Otajo -オタ女-

Today is
May 24 2024

記事

新章「黒いヒーロー編」突入!TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』陰を感じる緑谷出久ビジュアルに山下大輝「全てを1人で背負い戦う覚悟を僕は感じました」

新章「黒いヒーロー編」に突入した『僕のヒーローアカデミア』TVアニメ第6期より、「キャラクタースペシャルビジュアル」企画の第5弾となる緑谷出久“デク”のビジュアルが公開されました!

コミックスシリーズ世界累計発行部数が8500万部を突破!「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中、堀越耕平氏による大人気コミック『僕のヒーローアカデミア』、通称“ヒロアカ”のTVアニメシリーズの第6期が毎週土曜夕方5:30に読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネットで好評放送中!(※一部地域を除く)

先週2月11日 (土)放送の6期第19話(通算132話)「全力!!」より、新章「黒いヒーロー編」がスタートしました。原作ではコミックス第32巻冒頭からの物語が描かれることとなります。第1クールで描かれた「全面戦争編」とはひと味違った雰囲気をまとった、原作読者の間でも高い人気を誇るエピソードです。

そのヒロアカTVアニメ第6期を更に盛り上げるべく展開している企画「キャラクタースペシャルビジュアル」の第5弾となる、緑谷出久“デク”のビジュアルが公開されました!

ヒーローvs敵<ヴィラン>の全面戦争を受けて荒廃していく社会の中、“巨悪”オール・フォー・ワンと死柄木弔が狙う力である“個性”「ワン・フォー・オール(OFA)」の継承者として、周囲の人間を誰も傷つけまいと1人で雄英高校を出て行ったデク。彼にしかできない、たったひとりの戦いとドラマが繰り広げられていきます。

今回公開されたビジュアルに描かれた姿も、これまでのデクとは様相の違う、陰を感じさせる印象的なものに。このビジュアルについて、デク役の声優・山下大輝さんがコメントを寄せてくれました。

「気になるところだらけですよね…。皆さんはどこに注目しましたか?演じている身としては彼の目がとても印象的でした。その瞳は何を見ているのか、何が映っているんだろうか…。これから先、全てを1人で背負い戦う覚悟を僕は感じました。そんなデクと共に僕自身もどうなろうとも、一緒に歩んで戦いたい!と強く思う事ができる、そんなビジュアルですね」

さらに、新章「黒いヒーロー編」スタートに合わせ、ファン・視聴者の皆さんにメッセージも寄せてくれました。

「『全面戦争編』を振り返ると、やっぱりワン・フォー・オールとオール・フォー・ワンを中心とした物語だったんだなと思います。その因縁が生む火花が大きくなって、世界を巻き込む戦いになってしまった。デクにとっては、ワン・フォー・オールの継承者としての使命がより鮮明になりました。『全面戦争編』での戦いと、歴代の継承者たちと話す中で、デクは「自分にしかできない」という想い、使命感を強くしたと思います。だから覚悟を決めて、そして周囲を巻き込むわけにはいかないと、1人で雄英を出ていきました。
クラスメイトのみんなは『なぜ言ってくれないんだ』って思っているだろうけど、デクは頑固ですから、自分の決めたベストだと思う道を行ったんだと思います。
僕は、先のあらすじは知らず、あえて収録ごとに台本を読んで展開を知るようにして臨んでいるのですが、このあとの物語は、本当にいろんなものを巻き込んでいくんじゃないでしょうか。1話見逃すと何が起きているかわからないくらい話が進んでいくだろうから、1話も見逃さないのが一番楽しい観方ですね(笑)。僕もデクと一緒に、彼のその時その時の気持ちを、その瞬間瞬間を全力で演じていきたいと思います」

そしてこのキャラクタースペシャルビジュアルは、毎週土曜夕方5:30のTVリアルタイム放送と連動して展開中のキャンペーン「読売テレビアニメ放送55周年特別企画 リアタイ視聴限定 プレゼントキャンペーン」にも後日登場予定。ヒロアカ6期のTVリアルタイム放送とデータ放送が連動し、テレビのリアタイ視聴でポイントがたまり、そのポイントでスペシャルビジュアルの限定グッズなど豪華賞品がプレゼント!

