Otajo -オタ女-

Today is
Aug 22 2017

記事

今話題の「ガムテープバッグ」はどうやって生まれた? 実際に作れるワークショップが今週末開催!

Pocket
LINEで送る


最近にわかに注目が集まっている「ガムテープバッグ」。布のガムテープを利用して作るカラフルなバッグで、情報番組「王様のブランチ」や各ニュースサイトで取り上げられ話題に。今週末には東京ミッドタウンで開催されるイベント「DESIGN TOUCH 2012」でもワークショップが行なわれます。

中島麻美著『ガムテープでつくるバッグの本 (EASY TO MAKE!)』 /池田書店

このガムテープバッグを作り出し、『ガムテープでつくるバッグの本』の著者は「ガジェット通信」でも記事を執筆しているライターの中島麻美さん。今回は中島さんに、ガムテープバッグを作り始めたきっかけ、大人の女性もハマる“工作”の魅力についてお話を伺いました。

【関連記事】みんな知ってた? ガムテープで作ったとは思えないオシャレバッグ♪
http://getnews.jp/archives/267038

――そもそも何でガムテープでバッグを作ろうと思ったのですか?

中島麻美さん(以下、中島):2006年頃にはじめたのですが、その頃、部屋の整理整頓に使おうと思って買い置きしておいたカラーガムテープがたくさんあったんですね。使っているうちに、布ガムテープなので貼り合わせると布になるなと気付いて、まず最初にマネークリップの様な、平たい小物を作りました。

――確かに貼り合わせると強力な布が完成しますね。

中島:そこからバッグの様な筒状のものを作り出す時に、どうやって形を作ればいいのだろうと考えて。箱や本に巻きつけて形成すればいいんだと気付いてからは、バッグの完成まで早かったです。

ガムテープで出来た名刺入れ。かなりしっかりとした作り。

――ガムテープバッグは、持ち手もガムテープで出来ていますが、物を入れてビリって破けたりしないんですか?

中島:結構強度もあって実際に使えるんですよ。この名刺入れ(上の画像参照)はバッグでは無いですが、もう6年使っているのにまだまだ丈夫です。ガムテープを6回巻くだけで作れるのに。ガムテープバッグはリーズナブルに作れるところも優れていて、1つのガムテープ(25m巻き)でA4サイズのバッグが20個ほど作れます。

バッグ自体のサイズも、持ち手の長さもガムテープなら自由自在。

――自分で色を組み合わせたり、好きな模様に出来る所もガムテープバッグの魅力ですね。

中島:私が愛用しているニチバンのガムテープは12色あるので、色とりどりですね。私自身の好みは、誰にでも真似出来るシンプルなバッグなのですが、基礎をつかんだらどんどん自分でアレンジしていっても楽しいと思います。実際に、『ガムテープでつくるバッグの本』を読んで、エルメスのバーキン風のバッグを完成させた方もいるんですよ。

――子供の頃から工作や手芸が好きだったんですか?

中島:すごく好きでした。図工の時間。大人になってからは洋服を作ったりもしていて、今も自宅にはトルソーがあったり。でも社会人になって出版社に入社してからは、忙しくて洋服作りなど時間がかかる事からは遠ざかっていて。でもガムテープバッグなら針も糸も型紙もいらないし、忙しい人でもすぐに作れるのでオススメです。

――最近は雑貨店やホームセンターなどにカラフルなマスキングテープが並んだり、工作を楽しむ大人の女性が増えた様に感じますよね。

中島:自炊をする人が増えていたり、皆さんの部屋で過ごす時間が長くなっている様に思いますよね。カラフルや柄付のマスキングテープと言えば、私も実際に柄のガムテープが欲しいと思って企業に提案したことがあるんです。

――企業に新ガムテープの提案ですか?

中島:そうそう。でも、柄付のガムテープを作るには工程が複雑らしく、完成出来たとしても、一度に大量のガムテープが出来るので在庫を抱えるリスクが高いと実現には至りませんでした。なので今は柄付のガムテープと粘着度の異なるガムテープを作る事が目標です。粘着度の低いガムテープがあれば、お部屋の壁に模様を描いたり、壁紙を簡単に変えることが出来るんじゃないかと。

チャーハンの妖精さんが贈る人気連載。簡単で美味しい!

――それ実現出来たら本当に素敵ですね! 中島さんは「チャーハンの妖精」としてごはんレシピの連載も行なっていますが、お部屋で過ごす時間を楽しくするコツは何かあるのでしょうか。

中島:シンプルな材料で物を作る、部屋を散らかさない。という事ですかね。「チャーハンの妖精」として連載しているごはんレシピも、ご飯と2つの材料で作るのが理想だと思っていて、とにかくシンプルにすると難しくないので続きます。

――ガムテープバッグも、ごはんレシピも素材や工程はシンプルで、それらが組み合わされて完成するから楽しいのでしょうね。どうもありがとうございました!

10月27、28日には東京ミッドタウンの芝生広場にて、ガムテープバッグを作る「秋のガムテープ祭り!」が開催されます。参加費は500円。ぜひこの機会にガムテープバッグ作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

秋のガムテープ祭り!
ニチバンのカラフルな布製ガムテープで針も糸もいらない簡単バッグ作っちゃおう!

■日時:10月27(土)、28日(日)11:00~17:00
■場所:東京ミッドタウン 芝生広場
■参加費:500円
http://www.tokyo-midtown.com/jp/designtouch/2012/

中島麻美さんのFacebook:http://www.facebook.com/nakashimaasami
TwitterID:aknmssm

中島麻美がお届けする「ごはんレシピ」
http://getnews.jp/archives/tag/ごはんレシピ

※ガムテープバッグの画像は中島麻美さんのFacebookより引用。

Pocket
LINEで送る

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

藤本エリ

日常系アニメと、黒髪・細身キャラクターをこよなく愛するライター。一番応援している声優は小野大輔さん。

ライフスタイルの新着記事一覧

PAGE TOP