Otajo -オタ女-

Today is
Aug 17 2022

記事

Yahoo!映画レビュー4.7の高評価!ムビ×ステ第三弾『漆黒天』全ての真実が明らかにされる舞台予告が解禁

主演:荒木宏文さん、脚本:末満健一氏、監督・アクション監督:坂本浩一氏でおくる映画と舞台を完全連動させるプロジェクト【ムビ×ステ】第三弾『漆黒天』の舞台予告が解禁!

現在公開中の映画『漆黒天 −終の語り−』は、Yahoo!映画レビュー4.7という高評価を獲得し、大きな盛り上がりを見せる中、8月より上演される舞台『漆黒天 −始の語り−』の予告映像が解禁となりました!

舞台は、映画『漆黒天 –終の語り-』で描かれた、主人公・名無しが記憶をなくす前の話、つまり”前日譚”となります。

名無し(演・荒木宏文)の前に現れる名無しと同じ顔をした男…。この二人は宇内陽之介(演・荒木宏文)と旭太郎(演:荒木宏文)ということが公開中の映画で明らかになりました。しかし、なぜこの二人が出会ったのか?

また、旭太郎率いる、千明伽羅(演:橋本祥平)、須万蒿雀(演:松本寛也)、真嶌千蛇(ましま ちだ)(演:加藤大悟)、座頭の來(ざとうのらい)(演:安田桃太郎)からなるならず者集団・<日陰党(ひかげとう)>と、陽之介や、邑麻二郎太(演:松田凌)、邑麻三郎太(演:長妻怜央)の兄弟、嘉田蔵近(演:梅津瑞樹)、皿月壬午(演:小澤雄太)など、玖良間士道(演:鈴木裕樹)率いる、日陰党討伐隊(とうばつたい)との因縁とは?

全ての真実が明らかにされる舞台にぜひご期待ください。


舞台『漆黒天 -始の語り-』予告
https://youtu.be/7DIZl4ITtCo

関連記事:
伏線回収に繰り返し観たい!「違う作品を観ているような感覚にガラッと変わる」映画『漆黒天 –終の語り-』松田凌&長妻怜央 撮り下ろしインタビュー
https://otajo.jp/108966

なぜ記憶がない?なぜ強い……脚本:末満健一×監督:坂本浩一 ムビ×ステ映画『漆黒天 –終の語り-』本予告映像解禁
https://otajo.jp/107346[リンク]

<舞台あらすじ>
俺がその夢を恐れたのは、それが夢には思えなかったからだ――
戦乱が終わり、徳川による治世が始まったばかりの江戸。
新しい時代に「人を活かす剣」の在り方を求める宇内道場の師範・宇内陽之介(荒木宏文)は、家族や門下生らと共に心穏やかな日々を送っていた。
ある日、陽之介の心友であり別の道場を営む嘉田蔵近(梅津瑞樹)の出稽古の相手をしているところに、邑麻二郎太(松田凌)と三郎太(長妻怜央)という兄弟がある理由をもって弟子入り志願にやってくる。
時同じくして、巷では破落戸集団である「日陰党」が江戸の町を騒がせており、町人たちはその悪行を「日陰事変」と呼んで恐れていた。
日陰党の悪評が陽之介の耳にも届く頃、与力である玖良間士道(鈴木裕樹)より町道場の師範たちに招集がかかる。それは日陰党討伐隊への誘いであった。
映画『漆黒天 -終の語り-』で描かれた“名無し”の前日譚(始の語り)。

舞台『漆黒天 –始の語り-』 開催概要

ムビ×ステ 舞台「漆黒天 -始の語り-」
作・演出 末満健一
出演 荒木宏文
松田凌 長妻怜央(7ORDER) 梅津瑞樹 / 小島藤子
橋本祥平 松本寛也 加藤大悟 安田桃太郎
小澤雄太 鈴木裕樹
工藤翔馬 榮桃太郎 澤田圭佑 下尾浩章 菅原健志 杉本佳幹 宮永裕都 横山慶次郎

会場・日程
2022年8月5日(金)~8月21日(日) 東京:サンシャイン劇場
2022年8月31日(水)~9月4日(日) 大阪:梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

チケット 全席指定 9,500円(税込) ※未就学児入場不可
チケット販売 ローチケ https://l-tike.com/shikkokuten/
e+ (イープラス) https://eplus.jp/shikkokuten/
チケットぴあ http://w.pia.jp/t/shikkokuten/ ※PC/スマートフォン共通
チケット発売日 7月3日(日)10:00~ 一般発売

公式HP : toei-movie-st.com
@2022 movie-st

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / シネマの新着記事一覧

PAGE TOP