そのプレゼント内容は、なんとスペシャルビジュアルを使用した等身大のアクリルスタンド、ビジュアルでデザインされたクリアファイルやクオカードなど、このキャンペーンでしか手に入らないオリジナルグッズとなります。

2月25日(土)放送の6期第21話(通算134話)から第5弾「緑谷出久“デク”」のビジュアルのグッズが対象となります。詳しくは読売テレビホームページ内のヒロアカ番組ページにて(www.ytv.co.jp/heroaca/)。


・『僕のヒーローアカデミア』ヒロアカ6期PV第5弾「黒いヒーロー編」/OPテーマ:「ぼくらの」Eve/My Heroacademia 6th Season PV 05 “Dark Hero Arc”
https://youtu.be/OmQNta8waA4

『僕のヒーローアカデミア』第6期は、毎週土曜夕方5:30読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネットで放送(※一部地域を除く)。また、TV放送直後の18:00からは最新話がAmazon Prime Video、Huluにて見放題配信、読売テレビの動画配信サービス「ytvMyDo!」で見逃し配信がそれぞれスタート。その他動画配信サービスでも順次配信中です。

関連記事:
“ヒロアカ”ヒーローvs敵<ヴィラン>大型展示イベント『TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」ANIMATION展 -全面戦争編-』全国5都市で開催
https://otajo.jp/112400

「繋げ、希望を」『僕のヒーローアカデミア』TVアニメ6期ヒーローvs敵<ヴィラン>名シーンが詰め込まれた「全面戦争編」クライマックスPV公開
https://otajo.jp/111885[リンク]

作品情報

『僕のヒーローアカデミア』TVアニメ6期
毎週土曜夕方5:30放送中!
読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネット ※一部地域を除く

<ストーリー>
 デクたちの雄英2年目の春。エンデヴァーらヒーロー側と、死柄木弔率いる敵<ヴィラン>の巨大勢力・超常解放戦線のまさに“全面戦争”と言える戦いが幕を開ける。強化手術により恐るべき力を得た死柄木に対し、デクは“個性”ワン・フォー・オールで立ち向かう。死闘の結果、デクと死柄木、ヒーローと敵<ヴィラン>双方が大きなダメージを受け、死柄木の撤退により全面戦争は一旦の終結を見る。
しかし、人々が受けた甚大な被害と、「自分はエンデヴァーの息子である」という荼毘=轟燈矢の告白により、ヒーローへの信頼は揺らぎ、さらにオール・フォー・ワンの手引きで多くの敵<ヴィラン>が脱獄したことで社会は荒廃していく。

そんな中、“個性”の「ワン・フォー・オール」継承者としての使命感と、周囲の人間を危険に晒したくないという思いから、デクはひとり雄英を出ていく。クラスメイトたちに置き手紙を残して…。
 デクの、たったひとりの戦いが始まる―!

<スタッフ>
原作:堀越耕平(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)  総監督:長崎健司  監督:向井雅浩
シリーズ構成・脚本:黒田洋介  キャラクターデザイン:馬越嘉彦・小田嶋瞳  音楽:林ゆうき
オープニングテーマ:「ぼくらの」Eve  エンディングテーマ:「キタカゼ」SIX LOUNGE  アニメーション制作:ボンズ
<キャスト>
緑谷出久:山下大輝
爆豪勝己:岡本信彦 轟焦凍:梶裕貴 麗日お茶子:佐倉綾音 飯田天哉:石川界人
エンデヴァー:稲田徹 ホークス:中村悠一 ベストジーニスト:緑川光 オールマイト:三宅健太
死柄木弔:内山昂輝 レディ・ナガン:種﨑敦美 オール・フォー・ワン:大塚明夫
≪TVアニメ第1期~第6期 各動画配信サービスで配信中!≫
配信情報:https://heroaca.com/onair.html
<公式サイト/公式SNS>
アニメ公式サイト http://heroaca.com/ アニメ公式twitter http://twitter.com/heroaca_anime
アニメ公式Instagram http://instagram.com/heroaca_insta/  アニメLINE公式アカウント ID:heroaca_line
読売テレビ番組公式ホームページ http://www.ytv.co.jp/heroaca/
(C)堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

アニメ / アニ漫 / 漫画の新着記事一覧

PAGE TOP