Otajo -オタ女-

Today is
Jun 02 2020

記事

TVアニメ『憂国のモリアーティ』『怪物事変』ビジュアル第1弾&メインスタッフ同時解禁


「ジャンプフェスタ2020」にてTVアニメ化決定が発表された『憂国のモリアーティ』と『怪物事変(けものじへん)』(「ジャンプ SQ.」にて連載中)のティザービジュアル第1弾&メインスタッフ情報が解禁となりました。

『憂国のモリアーティ』の監督は『ジョーカー・ゲーム』の野村和也さん、キャラクターデザインは『戦国BASARA』シリーズの大久保 徹さん、アニメーション制作は『PSYCHO-PASS サイコパス』『ハイキュー!!』等人気作を数多く手掛けるProduction I.Gが担当。

原作:<構成>竹内良輔
<漫画>三好 輝
(集英社「ジャンプSQ.」連載)
監督:野村和也
キャラクターデザイン:大久保 徹
アニメーション制作:Production I.G

<あらすじ>
19世紀末。産業革命が進む中、着実に勢力を拡大し栄華を極めたイギリス。しかし技術の進歩と発展とは裏腹に、古くから根付く階級制度によって、人口の3%にも満たない貴族たちが国を支配していた。当たり前のように特権を享受する貴族。
明日の暮らしもままならないアンダークラス。人々は生まれながらに決められた階級に縛られて生きている。
ウィリアム・ジェームズ・モリアーティは、そんな腐敗した階級制度を打ち砕き、理想の国を作り上げるために動き出す。
シャーロック・ホームズすら翻弄した“犯罪卿”モリアーティ。
犯罪による革命が、世界を変える――

公式サイトhttp://moriarty-anime.com[リンク]

(C)竹内良輔・三好 輝/集英社・憂国のモリアーティ製作委員会

人間(ヒト)と怪物(ケモノ)の間に生まれた半妖の少年の数奇な運命を描く『怪物事変』は、主人公・夏羽(かばね)のアニメビジュアルが完成。

監督は『終末のイゼッタ』の藤森雅也さん、シリーズ構成・脚本は『PERSONA5 the Animation』の木村 暢さん、キャラクターデザインは『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』キャラクター作画監督の立花希望さん、アニメーション制作は『終末のイゼッタ』の亜細亜堂が手掛けます。

メインキャストや放送時期など続報をお楽しみに!

原作:藍本 松(集英社「ジャンプ SQ.」連載)
監督:藤森雅也(「終末のイゼッタ」映画「おまえうまそうだな」)
シリーズ構成・脚本:木村 暢(「もっと TO LOVEる-とらぶる-」「PERSONA5 the Animation」)
キャラクターデザイン:立花希望(「クラシカロイド」 「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」キャラクター作画監督)
アニメーション制作:亜細亜堂(「かくしごと」「終末のイゼッタ」)

【INTRODUCTION】
古来よりこの世に潜み、人に見つからないように人と関わり合って生きる“怪物”(けもの)。
しかし現代では人と必要以上に深く関わろうとする…例えば子供を作ろうとするケースが多数報告されるようになった。
そんななか、東京で怪物専門の探偵をしている隠神(いぬがみ)は、動物の変死事件が起きている、とある田舎の村に呼ばれてやってきた。村を訪れた隠神は、そこで一人の少年と出会う。

公式サイト kemonojihen-anime.com[リンク]

(C)藍本松/集英社・「怪物事変」製作委員会


その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

アニメ / アニ漫 / 漫画の新着記事一覧

PAGE TOP