Otajo -オタ女-

Today is
Dec 07 2022

記事

映画『漆黒天 –終の語り-』入場者プレゼント解禁&瀬戸康史・安井謙太郎・中屋敷法仁ら9名の著名人コメント到着

主演:荒木宏文、脚本:末満健一、監督・アクション監督:坂本浩一でおくる映画と舞台を完全連動させるプロジェクト【ムビ×ステ】の第三弾、映画『漆黒天 –終の語り-』(6月24日(金)公開)より、9名の著名人コメントと、入場者プレゼントが解禁。

映画公開日6月24日(金)~新宿バルト9ほかの上映劇場全館にて、数量限定で出演者それぞれの場面カットのブロマイドをランダムで1枚プレゼントすることが決定しました。

主人公・名無し(荒木宏文)、ヒロイン・喜多(小宮有紗)、ごろつきの邑麻兄弟の兄・二郎太(松田凌)、弟・三郎太(長妻怜央)、与力の玖良間士道(鈴木裕樹)、皿月壬午(小澤雄太)や嘉田蔵近(梅津瑞樹)が劇中でシリアスな表情を浮かべるシーンを切り取ったポストカードは映画の世界観に浸れるレアなもの! さらに、シークレットブロマイドもあり! 何が出るかは入場してからのお楽しみ!

9名の豪華著名人からのコメントも到着!

主演・荒木宏文さんと親交の深い瀬戸康史さん、本作の脚本家・末満健一さんが脚本を手掛ける舞台に出演歴のある七海ひろきさん、美弥るりかさん、そしてムビ×ステ第4弾に出演する安井謙太郎さん(7ORDER)と小林亮太さんや、過去にムビ×ステに出演した矢崎広さん、さらに末満健一さんの代表作『TRUMP』のコミカライズを手掛ける漫画家の はまぐり さんや、同シリーズ舞台の共同脚本を務めたことのある降田天さんや中屋敷法仁さんが、今作に熱いコメントを寄せてくれました。

・瀬戸康史
自分自身を見失うことは、人生で何度かは経験することだと思う。
そんな時何を信じて、どう行動すればいいのかわからなくなるし、これを幾度も乗り越えて人は大きくなっていくのだと思います。
切ない物語でしたが、僕はどこか希望を感じました。
そして、荒木さんのゾクっとする殺陣。
素晴らしかったです。

・安井謙太郎(7ORDER)
一足早く観させて頂きました。スピード感、ヒリヒリ感半端じゃないです。
荒木さん演じる名無しの謎が物語の後半から一気に明かされている感じ、痺れました。
個人的には鳥肌が立つタイプのラストシーンが好みなので、堪らなかったです。
迫力の殺陣シーン是非劇場で。

・七海ひろき
最後まで観た感想は、「もう一度観たい」です。
名無しの素性を追いかけていくと、次から次へと思いもよらぬ展開があり、瞬きを忘れてしまうほどでした。このドキドキを是非味わっていただきたい。
そして、連動している舞台では何が語られるのか…気になって仕方ありません!!

・美弥るりか
悲しい真実と連続する衝撃、後半に増すスピード感。末満さんの緻密に計算された深い世界観。舞台「漆黑天 -始の語り-」への期待値が増すばかりでした。

・矢崎広
1人の記憶を無くした男。彼を取り巻く大きな謎が、物語をゆっくりと孤独という漆黑で飲み込んでいくような感覚でした。
先の読めない物語の中にある謎や違和感が、どんどん一つに繋がっていき、後半は終始息を呑みながら観てしまいました。
ぜひ多くの方にこの作品の「漆黒」を体感していただきたいです。

・漫画家:はまぐり
駆け抜けるようなストーリーと、ラストの彼の表情が印象的でした。
彼が何者であるのか。是非皆さんも見定めてください。

・小説家・推理作家:降田天
時代劇で育ち、東映特撮オタクとなり、末満ファンでもある自分にとって、待っていました! という映画。坂本アクション×末満脚本×和田ミュージック! 最高か!
時代劇のおもしろさを再確認するとともに、新たな可能性も感じました。漆黑の結末をぜひ劇場で見届けてほしいです。

・小林亮太
哀しい戦いでした。日々、僕らが目にする衝突にも、第三者が簡単に分かり得ない正義がそれぞれにあるのだと、突きつけられた気がします。映画だから描ける衝突の在り方が好きでした。「漆黒天」皆さまもぜひ劇場で。

・演出家・劇作家・劇団「柿喰う客」代表:中屋敷法仁
舞台の緊迫感と映画のド派手さが融合した、まさにエンタメのフルコース!俳優が!物語が!アクションが!どこをとってもボリューム満点!
爽快感あふれる劇体験、ぜひ映画館で味わってください!
僕の個人的な推しは「邑麻兄弟」です(笑)!!

関連記事:
なぜ記憶がない?なぜ強い……脚本:末満健一×監督:坂本浩一 ムビ×ステ映画『漆黒天 –終の語り-』本予告映像解禁
https://otajo.jp/107346

ムビ×ステ第三弾 荒木宏文主演映画『漆黒天 –終の語り-』小宮有紗・松田凌・長妻怜央が参加!橋本祥平・梅津瑞樹ら全キャラビジュアル解禁
https://otajo.jp/107162[リンク]

『死神遣いの事件帖』十蘭ヒロイン説も百目鬼が一番イイ女!? 舞台側からのカメラアングルは必見!崎山つばさ・安井謙太郎・陳内将・毛利亘宏座談会
https://otajo.jp/93346[リンク]

【ストーリー】
「この町で……俺を見たことはないか?」ぼろを纏った男(荒木宏文)が江戸の町に現れた。
男はなりゆきから喜多(小宮有紗)というコソ泥女を助ける。喜多は「助けてくれた」お礼にと、記憶を失くした男に<名無し>の名を与えて、狂言作者の玄馬(唐橋充)、ごろつきの邑麻兄弟(松田凌・長妻怜央)らを巻き込みその素性の手がかりを求めはじめる。
現状で名無しについてわかっている事実は、どうやら自分は謎の剣客たちに命を狙われている、ということ。
しかもその度に圧倒的な剣技で返り討ちにしてきたらしい。なぜ自分がこれほどまでに強いのかも思い出せない。
だが、町で悪事の限りを尽くしてきたという<日陰党>の名を聞いた時、記憶の中にただひとつ残る<愛する者の死に際>が思い出される。
同じ頃、与力である玖良間士道(鈴木裕樹)や皿月壬午(小澤雄太)はある計画を実行に移そうとしていた。
愛する者の死の記憶、尋常ならざる剣の腕、その命をつけ狙う謎の刺客たち
……どうやらこの男には、何かある。

映画『漆黒天 -終の語り-』
2022年6月24日(金)
新宿バルト9ほかにて公開

出演 :
荒木宏文
小宮有紗 松田凌 長妻怜央(7ORDER)
橋本祥平 松本寛也 / 小島藤子
梅津瑞樹 小澤雄太 鈴木裕樹
唐橋充 / 宇梶剛士
脚本 : 末満健一
監督・アクション監督 : 坂本浩一

舞台『漆黒天 -始の語り-』
2022年8・9月
東京、大阪にて上演

出演 :
荒木宏文
松田凌 長妻怜央(7ORDER) 梅津瑞樹 / 小島藤子
橋本祥平 松本寛也 加藤大悟 安田桃太郎
小澤雄太 鈴木裕樹
作・演出 : 末満健一

公式HP : toei-movie-st.com
@2022 movie-st

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / シネマの新着記事一覧

PAGE TOP