Otajo -オタ女-

Today is
Sep 30 2016

記事

『心が叫びたがってるんだ。』主演・水瀬いのりインタビュー「自分の気持ちはちゃんと伝えなきゃ」

Pocket
LINEで送る


日本中が涙した大ヒットアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(あの花)』のスタッフが贈る、劇場版オリジナルアニメーション『心が叫びたがってるんだ。(ここさけ)』がいよいよ9月19日より公開となりました。

主人公は子供時代にうっかり話してしまった“ある事”がきっかけで、家族がバラバラになってしまい、突然現れた玉子の妖精に、二度と人を傷つけないようにお喋りを封印されてしまった成瀬順。

『ご注文はうさぎですか?』のチノ、『ダンまち』のヘスティア役などで大注目の声優・水瀬いのりさんが、難しい役柄をフレッシュに演じています。水瀬いのりさんにインタビューを敢行。作品について、役作りで苦労した点など色々とお話を伺って来ました。


―『心が叫びたがってるんだ。』とても楽しく、笑ったり泣いたりしながら拝見させていただきました。大ヒットした“あの花”スタッフが集結したという事で、制作発表当時から話題でしたよね。

水瀬:ありがとうございます! “あの花”はアニメはもちろん、劇場版も映画館に観に行って、とても大好きな作品だったので同じスタッフの方による“ここさけ”に参加出来てとても嬉しいです。

―好きなアニメのスタッフが作る作品という事で、緊張はしましたか?

水瀬:とてもしました。私の声は高めで、アニメっぽい声なので、作品の雰囲気を壊さないか、他のキャストの方の中で悪目立ちしないかと不安がありました。“あの花”もそうですが、“ここさけ”は、普段あまりアニメをご覧にならない方、映画好きの方も観てくださるので特に気をつけました。

―特に今回の順という役は、ショックな出来事を経て声が出なくなってしまった女の子、という事で特に難しい役柄ですよね。

水瀬:そうですね。声優というお仕事をやらせていただいているので、声が出ない女の子のお芝居ってどうやるんだろう、と考えてしましました。これまで、順の様に影のあるキャラクターを演じた事は無かったので、新しい挑戦でもありました。また、声が出ない女の子という事で、私がそうした経験をした事が無かったので参考にする物が無く、難しかったです。

―そこは監督やスタッフの皆さんと相談しながら?

水瀬:はい。アドバイスを受けたり、相談しながら進めました。先ほど、普段アニメを観ない方も注目している作品だと言いましたが、セリフの言い方も、他のアニメとちょっと違って、アニメアニメしていないというか、日常会話の様な自然な感じなんですよね。なので、声が出ないというキャラクターであっても、うなずいている時の息づかいが聴こえる様な、そんなお芝居を心がけました。

―水瀬さんが演じた順はもちろん、他のキャラクターも皆、とても優しいので不器用で素直になれないという部分があって、これがとても人間らしくて共感出来ますよね。

水瀬:本当にそう思います。私達って普段の生活でもなかなか素直になれない事が多いですよね。だから、この物語に共感出来るのだと思います。例えば私は友達に「この前(水瀬いのりさんが出ている)アニメ観たよ〜」とか、「最近色々アニメに出演していて頑張っているね!」と言ってもらっても、少し照れくさくて「ありがとう」とちゃんと言葉に出来なかったりして。でも、自分の気持ちはちゃんと言葉にして伝えなくちゃ、想っている事をちゃんと表現しなきゃ、とこの作品に関わって強く感じました。

―確かに、「言わなくても伝わっているだろう」と思ってしまう時もありますよね。この映画を観たら大切な人に会いたくなって、感謝の気持ちを伝えたくなります。

水瀬:そう思っていただけたらとても嬉しいですね。映画の中では、順ちゃんとお母さんの悲しい関係が描かれていますが、それってお互いを想うあまりに誤解が生まれてこじれてしまっているだけなんですよね。言葉って大切だな、すごいなって思います。

―これまでの言葉が無い演出があるからこそ、順が“叫ぶ”シーンにグッときてしまうのですよね。

水瀬:順が初めて感情をぶつけるシーンは私も一番気に入っているシーンです。順にとってクラスメイトの仲間との出会いが大切だった様に、この作品が皆さんの大事な出会いになると嬉しいです。

―水瀬さんは、どんどん活躍の幅を広げてらして、これからのお芝居もとても楽しみにしています。憧れている声優さんや、こうなりたいという先輩はいますか?

水瀬:こうなりたい、と口にするのも緊張してしまうほどなのですが、水樹奈々さんはずっと憧れで、元気が欲しい時やここぞという時には水樹奈々さんの音楽を聴いています。アニメでのお芝居もそうですが、パフォーマンスもパワフルで本当に尊敬しています。

―今日は貴重なお話をどうもありがとうございました!


“あの花”の感動再び! 『心が叫びたがっているんだ。』本予告編
https://www.youtube.com/watch?v=mJGHctSsGCQ

Pocket
LINEで送る

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

藤本エリ

日常系アニメと、黒髪・細身キャラクターをこよなく愛するライター。一番応援している声優は小野大輔さん。

アニ漫の新着記事一覧

PAGE TOP