッシュルームカット&切ない表情に釘付け!真野恵里菜(珠久里深桜/ミオウ役)

ユズに片思いしニノに嫉妬する深桜役には、ハロー!プロジェクトでのソロ歌手活動を経て女優業として活躍を続ける真野恵里菜。ユズを想いながら共にバンド活動を続けていたところ、彼が恋するニノの出現で、ついにバンドを去ろうとする深桜を熱演しています。さらに、先輩のハルヨシからまさかの告白を受け、ゆれ動く乙女心を見事に体現!ライバルながらニノに歌い方を教えてあげるなど、一見クールながら純粋でまっすぐなキャラクターを作り上げています。劇中では、原作の深桜のビジュアルも完全再現。真野さんの美貌によって完成した、美しすぎるマッシュルームカットは必見です!

■陽気な関西弁ドラマーがハマりすぎ! 磯村勇斗(黒瀬歩/クロ役)

バンドのムードメーカー・クロ役には、 『仮面ライダーゴースト』、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』、と若手イケメンの登竜門「特撮」「朝ドラ」を経て注目を集める磯村勇斗。『覆面系ノイズ』では、和歌山弁が特徴のドラム担当、クロをチャーミングに熱演!実際に約3カ月の猛特訓を経て、本格的なドラム演奏にも初挑戦しています。メンバーたちの片思いを見守りながら盛り上げ役に徹する健気さと、プレイ中のダイナミックなスティックさばきのギャップは、もはや「ずるい」の域!?原作にも登場する「猫耳ニット帽」も似合いすぎ、かわいすぎ…!

■男前なオネエキャラで新境地! 杉野遥亮(悠埜佳斗/ハルヨシ役)

バンドのリーダー的存在・ハルヨシ役を演じるのは、若手注目株の杉野遥亮。映画『兄に愛されすぎて困ってます』(2017)ではヘタレ系癒し男子、『キセキ-あの日のソビト-』(2017)では天真爛漫なボーカルグループメンバーを演じ、着実にファン層を広げている杉野が、『覆面系ノイズ』では「金髪にオネエ口調のベーシスト」という異色キャラに挑戦!普段はフェミニンな言動のハルヨシだが、実はバンド活動を共にしていたミオに片思い…という一面を持ち、胸キュン必至の「告白シーン」も披露。原作ファン人気も高い、普段のオネエからは想像できない“男前”な告白は、心臓わし掴みされること間違いなし!

今もっともホットな美男美女たちが繰り広げる、甘く切ない「片恋」─。デートムービーにも良いですが、ここはあえてイケメン好きの女友達と見に行くと俄然盛り上がりそうです! 映画『覆面系ノイズ』は11月25日(土)より全国ロードショー。

【ストーリー】
歌うことが大好きなニノ(中条あやみ)は高2の春に転校先の学校で、幼いころに出会った曲作りをする男の子・ユズ(志尊淳)に再会。ニノを想って曲を書き続けてきたユズは、思わぬ再会に戸惑いながらも気持ちを募らせる。一方ニノは幼いころに離れ離れになった幼馴染・モモ(小関裕太)に今でも思いを寄せていた・・・。いつかモモにこの歌声を届けたい!日々練習を重ねるニノはある日とあるオーディション会場でモモらしき人物に遭遇!せっかく再会できたのにモモに気持ちを伝えられないニノ。そんな時、辞めてしまったボーカルの代わりにユズの所属するバンドでボーカルを担当することに。それぞれの恋する気持ちが交差する中でニノが気づく本当に大切な人とは!?

http://fukumenkei-noise.jp

(C)2017映画「覆面系ノイズ」製作委員会 (C)福山リョウコ/白泉社・花とゆめ 

Pocket
LINEで送る

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

藤本エリ

日常系アニメと、黒髪・細身キャラクターをこよなく愛するライター。一番応援している声優は小野大輔さん。

カル / 未分類の新着記事一覧

PAGE TOP