Otajo -オタ女-

Today is
Oct 07 2022

記事

森久保祥太郎×梶裕貴 映画『あんさんぶるスターズ!!』インタビュー スターの階段を上り始め次のステージへ!主題歌やTVアニメの反響も

特別上映版『あんさんぶるスターズ!!-Road to Show!!-』(3月4日(金)より公開中)より、遊木 真役の森久保祥太郎さんと衣更真緒役の梶 裕貴さんのインタビューをお届けします。

本作は、2015年4月からサービスを開始した大人気アプリゲーム「あんさんぶるスターズ!!」(あんスタ!!)のアプリ連動完全新作ストーリー。

アンサンブルスクエアのアイドルたちが出演した映画がニューヨークで行われるアイドル映画の祭典「アイドルフィルムフェスティバル」(IFF)にノミネートされ、代表に選ばれたアイドルたちが授賞式に参加するため、ニューヨークへ向かいます。

代表アイドルとして参加する『Trickstar』(トリックスター)の遊木 真役の森久保祥太郎さん、衣更真緒役の梶 裕貴さんに、本作の見どころや主題歌について、さらにTVアニメの反響などたっぷりとお話を伺いました!

TVアニメ、ファンミで「あんスタ」の熱狂理由を実感!「真緒たちはこういう景色に勇気づけられて頑張っているんだな」

――まず、2019年に2クールに渡り放送されたTVアニメの反響をお聞かせください。

梶:リアルな温度感として感じたのは、やっぱり昨年開催された「Fan Meeting Tour」の時ですね。会場の皆さんの熱気に圧倒されました。コロナ禍ということで、お客様の発声は禁止されていた状況だったにせよ……それでも、その日をすごく心待ちにしてくださっていた雰囲気がひしひしと伝わってきて、本当に嬉しかったですね。僕自身も同じ気持ちだったので。アニメの振り返りコーナーで映像が流れた時なんかは、気持ちが昂りすぎて、ひそかに泣きそうになっていましたし(笑)。とても長い期間携わらせていただいている「あんスタ」が、ゲームからアニメになり、そして今回いよいよ映画版になったということで、その喜びも一入ですね。ここまで作品を育ててきて下さったプロデューサーの皆様に、心から感謝しております。ありがとうございます。

初めてアニメになり、声がついて、キャラクターたちが動いて……というのを観た時、改めて「彼らは生きている!」と感動したことを覚えています。ゲームの収録は、基本的には1人で行うものなので、皆で一緒にアフレコすることによって、「あんさんぶるスターズ!」という作品全体の魅力がわかったような気がしましたし、「このメンバーで頑張ってきたんだな」ということが感じられて、ますます思い入れが強くなりましたね。自分が演じるキャラクター以外のドラマも、すごく身近に感じられるようになった気がします。

――顔を合わせると改めて思うところはありますよね。

梶:そうですね。自分だけでは生み出しきれなかったようなキャラクターの個性も、その場でセリフを掛け合うことによって引き出してもらえたりするので、あのタイミングで全員揃ってアフレコが出来たことは、その後の役作りにも確実に活きているなと感じています。

イベントでの時間も本当に素敵で。楽しいのはもちろん、会場を見渡した時に「ああ。真緒たちはこういう景色に勇気づけられて頑張っているんだな」とか、逆に「会場の皆さんは、こういう熱量で真緒たちのことを応援してくれているんだろうな」と感じられたのが、とても良い刺激になりましたね。アイドルの皆さんは、この景色を目指して、それを届けたくてやっているんだな、と実感が湧きました。

森久保:元がアプリゲームから始まったので、最初に声を収録して、そこからリリースまで時間があって、僕らが実際に演じて関わったところからタイムラグがあっての反響がまず最初にゲームであって。

それが、僕らが作品のキャラクターに触れたところからタイムラグがある中で、どんどん雪だるま式に盛り上がっていったわけですよ。正直なところ、プレイしている皆さんのほうが、僕らよりも僕らのキャラクターと一緒にいる時間が長いのは当たり前じゃないですか。ずっと毎日プレイしてくれていて。

