Otajo -オタ女-

Today is
Dec 07 2022

記事

ベストキャスティングすぎ!名シーンの連続でラストまで駆け抜ける映画『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』山田涼介「僕が完結編をやりたいと思ったのは曽利監督だったから」

二部作連続公開で完結となる映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』。ついに5月20日より『復讐者スカー』が公開され、6月24日(金)には『最後の錬成』が公開を控えています。

連載開始20周年新プロジェクトとして発表された実写完結編二部作は、エドとアル兄弟の物語を、原作の最終話まで映像化することにこだわった国家錬金術師の抹殺を誓う男スカーとの対決を描く『復讐者スカー』と、国家を揺るがす巨大な陰謀に導かれ物語の壮大なラストを描く『最後の錬成』で完結を迎えます。

『最後の錬成』でもピッタリ過ぎるキャスティング!名シーンの連続でラストまで駆け抜ける!

まず、1作目よりもクオリティに磨きがかかったキャラ再現度でハガレンの世界に引き込まれ、特にエドに関してはビジュアル、声色もさらに原作リスペクトが強くなっているように感じる“完結編”。

さらに、シン国第十二皇子のリン・ヤオ(渡邊圭祐) やキング・ブラッドレイ大総統(舘ひろし)など新キャラクターが登場した『復讐者スカー』に引き続き、『最後の錬成』では情報解禁時から再現度の高さで注目を集めるオリヴィエ・ミラ・アームストロング少将(栗山千明)や、エドたちの師匠イズミ・カーティス(遼河はるひ)など追加キャラが続々と登場! 

1作目の実写映画からピッタリのキャスティングでしたが、追加キャラ含め、ハガレン実写映画はキャスティングが本当に100点! 人間側のキャラはもちろん、セリムからプライド(寺田心)、リンからグリード(渡邊圭祐)など、ホムンクルスの一面を持つキャラも見事に再現され、原作の名シーンを描いていきます。

山田涼介さんも一緒に演じていて面白かったというセリムでホムンクルスのプライドとして本性を現す寺田心くんまで、まさにベストキャスティング! 山田さんも「プライドが寺田心くんと聞いたときに、本当にピッタリだなと思ったし、あの子以外できないかもと思いました。<ダークな寺田心>ってあまり見ることがないと思うんです。『あ、そうくるんだね』みたいな、心くんの中で解釈して、一生懸命プライドを演じている姿にすごく感銘を受けました」と語っており、その存在感とホムンクルスのリーダー感は必見です!

そして、山田さんの『最後の錬成』での見どころと言えば、エドに加え、ホムンクルスの生みの親である“お父様”との2役を演じているところ。

筋肉などの肉体作りのほか、表情にCGが載せられる難しい演技、さらに、「あのシーンの撮影は他のキャストが誰もいなかったんです。“お父様”を演じているときは完全に僕1人で、(グリーンバックで)誰もいない中で1人で叫んで暴れる演技をしていました(笑)。そしてエドを演じるときも誰もいなかったんです。周りに仲間もいなければ敵もいない状態でした。原作ファンの方もあのシーンが観たいと思うので、どんなクオリティで原作が再現されているのか、楽しみにしていてほしいです」と山田さんも注目ポイントの1つとして挙げています。

3~4時間かけて施される特殊メイクに、「深夜に撮影が終わって、次の日も早朝に撮影現場に入る時は、そのまま帰らせてもらいました。僕は自宅に家族がいるわけでもないので、誰にビックリされるわけでもないですし(笑)」と過酷な撮影期間の苦労もあったとか。

そして、「ハガレンが全年齢の方が面白いと思うのは、視覚でも楽しめて、考えることでも楽しめる作品だからだと思います。幼い子たちが観るにはアクションだったり、怖いとかカッコイイとか、ヒーローが頑張っている姿を楽しめるし、なかなか日本映画では見られないようなスケール感も楽しんでもらえればと思います。大人の方はどっぷり人間の弱い部分や強い部分、汚い部分やキレイな部分など、心の部分を観てほしいと思います」と山田さんも述べる、緻密なストーリー、バトルなどの壮大なアクションシーンと、様々な側面の見どころが詰まった本作。

