Otajo -オタ女-

Today is
Nov 28 2021

記事

CGと見間違うほどリアル過ぎ!毎日4時間以上の特殊メイクの裏側 映画『ほんとうのピノッキオ』メイキング映像

米・アカデミー賞(R)にて衣装デザイン賞/メイクアップ&ヘアスタイリング賞の2部門にノミネートされ、2021年11月5日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開する、残酷な原作童話を忠実に描くダークファンタジー映画『ほんとうのピノッキオ』(原題:『PINOCCHIO』)より、丸太棒から生まれたピノッキオが完成するまでの特殊メイクの過程を捉えたメイキング映像が公開となりました。

1883年に出版されたイタリアの作家カルロ・コッローディの「ピノッキオの冒険」は、100年以上にわたって世界中で読み継がれてきた児童文学で、ディズニーによるアニメーションも広く親しまれてきた。現在、ギレルモ・デル・トロ、ロバート・ゼメキスによる新作も進行中だ。しかし誰もが思い浮かべるのは“嘘をつくと鼻が伸びる”エピソードであり、この名著の主人公の実像を知る人は少ない。無邪気な操り人形に見せかけて、実は行く先々でトラブルを巻き起こす、“悪童”だということを――。

丸太棒が変身したピノッキオの奇想天外な大冒険を『ゴモラ』の鬼才マッテオ・ガローネが原点に回帰して、斬新にビジュアライズ。旅の途上に登場する世にも奇妙な生きものたち、人生の不条理や社会風刺を盛り込んだ寓話的なストーリー展開を、圧倒的な映像美で描き出した。本国イタリアで公開されるやその年公開のイタリア映画 No.1の動員を記録し、オスカー候補にも名を連ねた。絢爛にして驚きに満ちた、まさに大人のためのおとぎ話と呼ぶにふさわしい、神秘的で驚きに満ちたダークファンタジーがここに誕生した。

本作の大きな見どころであるピノッキオやクリーチャーたちの特殊メイクは、『ハリー・ポッター』シリーズや『ボヘミアン・ラプソディ』など多くの話題作を手掛け、『グランド・ブダペスト・ホテル』『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』で2度のアカデミー賞に輝いたマーク・クーリエが担当。

今回解禁となったメイキング映像では、マーク・クーリエやマッテオ・ガローネ監督が細部まで拘り尽くし、CGを用いずに特殊メイクによってつくられたピノッキオの制作過程の一部始終を切り取っている。

初期段階の構想イラストから、粘土や彫刻などを使用して数えきれないほどブラッシュアップを重ねた後、ピノッキオを演じたフェデリコ・エラピの輪郭に合わせて調整。最終的な造形に辿り着くまでにはなんと約1年もの月日を要したという。

デザインが固まった後は、ピノッキオを構成するパーツひとつひとつを制作していく。イメージしたピノッキオを忠実に表現すべく、木目の溝や年輪の一本一本など、その細かいニュアンスを驚くほど緻密に仕上げている。メイキング映像ではピノッキオの鼻や耳といったパーツがずらりと並んだ様子も垣間見えるが、それもそのはず、驚くべきことにそのマスクは一度しか使用ができない“使い捨て”のもの。

装着はもちろん、木目の色付けなど一回でも気の遠くなるような作業を毎回ゼロから実施。それを約3か月間の撮影期間中、毎日4時間以上かけて子役のフェデリコ・エラピへ特殊メイクを施したという。まさに“職人”と呼ぶにふさわしい、精密機械のようなメイク技術の高さはもちろん賞賛に値するが、そんな過酷な現場を駆け抜けた、撮影当時わずか8歳のエラピのプロ意識の高さはさらに驚愕である。


・CGと見間違うほどリアル過ぎ!映画『ほんとうのピノッキオ』ピノッキオができるまで[メイキング映像]
https://youtu.be/FjVvxbrWflg

ガローネ監督はエラピについて「彼はピノッキオという役を完璧に理解していた。本人の性格自体は(悪童である)ピノッキオとは正反対だったけど、一方でエラピの純粋な部分も生きていた。現場は大変だったけど愛情込めて演じきってくれたんだ!」と絶賛した。

さらに本作の特殊メイクに関して「観る人を驚かせ、新しい世界に引き込めるものにしたかった」と語るガローネ監督。唯一無二の世界観を作る上で最も重要と言っても過言ではない、ピノッキオの造形。その圧倒的なクオリティの高さに、是非注目していだきたい。

関連記事:
残酷な原作童話を忠実に描くダークファンタジー映画『ほんとうのピノッキオ』妖精やクリーチャー……美しく神秘的な予告映像公開
https://otajo.jp/102479

『ほんとうのピノッキオ』11月5日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国ロードショー
【STORY】
あなたはまだ知らない、本当のピノッキオをー
貧しい木工職人のジェペット爺さん(ロベルト・ベニーニ)が丸太から作った人形が、命を吹き込まれたようにしゃべり始めた。ピノッキオ(フェデリコ・エラピ)と名付けられたやんちゃな人形は、ジェペットのもとを飛び出して、森の奥深くへと誘われる。道中、ターコイズ・ブルーの髪を持つ心優しき妖精の言いつけにも、おしゃべりコオロギの忠告にも耳を貸さない。なおも命からがらの冒険を繰り広げるピノッキオは、はたして「人間の子どもになりたい」という願いを叶えられるのだろうか……。
この悪童、“やんちゃ”じゃ済まされない。

監督/共同脚本:マッテオ・ガローネ(『ゴモラ』『五日物語 3つの王国と 3 人の女』)
プロデューサー:ジェレミー・トーマス(『戦場のメリークリスマス』)
出演:ロベルト・ベニーニ(『ライフ・イズ・ビューティフル』)、マリーヌ・ヴァクト(『17 歳』)
後援:イタリア大使館/イタリア文化会館
原題:PINOCCHIO│2019 年│イタリア映画│シネマスコープ│上映時間:122 分│映倫区分:G│日本語字幕:杉本あり
配給・宣伝:ハピネットファントム・スタジオ
copyright 2019 (C)ARCHIMEDE SRL – LE PACTE SAS
happinet-phantom.com/pinocchio/[リンク]
公式 twitter:@Pinocchio_2021

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

アート / カル / シネマの新着記事一覧

PAGE TOP