梶:確かにそうかもしれませんね。最初は、僕らの声がついていないセリフもありましたもんね。

森久保:そう。だから、「なんか、すごいことになってるな!あんスタ!」という印象で。「遊木真くん好きです!」「あんさんぶるスターズ!好きです!」というリアクションをいただくたびに、僕らがやっている仕事としてゲームで関わっているのって、その段階ではまだ収録が一瞬で。

梶:一回の収録につき、短いものだと数十分程度で終わってしまいますからね。

森久保:そこから始まって、しかもタイムラグもあったので、どんどん作品と皆さんの熱が先に行って、演じさせてもらっているんですけど、そこに自分が追いついていないみたいな、少し気後れをしていたんです。「なんかすごいことになっちゃったな」みたいな。

それがあった中で、TVアニメでキャストが一堂に会せて、共演者同士で演じられた。今まで台本上でしかキャラクターを感じられなかったものが、実際にみんなの芝居で感じられた瞬間に、やっと自分も追いつけたのと同時に、イベントに出ていたり番組をやっていた、より「あんスタ」に詳しいキャストもいたから、そこでの情報交換も含めて、この作品がここまで支持していただける、「なんなんだ、この熱狂は!?」の意味がわかりました。

セリフを掛け合ったことで、自分の遊木真としての『Trickstar』での立ち位置や演技・歌の活動に、最終的なチューニングが合わせられました。そういう意味で、あのタイミングでアニメをやらせてもらったのは、すごく僕にとっても大事な体験だったし、それを通じて、皆さんがなぜここまで盛り上がっていただいているかの意味も体感できました。

――TVアニメを経てから、今の最新ゲームでアフレコをされて、変化はありましたか?

森久保:ありましたね。

梶:そうですね。もちろん、すべてのキャラクターと絡むわけではないんですけど、それでも、僕らでいえば『Trickstar』のメンバーを中心に、関係性の濃いキャラクターとの会話のイメージが段違いに湧くようになったので、セリフのかけ方ひとつとっても全く違うリアリティが生まれたんじゃないかなと思っています。

森久保:もう頭の中にみんなの声が聴こえてきますからね。

――それはTVアニメを経てからの大きな違いですね。では、今回の特別上映版で見られる真や真緒の新しい表情や一面はどんなところでしょう?

梶:真緒に関しては「ゲームではあった描写かもしれないけれど、映像として表現されたのは初めて」みたいなカットが多かった気がします。なので、「アニメとしてようやく観られた!」という感覚が強かったのかもしれません。そこは、やはり嬉しかったですね。真との絆という面に関しても、ゲームではもちろん、TVアニメでも描かれてはいましたけど、今回はよりその点に特化している印象があったので、真のことも真緒のことも、「ああ、あいつららしいな。二人のそういうところ良いよな」と思えるような内容だったのかなと感じています。

加えて真緒で言えば、凛月との他愛ないやり取りが、ようやくアニメーションとして観られるのが嬉しかったですね。二人の関係性を知ってはいても、これまで実際に会話しているところを観る機会は、なかなかなかったので。僕と(凛月役の)山下くんの念願が叶ったようなところがあるかもしれません(笑)。映画を観て、改めて「今後、この幼馴染二人のドラマを深く描いてほしいな」という思いが大きくなりましたね。

――ファンの皆さんには注目ポイントですね。

梶:はい。微笑ましいシーンになっているかと思います。なので真緒的には、真との信頼関係、そして凛月との幼馴染の関係、というのが一番大きな見どころかなと思います。

森久保:梶くんの言うように、本当にいろんなキャラクターのそういった“知っていたけど可視化出来ていなかった部分”というのが見えています。真でいうと、泉さんとの関係性って、今までちょっと突飛な部分が多くて、ひとつのネタのようになっていたけれど、実際の普段の距離感って僕自身もあまりわかっていなかった部分があった。それが泉さんの日常的な部分も描かれていたり、そういう場面での真との距離感もあって。だから、ニュートラルな状態がわかったし、それがあっての、あの突飛なやり取りか、みたいなこともわかりました。

あとは、真の努力家な部分というのは僕もイメージとしては持っていたけれど、その描写が今回見られるし、他のキャラクターたちもそうなんですけど、“今まで知っているけれど見たことがない”という魅力が色々見られる。「そこ、ちゃんと出してくるんだ!」と、またみんなのことがすごく好きになると思うし、各キャラクターのイメージが、より深くなると思います。

