Otajo -オタ女-

Today is
Feb 01 2023

記事

「2万年前の氷河期ですら平均気温は今より6°Cしか低くなかった」STUDIO4°Cが描く起こりうる未来・ディストピアの冒険物語 オリジナルアニメ映画『Future Kid Takara』(仮)テーマは地球温暖化

映画『鉄コン筋クリート』(06)、映画『海獣の子供』(19)、TV「ベルセルク 黄金時代篇 MEMORIAL EDITION」(22)を手掛けてきたSTUDIO4°Cは2025年に向けて、地球温暖化をテーマにした完全オリジナルアニメーション映画『Future Kid Takara』(仮称)を、アニメ制作現場でのCO2削減に取り組みながら制作することに挑戦することを発表。

2022年4月に公表されたIPCCの第6次評価報告書では、いま人類は、1.5°Cに気温上昇を抑える軌道には全くのっておらず、今すぐに行動を起こし、2025年までに二酸化炭素の排出を減少に転じさせ、システムチェンジを実現しない限り、未来世代にとっては悲惨極まりない異常気象が頻発し、食料や水、難民の危機に見舞われる可能性が高いと強く警鐘を鳴らしています。

この映画が公開される2025年は、人類にとっての「地球を守るラストチャンス」とも言える重要な時期。地球環境が抱える深刻な問題と、今、脱炭素に向けた行動を起こすことの大切さを、教科書的なアプローチではなく、親しみやすい「アニメーション映画」を通して、世界各国の多くの皆さんへ地球の危機を知っていただき、未来の人々がこの地球に住み続けられるように願い、自分たちにできることの一つとして制作していくとのこと。

映画「Future Kid Takara」(仮)は、地球温暖化をテーマにした長編オリジナルアニメーション映画。脱二酸化炭素への啓蒙的な要素を基調に持ちながらも、「壮大な冒険に満ちたエンターテインメント」の物語で、最高峰の長編オリジナルアニメーション映画を目指します。

アメリカ「Kickstarter」によるクラウドファンディング実施

クリエイティブなプロジェクトに向けてクラウドファンディングによる資金調達を行う手段を提供している2009年に設立されたアメリカ合衆国の民間企業「Kickstarter(キックスターター)」を活用し、まずはパイロット映像の制作と、映画の制作の進捗をファンと共有するSTUDIO4°Cのファンコミュニティの作成するためのクラウドファンディングを開始します。

現在映画本編の制作費の出資を募っている最中ですが、パイロット映像があることで説得力が増し、より充実した作品を制作することができます。映画の公開に向けて、応援という形で参加してみてはいかがでしょうか。
(Kickstarter 「Future Kid Takara」プロジェクトページ
https://www.kickstarter.com/projects/studio4c/brand-new-original-animated-film-by-studio4c)

【映画『Future Kid Takara』(仮称) 制作の経緯】
私たちのスタジオでは、アニメーションを作っています。
毎日スタジオに通う中、去年も今年も、異常気象だと思う日は増えました。35°C以上の猛暑日が続いて、夏は通勤が大変です。ゲリラ豪雨なんて、昔はありませんでした。日本のあちこちで、豪雨や台風で家が何軒も流される大洪水が毎年のように起きています。

2025年までに、ある気温上昇のボーダーを超えると、もう戻れないかもしれないという番組を見た記憶があります。永久凍土が融けると、何かこわいことが起こりそうです。けれどもスタジオでは毎日アニメーションを作っています。

私たちは今まで、ほとんど何もしてきませんでした。そうしているうちに、ある日、そのボーダーは超えてしまうでしょう。
だから、私たちは、このアニメーションを作ることを決めました。ボーダーを超えてしまった世界は、アニメーションの中の世界だけにとどめたい。そのために、私たちはCO2を削減しながら、アニメーションを作ることに挑戦します。本映画は、そのボーダーを超えてしまった世界に生きる少年タカラの物語です。

『Future Kid Takara』
ディストピアの未来を舞台にした、アクション満載のファミリー向け映画。現代の少女サラが2100年にタイムワープし、主人公のタカラと一緒に地球温暖化の影響で荒廃した世界を生き抜く冒険物語。

