Otajo -オタ女-

Today is
Dec 06 2022

記事

実写映画化で話題の『耳をすませば』原作漫画・ジブリアニメ版3作品の設定を比較!聖司の目指す夢は?

清野菜名さん、松坂桃李さんがW主演で贈る実写映画『耳をすませば』がいよいよ10月14日より全国公開となります!

誰もが一度は憧れたであろう雫と聖司の中学時代の物語はもちろん、完全オリジナルストーリーとして10年後の物語が加わったことでも注目を浴びている本作。

原作やアニメーション映画ファンとしては共通点や相違点が気になるところ。原作まんが、アニメーション映画、実写版のそれぞれの設定を比較してみました!

1989年に「りぼん」で連載された「耳をすませば」は1995年にスタジオジブリによってアニメーション映画化、そして2年半にわたる撮影期間を経て公開される実写版『耳をすませば』。3作品を見比べてみることで「耳をすませば」をより重層的に楽しめること間違いなしのポイントをご紹介します。

1:雫の設定を比べてみると?
原作では中学1年生だった雫はアニメーション映画では中学3年生に、実写映画でも中学3年生になっています。また、雫の住まいは原作と実写映画では一軒家、アニメーション映画では団地になっているなど、細かな設定の違いにも注目!

2:聖司の夢は3作品とも違う?
原作では画家を目指している聖司ですが、アニメーション映画ではヴァイオリン職人、実写映画ではチェリストとなっています。

3:ムーンのビジュアルも三者三様!
アニメーション映画ではぽってりとした姿で登場したムーンですが、実写映画では茶トラ。ちなみに、原作のムーンは黒猫であり、さらにそっくりな容姿のルナと2匹の猫が登場しています。

4:雫と聖司の出会い方は・・?
「やなヤツ!やなヤツ!」でおなじみの雫と聖司の初対面のシーン。実は3作品ともに聖司が雫に投げかける言葉が違います。答えはそれぞれの作品を見比べてみてください。

5:登場するロケーションも様々
二人乗りで坂を登るシーンにドキドキが止まらないクライマックスシーンに登場する高台。原作では「地球屋の近く」としか記載がないですが、アニメーション映画では聖蹟桜ヶ丘にある高台が採用され聖地になるほどに(現在は立ち入り禁止)。実写映画では横浜市金沢動物園で撮影を実施したそう。実写版ならではの美しい景色に期待が高まります!

また、雫の同級生の夕子や杉村も登場! もちろん2人も大人になっているので、その関係性をお楽しみに!

3作品それぞれの『耳をすませば』を楽しみながらも、共通点や相違点を比べてみるのも本作品ならではの楽しめるポイントです。この機会に改めて3作品を見返してみては?

映画『耳をすませば』は10月14日(金)より全国公開。

関連記事:
雫がそのまま大人になってる!映画『耳をすませば』本予告解禁 児童書の編集者として夢を追い続け聖司君に会いに行く……バロンのムビチケも
https://otajo.jp/109076

実写映画『耳をすませば』10年後の天沢聖司(松坂桃李)のチェロ演奏シーンに早くも胸キュン!特報映像解禁
https://otajo.jp/107009[リンク]

作品情報

<ストーリー>
読書が大好きで元気いっぱいな中学生の女の子・月島雫。彼女は図書貸出カードでよく見かける、ある名前が頭から離れなかった。天沢聖司―――全部私よりも先に読んでる―――どんなひとなんだろう。あるきっかけで“最悪の出会い”を果たした二人だが、聖司に大きな夢があることを知り、次第に惹かれていく雫。聖司に背中を押され、雫も自分の夢を胸に抱くようになったが、ある日聖司から夢を叶えるためイタリアに渡ると打ち明けられ、離れ離れになってもそれぞれの夢を追いかけ、また必ず会おうと誓い合う。
それから10年の時が流れた、1998年。雫は、児童書の編集者として出版社で働きながら夢を追い続けていたが、思うようにいかずもがいていた。もう駄目なのかも知れない―――そんな気持ちが大きくなる度に、遠く離れたイタリアで奮闘する聖司を想い、自分を奮い立たせていた。一方の聖司も順風満帆ではなかった。戶惑い、もどかしい日々を送っていたが、聖司にとっての支えも同じく雫であった。
ある日、雫は仕事で大きなミスをしてしまい、仕事か夢のどちらを取るか選択を迫られる。答えを見つけに向かった先は―――。

<作品情報>
◆映画タイトル:『耳をすませば』
◆出演:清野菜名 松坂桃李
山田裕貴 内田理央 / 安原琉那 中川翼 荒木飛羽 住友沙来
音尾琢真 松本まりか 中田圭祐 小林隆 森口瑤子 / 田中圭
近藤正臣
◆原作:柊あおい「耳をすませば」(集英社文庫<コミック版>刊)
◆監督・脚本:平川雄一朗
◆音楽:髙見優
◆主題歌:「翼をください」杏(ソニー・ミュージックレーベルズ)
◆配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント/松竹
◆撮影期間:2020年3月〜4月(第1期)、2020年7月〜8月(第2期)、2021年10月(第3期)、2022年5月(第4期)
◆公開表記:10.14 ROADSHOW
◆公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/mimisuma-movie/
◆公式SNS Twitter:https://twitter.com/mimisuma_movie
instagram:https://www.instagram.com/mimisuma_movie/
(C)柊あおい/集英社 (C)2022『耳をすませば』製作委員会

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / シネマの新着記事一覧

PAGE TOP