――劇中でIFF出品映画の映像が流れるので、アイドルたちが演じている姿をアニメーションで見られるのも新しいかなと思います。

梶:そうですよね。役を演じているわけですから、普段の彼らとは違うので。特に真は、かなり印象が違うんじゃないかなと思います。

――真くんはアクションシーンもあったり。

森久保:努力しているんです。

梶:本当に。その真が評価されたというのが、真緒を演じる僕としても嬉しかったです。……まあ、真緒はそこまで劇中映画に出演していないんですけど(笑)、でも「そういう機会をもらったんだから、せっかくなら行こうぜ!」という言い方で、真に変な気を遣わせず、彼が評価されるべき場所に連れて行ってあげるというのが、実に真緒らしくて。かっこいい。視野が広くて本当に優しい男ですよね。これまで二人がどれだけ頑張ってきたかを知っているからこそ、その絆にグッとくるんです。最高にいい仲間、いい友達ですよ。真と真緒は。

森久保:あとは、TVアニメは学園生活を描いていたけど、そこから次のステージにこの子達は行ったかも……という、ちょっと大人になったみんなというか、環境が変わった。

梶:そうですね。文字通り“スターへの階段を上り始めているな”という感じがしました。ここも胸震えますよね。そして今回は、そんなメインのドラマと並行して、学校やライブだけじゃない、等身大の男の子たちの日常も描かれているところも見どころかと! わずかな時間ではあるけれど、ニューヨークの街を散歩したり、観光したり、バスケしたり。そういうところにすごくほっこりしましたね。ずっと戦っているだけじゃないんだよ、みんな人間なんだよ、っていうのが(笑)。

森久保:学生から一歩、社会に出たんだな、というのがすごく良いですよ。こういう描写が続いて、改めてTVアニメを観たら、懐かしくて泣いちゃうかもしれない。青春だな~!こんな学生時代だったな、みたいな(笑)。その入口にいる感じ。

――あと、あの学園がちょっとピリピリしていますしね(笑)。

森久保:すごいでしょ(笑)?

梶:本当ですよね。本来アイドル育成ゲームのはずなんですけど……いざ蓋を開けてみると「学院を革命する!」とか「ライブで戦う!」みたいな設定で。何回目かの収録で台本をもらった時に「あれ?こんな雰囲気のゲームだっけ……?」と思いましたもん(笑)。

最初の収録では、全ての台詞にボイスがつく形ではなかったので、その段階ではそんな不穏な気配に気づくことはできず……。次の収録の時には、もう「あんスタ」は大人気コンテンツとなっていて、そのピリピリ感も常識みたくなっていて(笑)。そう考えると、改めて今回の映画は、そういった特殊な世界観とは別の、本当にアイドルらしい1日をご覧いただけるのかなと思いますね。ご安心ください(笑)。彼らのオンとオフ、その両面を楽しんでいただければ!

森久保:でもゴージャスですよ、本当にいろんな意味で。アクティブでゴージャス! 劇場版だな~!というスケールの大きな展開になっていきます。僕は朔間零がカッコいいなと思いました。本当に良く出来てる。ちょっとスリリングな展開もあって、それが今までTVアニメでやっていたような意味のスリリングじゃなくて、スケール感が大きくなった、劇場版っぽいな~!スクリーンで観たいな~!みたいなアクティブな展開で魅力的ですね。

――梶さんはオフィシャルコメントで真緒のバスケシーンも見どころとして挙げていましたね。

梶:はい。真緒はバスケ部と言いつつ……これまで、なかなかバスケをしている姿が見られなかったので、僕もテンション上がりました! 物語にとっても重要なポイントで、結構な尺を使って描かれていますし。

――本当に重要な長いシーンでありますよね!

