Otajo -オタ女-

Today is
Apr 14 2024

記事

TAAF2023アニメ オブ ザ イヤー『ONE PIECE FILM RED』・『SPY×FAMILY』・「Ado」など各賞発表!アニメファン賞はマレーシア発のヒーローアニメ『メカアマト』

国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2023(TAAF2023)」のアニメ オブ ザ イヤー部門の各賞が決定!

東京アニメアワードフェスティバル実行委員会及び一般社団法人日本動画協会による国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2023(TAAF2023)」が2023年3月10日(金)から3月13日(月)まで池袋にて開催します。

この度、TAAF2023のアニメ オブ ザ イヤー部門の各賞が決定しました!

2022年度(2021年10月1日〜2022年9月30日)に上映・放送されたアニメ全412作品より、アニメ業界の第一線で活躍しているプロデューサー、クリエイター、その他メディアやアニメグッズを扱う店舗など、幅広いアニメーション業界のプロフェッショナルが選ぶ「作品賞」「個人賞」と、ファン投票で選ばれた「アニメファン賞」を授与します。

アニメ業界のプロが選ぶ「作品賞」「個人賞」は大ヒットを記録した劇場作品、TVシリーズより各作品賞が決定。また、話題となった作品に携わるクリエイター陣にも個人賞が贈られます。

作品賞

★劇場映画部門
『ONE PIECE FILM RED』

(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

★TVシリーズ部門
『SPY×FAMILY』

(C)遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

個人賞

★原作・脚本部門
吉田 玲子

広島県出身。最近の作品に『若おかみは小学生!』『夜明け告げるルーのうた』『リズと青い鳥』など。

★監督・演出部門
谷口 悟朗

愛知県出身。アニメ監督・プロデューサー。J.C.STAFF、サンライズで制作を経たのち演出になり、1998年に『ONE PIECE 倒せ!海賊ギャンザック』で監督デビュー。『無限のリヴァイアス』『プラネテス』『ジャングル大帝』『純潔のマリア』『コードギアス』シリーズなど、オリジナルや原作ものを問わず監督作多数。『FILM RED』で24年ぶりに『ONE PIECE』に復帰する。

★アニメーター部門
亀田 祥倫

広島県出身。WITスタジオ所属。『モブサイコ100』シリーズ(2016年~2022年)・『映画ドラえもんのび太の宝島』(2018年)キャラクターデザイン、総作画監督。『犬王』(2022年)総作画監督。『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(2021年)メカ作画監督補佐を務める。

★美術・色彩・映像部門
衛藤 功二

ufotable所属。『劇場版 空の境界』『Fate/Zero』『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』『鬼滅の刃』にて美術監督を務める。

★音響・パフォーマンス部門
Ado

20歳の歌い手。2020年に「うっせぇわ」でメジャーデビューを果たし社会現象を巻き起こし、アルバム『狂言』、『ウタの歌ONE PIECE FILM RED』もランキングを席巻しロングヒット中。Billboard JAPAN Artist 100アーティストランキング年間1位を獲得。2023年6月からは自身最大規模となる初の全国ホール&アリーナツアー「マーズ」の開催も決定している。

ファン投票で選ばれた「アニメファン賞」

ファンによる投票総数183,364票の中から選ばれた2022年もっとも愛された作品は、マレーシア発のヒーローアニメに決定!日本国内外から多くの投票があり、本賞に輝きました!

■アニメファン賞
『メカアマト』

(C)2022 Animonsta Studios Sdn. Bhd. All rights reserved.

関連記事:
『ONE PIECE FILM RED』シャンクスの娘「ウタ」へのこだわり 谷口悟朗×名塚佳織インタビュー Adoの特殊な収録秘話も
https://otajo.jp/110389

「ぶっちゃけ『ウタは生きているのか死んでいるのか』問題」『ONE PIECE FILM RED』尾田栄一郎&谷口悟朗が質問に答える≪副音声上映≫11月5日スタート
https://otajo.jp/111138[リンク]

<アニメ オブ ザ イヤー部門について>
2022年度(2021年10月1日〜2022年9月30日)に上映・放送されたアニメ全412作品より、ファンの投票で「みんなが選ぶベスト100」を決定。その100作品の中より、アニメ業界の第一線で活躍しているプロデューサー、クリエイター、その他メディアやアニメグッズを扱う店舗など、幅広いアニメ業界のプロフェッショナルの投票で「作品賞」「個人賞」を選出。また、一般ユーザーによるTwitterからのファン投票で「アニメファン賞」が選出されます。
https://animefestival.jp/ja/award/aoy/

東京アニメアワードフェスティバル2023開催概要

日程:2023年3月10日(金)~3月13日(月)
会場:東京・池袋
主催:東京アニメアワードフェスティバル実行委員会、一般社団法人日本動画協会
共催:東京都
事務局:東京アニメアワードフェスティバル実行委員会事務局(一般社団法人日本動画協会内)
公式サイト:https://animefestival.jp/

■東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)とは
2023年で10回目の開催となる東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)は、2002年より「東京国際アニメフェア」の一環として行われていた「東京アニメアワード」を独立・発展させた国際アニメーション映画祭です。
本フェスティバルは、新たな人材の発掘・育成、アニメーション文化と産業の振興に寄与すること、及び東京の魅力を発信し、東京の観光振興に資することを目的に開催します。
『東京がアニメーションのハブになる』を合言葉に、高いクオリティとオリジナリティに富む世界中の作品を東京で上映し、世界中のアニメーションを愛する人々との交流を図ること、クリエイターや観客に刺激と感動を提供すること、そしてその感動や刺激を糧にアニメーションの新たな波を東京から世界へ発信することを目指します。

■各アワードの紹介
<コンペティション部門>
広く国内外から、プロ・アマを問わず募集しています。60分以上の長編アニメーション、30分未満の短編アニメーションのそれぞれから「グランプリ」「優秀賞」他各賞を選出します。選考の柱となるのは、独創性、先進性、共感性、技術力です。特にTAAF2021から短編部門内に創設された「学生賞」は、日本でアニメーションを学ぶ学生のための賞となります。会期中には劇場にて、ノミネート作品の数々を、国内外の制作者と共にお楽しみ頂けます。

<アニメ オブ ザ イヤー部門>
日本国内で上映・放送された作品の中から、アニメファンが選ぶ「アニメファン賞」、アニメ業界のプロが選ぶ『これは観ておきたい』と思う「作品賞」、『この人に注目してほしい』と思う「個人賞」が投票で選ばれます。

<アニメ功労部門>
アニメーション産業及び文化の発展に寄与した方々を顕彰するものです。アニメーションの技術、表現だけでなく、人材育成を含む教育活動、国際交流など、広くアニメーション産業の社会的地位の向上に貢献された方々に、この賞を贈呈いたします。

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

アニメ / アニ漫の新着記事一覧

PAGE TOP