Otajo -オタ女-

Today is
Aug 20 2017

記事

繊細な甘みにうっとり!!『Tokyo Sweets Collection 2013』で人気パティシエのトレンドスイーツを食べてみた

Pocket
LINEで送る

日本の有名パティシエが集まり新作スイーツを披露する『Tokyo Sweets Collection 2013』が2013年3月9日に東京・品川プリンスホテル・プリンスホールで開催。人気・実力とも充分な9名の精鋭のデモンストレーションと、フレッシュな最新スイーツのテイスティングがあると聞いて、こっそりと会場に行って参りました。

まず冒頭で、総合プロデューサーを務めるププリエ(埼玉・東松山)のオーナーシェフ大橋健二氏より2013年のスイーツトレンドが「Neo Trad Sweets」だと発表。原点回帰が洋菓子の世界にも訪れると強調します。
そのテーマに基づいた新作スイーツ、一体どんなお味なのでしょうか。

菓子工房アントレ(千葉・船橋)のシェフパティシエ・高木康裕氏のショートケーキ。中にゆずのソースが挟まっていてほのかに和テイスト、下に行くほどフルーティーというシンプルな見た目ながらこだわりの詰まった逸品となっています。
モンサンクレール(東京・自由が丘)のオーナーパティシエ・辻口博啓氏のプチガトーは、キャラメルがメインで洋梨の食感が口の中に広がります。甘さがひかえめでもしっかりと余韻が残る味です。
テオブラマ(東京・代々木公園)のオーナーパティシエ・土屋公二氏のティラミスは、鮮やかなブルーが目を引きます。「空をイメージした」というブルーキュラソーに、マンゴー・パッションフルーツ・バナナが使われ、「生活の楽しさを表現した」とのこと。

ロートンヌ(東京・新秋津)のオーナーシェフ・神田広達氏のスイーツはピンクとグリーンが鮮やか。ミルクチョコレートのムースとビスタチオ、そしてローズの香りがフレッシュです。
アステリスク(東京・代々木上原)のオーナーシェフ・和泉光一氏はフランスの伝統菓子フレジェを現代風にアレンジ。苺のコンポートに、バナナとベルガモットが味が加わり甘さに深みが増す一品になっています。ひんやりとした舌触りは初夏に合いそうです。
キャットーズ・ジュイエTokyo(東京・丸の内)のオーナーシェフ・白鳥裕一氏は、昔ながらのバタークリームを使ったケーキを出品。表面には女豹をイメージした柄が描かれてモダンですが、ひと口入れるとカカオバターとジャムのなつかしい味がします。

ププリエのパティシエ・大橋圭氏はオペラをテーマにしたスイーツを。甘みたっぷりのホワイトコーヒークリームをかけて頂くという新しくて不思議な一品に仕上がっています。
名古屋マリオネットソシアホテルの製菓料理長・松島義典氏のパイとアップルとキャラメルムースが重なった一品。伝統的なスイーツをかわいらしくアレンジしており、「その背景にある歴史も一緒にお楽しみください」とのこと。
Toshi Yoroizuka(東京・恵比寿)のオーナーシェフ・鎧塚俊彦氏は、出来たばかりの泡がおしゃれなデザート感覚のスイーツ。苺とバナナと蜂蜜のほのかな味が重なるのをゆっくりと楽しみたい一品になっています。

また、ステージ上では各パティシエが大胆なパフォーマンスに挑戦。中でも松島氏は高度な飴細工の技を披露し、洋菓子界の祭典『クープ・ド・モンド』個人部門で一位に輝いた実力を見せつけました。
スイーツファッションを身につけたモデルとのコレボレーションも行われるなど、豪華絢爛な雰囲気に包まれた今回のショー。伝統を大切にしつつも新しい味を追求するパティシエたちのスイーツが、それぞれのお店の名声をさらに高めることになりそうです。

東京スイーツコレクション – TOKYO SWEETS COLLECTION
http://www.tokyosweetscollection.com/index.html

Pocket
LINEで送る

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営。ネット、メディア、カルチャー情報を中心に各媒体にいろいろ書いています。好物はホットケーキとプリンと女性ファッション誌。

フード・レシピの新着記事一覧

PAGE TOP