梶:「真緒、バスケやってて良かったね!」と思いました(笑)。そのバスケスキルがなかったら、物語が展開していかなかった可能性もあるくらい大事なシーンなので……そこは、真緒ファンの皆さんにもご期待いただいていいのかなと思っています。他のキャラクターについても、TVアニメの時以上に深堀りされた“その人らしさ”が随所に表れているフィルムになっているなと感じましたね。

――今回、『SCREEN10 (スクリーンテン)』 として、主題歌「Life is so Dramatic!!」も担当されています。

梶:すごくカッコいい曲ですよね! 音楽はもちろん、個人的に僕は歌詞の内容にも共感できるなと感じました。真緒の担当しているパートも、実に真緒らしくて。

――それぞれの歌割りにも注目してほしいですね。

梶:これだけキャラクターがいる中で、それぞれの寄り添った歌詞を書いていくのは、それだけでまず大変な作業に間違いはないんですれけど……その上で、それを絶妙に振り分け、「なんとか全員の想いを汲んで作りたい」と、全てのキャラクターへ愛を注いでくださっている感じがすごく嬉しくて。

個人的に、今回の楽曲で言えば「今日は誰かのエキストラ 自分次第だね」という歌詞が、真緒と重なる部分があって印象的でした。今はもう、彼はハードルを乗り越えましたけど、まさに“自分よりも誰かを助けたい”と、その気持ちを優先してしまいがちなのが真緒ですからね。実に彼らしい表現が詰め込まれているなと。どこかネガティブに聞こえがちな言葉かもしれませんが、でも「それも捉え方ひとつだよね」と思えるようになったのが、真緒の進化を物語っているような気がして。今では「自分もスターになる、アイドルになるんだ」という彼の中の強い闘争心すら感じます。そんな決意や覚悟が、この「自分次第だね」という言葉に表れているのかと。この歌詞が真緒のパートになったことが、個人的に胸熱です。

あとは、終盤の「表現者の意地で感動さえじれったい 止まればそこまでと焦燥を味方に ここからまだまださ」という歌詞に痺れましたね。僕自身、結構そういったメンタリティで仕事をしている部分があるので、全体を通して「Life is so Dramatic!!」の世界観は好きかもしれません。タイトルからして華々しくて、スケールがデカくて、まさに今回の映画にぴったりな楽曲だなと感じています。

元々の人間性がどうであれ、表舞台で戦うことの壮絶さというか……「そのくらいの覚悟がないとやっていけない世界なんだ」というのを、キャラクターたちも感じながら頑張っているんだなと想像すると、グッときますね。

森久保:曲もストリングスが入って、オーケストレーションのキレイな壮大な感じで、ニューヨークが舞台の映画の世界観にピッタリですね。ゴージャスさが出ていて。ただ、転調が多くて歌うのがすごく大変だったんですけど(笑)。

梶:ですね……(笑)!

――でも、転調が好きな人は多いので!

森久保:好きな人多いよね。すごくゴージャスなスケール感の曲になっていると思います。

――長くシリーズを演じられてきて、担当キャラや『Trickstar』の魅力は改めてどんなところだと思いますか?

森久保:真は、僕自身も演じていて応援したくなる。まだ未成熟な感じが応援したくなるし、たぶん自信がないという部分もあるんだろうけど、努力で積み上げていくタイプだから、いろんなことを経験してきて少しずつは変わっているんですけど、根本はある種コンプレックスだったり、そういったものが彼をすごく成長させている部分だと思うので、それを見守ってあげたくなります。

『Trickstar』は、真緒の存在が一番下で支えてくれている感じがしていて、そこに明星くんのキラキラした感じ、そして北斗のストイックかつミステリアスなキャラがある中で、真はすごく一般的な目線で「大丈夫かな?」と心配していたり、一番ニュートラルな感情のところを担って、でも他の3人から刺激をもらって僕も頑張るんだ、という、常にどこか浮遊しているエネルギーというか。確固たる3人の存在感とはまた違う、常に揺れている感じがしていて。『Trickstar』はそんなみんながひとつに居られるところが魅力かなと思います。

――真くんもそうですけど、冷静に俯瞰して物事を見ることができるメンバーですよね。

森久保:情報収集能力もあるし、そういう面はあると思います。だから、今日のジャケットには目のモチーフを付けてきたんです(笑)。

梶:そうなんですか……(笑)?