【監督 佐野雄太 Yuta Sano コメント】
この作品は環境問題をテーマにした“SF冒険ファンタジー”です。
私たちの表現手段であるアニメーションは、その一人一人の心を動かし、世界を変える力があるのではないか?
そんな想いから生まれたのがこの『Future Kid Takara』です。
起こりうる未来をアニメの王道である冒険ファンタジーとして描いたオリジナルストーリー。
それを、STUDIO4°Cならではの独特な世界観で表現し、最高のエンターテインメントとして多くの人に楽しんでもらいたいと思っています。
そして、それを見た人の感動が世界の変化のきっかけになると信じています。
人々の心に響く、日本のアニメーションの力を見てください。
映画『Future Kid Takara』ぜひ、応援よろしくお願いします。

【企画アドバイザー 堅達京子 Kyoko Gendatsu コメント】
今、地球温暖化は大きな分岐点に差し掛かっています。すでに産業革命前から1.1°C上昇し、強大な台風や豪雨、世界的な山火事や干ばつなどの被害が相次ぐ気候危機に直面しています。温暖化の原因である化石燃料などから排出されるCO2を大幅に減らすことができなければ、2100年に地球の気温は2°C以上上昇し、そのことが引き金となって4°C以上も気温が上昇してしまう灼熱地球に突入してしまうリスクがあると科学者は警告します。
これを食い止めるには、気温の上昇を人類の防衛ラインともいえる1.5°Cに抑えなければなりません。しかしタイムリミットが迫っています。サッカーの試合で言えば、地球を救うゴールを決められないまま、延長戦後半か、アディショナルタイムに入っている・・・私たちは今、そんな大ピンチにいるのです。ゲームオーバーにだけは、絶対にしたくない。私はマスメディアの人間として、一人でも多くの人にこのことを知ってもらい、自分自身の行動を変えてもらいたいと思っています。
大きな期待をしているのが、気候変動をテーマにしたオリジナルアニメ映画『Future Kid Takara』です。アニメには、人を動かす力があると信じています。ぜひ一緒に応援しましょう!

【科学アドバイザー 江守正多 Seita Emori コメント】
地球の平均気温が4°C上昇した状態を、私たちはほとんど想像できていません。カナダや北欧が氷で覆われていた2万年前の氷河期ですら、平均気温は今より6°Cしか低くありませんでした。それを考えると、4°C温暖化した地球は今とは相当変わり果てた気候であるはずです。しかもその上に乗っているのが、格差と分断に満ちた脆弱な人間社会だとしたら。それは何世代も先の遠い未来の話ではなく、最近産まれた子供たちが生きている間にやってくるかもしれないことです。そして、私たちは今、そんな未来を避けられるかどうかの瀬戸際に立っています。私たちは普通に生活していると、自分自身がそんな歴史の重大局面に立たされた主人公の一人ひとりであることを、なかなか感じることができません。だから、物語の力が必要です。
映画『Future Kid Takara』は、2100年の未来に思いをはせる想像力と、歴史を選択する時代に生まれ落ちたことの実感を、私たちに与えてくれる、希望の物語になるでしょう。

映画『Future Kid Takara』
【スタッフ】
監督:佐野雄太
世界観デザイン・キャラクター原案:木村真二
企画アドバイザー:堅達京子
科学アドバイザー:江守正多
SF 監修:高島雄哉
アニメーションプロデューサー:長谷川舜
アニメーション制作:STUDIO4°C
プロデューサー:田中栄子
企画・製作:Beyond C.

関連記事:
公開1日で200万再生&コメント2万件超え!米津玄師×STUDIO4℃ 映画『海獣の子供』主題歌フルアニメMVが話題
https://otajo.jp/78914

AIの反乱はハリウッドの願望!? “ゆとり世代”でも行きたくなる宇宙!? アニメ『地球外少年少女』裏話たっぷり!磯光雄監督インタビュー
https://otajo.jp/105503[リンク]

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

アニメ / アニ漫の新着記事一覧

PAGE TOP