世界中の多くの人の心を掴み続けているストーリーについて、「そうなりたくてやったわけじゃないというか、人ってみんな『こんな予定じゃなかったのに』ということってあるじゃないですか。その予定が狂ったことでこっちの道に進まなきゃいけないけど、嫌だなと思いながらみんなそれを諦めて別の道を探したりする中で、それぞれが自分たちの信じた道を真っ直ぐ見て、真っ直ぐ突き進む姿というのは、見ていて勇気や元気をもらえるし、暗いテーマの中でも希望だけは持ち続けて明るく振る舞っている主人公という、その勇ましさみたいなものは全年齢、全対象の人に突き刺さるものがあるんじゃないかな」と山田さんも語るように、今作の諦めずに真っ直ぐ進み続けるエドたちに勇気を貰えるはずです。

魅力的な登場人物たちの印象的な原作のシーンが次々と押し寄せ、“お父様”との最終決戦、そしてアルを取り戻すため真理の扉に向かう最後の錬成までを描き切った本作! アクションシーンに圧倒され、それぞれの背負っているものやエルリック兄弟を支える仲間たち、エドとアルの信じる心と絆に胸を打たれ、観ているこちらも一緒に完結まで走り切った達成感を味わえる怒涛のラストとなっています!

また、「監督も僕も原作へのリスペクトが本当に強いんです。僕が完結編をやりたいと思ったのは曽利監督だったから」と山田さんが語る本作の特殊すぎる撮影現場は、単純にCGで見えないための苦労だけではなく、CGを合わせるためのカット割りの細かさの苦労もあると言い、山田さんは「泣き芝居とかでも何回も同じことをやらないといけない。全役者がたぶん『なんでこんなにカットを割っているんだろう』と思っていたと思うんですけど、監督の中ではブレないビジョンが必ずあって、それを僕は1作目ですごく感じたから、完結編でも付いていこうと思えたんです」と胸中を明かし、役者側の立場に立ち「今回初めて参加するキャストの方々に『ここはこうなると思うから、こういう意図でカットを割っているんです』と監督のサポートじゃないですけど、出来ることはしていこうと説明などをさせてもらいました」と、3作通して作り上げてきた曽利監督と山田さんの絆によって完成した大作にもなっています。

ついに公開を迎えた映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー』、そして6月24日(金)公開の映画『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』で実写映画「ハガレン完結編」の全容をぜひ見届けてください!


・映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』完結予告|2022年5月20日(金)/6月24日(金)二部作連続公開!
https://youtu.be/7Sx00VLILRE

関連記事:
実写映画『鋼の錬金術師 完結編』リン・ヤオやブラッドレイ大総統の姿も!総勢15キャラを名シーンで紹介する予告映像解禁
https://otajo.jp/106996

物語は圧巻のフィナーレへ!実写映画『鋼の錬金術師 完結編』新旧メインキャラ登場!イシュヴァ―ル殲滅戦から“約束の日”までを描く迫力満点のロング予告解禁
https://otajo.jp/106276[リンク]

実写映画『鋼の錬金術師 完結編』山田涼介の生演技に朴璐美「泣きました。山田さんがエドそのもの」Wエド登壇キックオフイベントで熱く語る
https://otajo.jp/106326[リンク]

CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
https://otajo.jp/70538[リンク]

※Otajoとガジェット通信は姉妹サイトです。

作品概要

タイトル:『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』
公開:『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー』 5 月20日(金) 『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』 6月24日(金)
原作:「鋼の錬金術師」荒川 弘(「ガンガンコミックス」スクウェア・エニックス刊)
監督:曽利文彦 脚本:曽利文彦 宮本武史
出演:
山田涼介 本田 翼 ディーン・フジオカ
蓮佛美沙子 本郷奏多 / 黒島結菜 渡邊圭祐
寺田 心 内山信二 大貫勇輔 ロン・モンロウ 水石亜飛夢
奥貫 薫 高橋 努 堀内敬子 丸山智己 遼河はるひ 平岡祐太
山田裕貴 麿 赤兒 大和田伸也
舘ひろし(特別出演)
藤木直人 / 山本耕史 / 筧 利夫
杉本哲太 栗山千明 風吹ジュン
佐藤隆太 仲間由紀恵 ・ 新田真剣佑
内野聖陽
製作:映画「鋼の錬金術師 2&3」製作委員会 企画・制作プロダクション:OXYBOT 配給:ワーナー・ブラザース映画
オフィシャルサイト:hagarenmovie.jp
オフィシャル Twitter:@hagarenmovie #ハガレン完結編

(C)2022 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2022 映画「鋼の錬金術師 2&3」製作委員会

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / シネマの新着記事一覧

PAGE TOP