――そうだったんですね!すごくインパクトのあるお衣装だなと思いました(笑)。

梶:本当かな……(笑)。

――梶さんはいかがですか?

梶:先程もお話ししたように、真緒はすごく周りを見渡す能力に長けていて、今自分が何を求められているかがすぐにわかる人。そして、それを実際の行動に移せる人だと思うんです。僕自身、そう考えがちなタイプなので、彼は本当に共感できるキャラクターです。ただ、真緒のほうが全然大人だなとは思いますけど(笑)。

真緒はこれまで、アイドルとして、芸能界やステージを舞台に華々しい活躍をしていく存在としては、少し優しすぎて、我が弱い部分があったかもしれない。けれど、TVアニメでの物語を通して、改めて自分と向き合い……そして仲間たちの存在があって、ようやく葛藤を乗り越えることができました。周りをサポートできる視野の広さはそのままに、そこに加えて、自分が何をしたいか、何をすべきかを意見し、実行できる人になれたのです。

誰と居ても、誰と組んでも、相手の魅力を引き出し、輝かせられる。そして、自分も輝ける人。……それって、もう最強じゃないですか?(笑)。僕は、真緒がいつの日か究極の、唯一無二のアイドルになってくれると確信しています。

――ありがとうございました!

▼ヘアメイク
<森久保祥太郎>矢崎麻衣
<梶裕貴>中山芽美(e-mu)
▼スタイリスト
小田優士 (Creative GUILD)

関連記事:
劇場版アニメ『あんさんぶるスターズ!!』こだわりやサプライズ満載!?キャスト登壇先行上映会レポート
https://otajo.jp/105868

劇場版アニメ『あんさんぶるスターズ!!』ついに本予告&人気声優10名が歌う主題歌解禁!
https://otajo.jp/105020[リンク]

投票数5万票超え「あんスタ」ファンが選ぶおすすめ曲『お願い!ランキング』アニソンBEST放送!未公開シーン含む完全版を配信 16位~30位はYouTubeで発表
https://otajo.jp/100761[リンク]

※Otajoとガジェット通信は姉妹サイトです。

作品概要

<ストーリー>
アンサンブルスクエアのアイドルたちが出演した映画『桃源郷偶像拳』、『真夜中の BUTLERS』、『La Mort』が、毎年ニューヨークで行われるアイドル映画の祭典「アイドルフィルムフェスティバル」(IFF)にノミネートされた。授賞式に参加するため、代表に選ばれたアイドルたちはニューヨークへ向かうことに。
彼らは映画祭やレセプションパーティーに参加したのち、授賞式前に束の間の観光を楽しもうと、ニューヨーク市内の様々な場所に出かけ、満喫するが、そんな彼らに怪しい影が忍び寄っていたのだった…。

<キャスト>
遊木 真:森久保祥太郎/衣更真緒:梶 裕貴/白鳥藍良:天﨑滉平/礼瀬マヨイ:重松千晴/乱 凪砂:諏訪部順一/葵 ひなた:斉藤壮馬/桜河こはく:海渡 翼/朔間 零:増田俊樹/瀬名 泉:伊藤マサミ/朔間凛月:山下大輝 ほか

<スタッフ>
原作:Happy Elements/監督:菱田正和/チーフディレクター:中谷亜沙美/特技監督:三室健太/
脚本:木野誠太郎(Happy Elements)/キャラクター原案:Happy Elements/アニメーションキャラクターデザイン・
総作画監督:飯塚晴子/アニメーションキャラクターデザイン(TV シリーズ):下谷智之、長田絵里/美術監督:宮本実生/
色彩設計:鈴木依里/撮影監督:上條智也/編集:長谷川 舞/音楽プロデューサー:桑原 聖/音楽:加藤達也/
音響監督:濱野高年/アニメーション制作:david production

タイトル:あんさんぶるスターズ!!-Road to Show!!-』
2022 年 3 月 4 日(金)全国ロードショー!
配給:バンダイナムコアーツ
(C)Happy Elements K.K/あんスタ!!アニメ製作委員会
公式サイト http://ensemblestars-anime.com/rts/[リンク]
アニメ公式ツイッター @stars_animation

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

アニメ / アニ漫 / ゲーム / の新着記事一覧

PAGE TOP