Otajo -オタ女-

Today is
May 20 2024

記事

鳥山明原作アニメ映画『SAND LAND』メインキャスト&ボイス入り予告映像&豪華スタッフ公開

8月公開となる鳥山明先生の名作漫画を原作としたアニメ映画『SAND LAND』のメインキャストとボイス入り予告、メインスタッフ情報が公開となりました。

全世界で累計発行部数2.6億部という驚異的な人気を誇る漫画「ドラゴンボール」をはじめ、一世を風靡した「Dr.スランプ」、さらには大人気ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズのキャラクターデザインなど、数々の国民的作品・キャラクターを世に送り出してきた漫画家・鳥山明先生。

そんな鳥山作品の中でも“圧倒的完成度を誇る名作”と称される漫画「SAND LAND」が、20年以上の時を経て、宿願の映画化! 8月18日(金)に劇場公開となります。

「SAND LAND」は、魔物と人間が共存する、水を失った摩訶不思議な砂漠の世界を舞台に、悪魔の王子・ベルゼブブが、魔物のシーフ、人間の保安官・ラオと奇妙なトリオを組んで砂漠のどこかにある「幻の泉」を探す危険な旅に出る―というストーリー。

全1巻で完結する読み切りでありながら「冒険、アクション、ユーモアのバランスが完璧。鳥山明氏の魅力がすべて詰まっている」「鳥山先生の真骨頂である戦車とじいさんと冒険。ストーリーと絵のクオリティを存分に味わえる傑作」など、今なお熱く語り継がれている伝説の名作です。

今回アニメーション制作を手掛けるのは、「機動戦士ガンダム」「ラブライブ!」シリーズをはじめ、多くの大ヒットアニメを世に放ち続けてきたサンライズ。さらに、サンライズを中心に、今もっとも注目を集めるアニメーションスタジオ・神風動画と、ハイクオリティな3DCGアニメーションを得意とする ANIMA が加わった実力派制作チームの集結に、すでにファンからも期待の声が多数寄せられています。

メインキャスト発表

自称“極悪の悪魔”だが、人を殺めるようなことはせず、イタズラ好きで純粋な心の持ち主である主人公・ベルゼブブを演じるのは、特徴的なハスキーボイスで、「デジモンゴーストゲーム」「ベイブレードバースト ダイナマイトバトル」など、これまで多くの少年役やキャラクターの幼少期を演じてきた田村睦心さん。ワルの限りを尽くすワルでありながら、どこか憎めないベルゼブブを愛嬌たっぷりに演じます。

また、水不足にあえぐ人々を救うため、魔物に協力を求めて「幻の泉」を探す旅に出る初老の保安官・ラオを演じるのは、「ONE PIECE」、「進撃の巨人」といった人気アニメから、ジェイソン・ステイサムや、ヒュー・ジャックマンなどの吹き替えも担当するなど、深みのある低音ボイスで多くのファンを持つ山路和弘さん。映画やドラマ、舞台に俳優としても出演し、その幅広い活躍のすべてで高い評価を受ける山路が、初老ながら正義感が強く、圧倒的な戦闘力をもつラオを真摯に演じます。

ベルゼブブが旅のお供に選んだ魔物で、物知りなうえ、好奇心旺盛で盗みが得意なシーフを演じるのは、「ONE PIECE」のブルックや、「犬夜叉」の邪見をはじめとしたコミカルな役で、多くの作品で存在感を発揮してきたチョーさん。NHK 教育テレビ「いないいないばあっ!」のワンワン役でも知られ、長年にわたり“愛されキャラ”を演じてきたチョーが、本作でも3人旅をにぎやかに彩ります。

さらに、若く優秀な国王軍の将軍で、高い指揮能力を誇るアレ将軍は、「セサミストリート」のビックバードといった世界的キャラクターから、「テニスの王子様」の樺地宗弘、「Fate/Zero」キャスターなど演じる役柄の幅広さに定評があり、作品に一味も二味も彩を添えてきた鶴岡聡さんが演じます。

そして、「機動戦士 Zガンダム」のカミーユ役をはじめとした主役級の作品から、「名探偵コナン」の風見裕也役といった味のある脇役もこなし、さらには「ちびまる子ちゃん」の丸尾くんや、「おそ松さん」のダヨーンといった個性的なキャラクターまでを、見事に演じ分ける役幅の広さとその抜きんでた演技力で、昭和から現在までのアニメ界を支え続ける飛田展男さんが、本作では国王に取り入り、何十年も前からサンドランドを支配してきた極悪非道なゼウ大将軍として参戦! 人々の生命線である水を独占し、様々な策謀でベルゼブブたちに最大の敵を重厚感たっぷりに演じます。

ボイス入り60秒予告公開!

「この夏、最強最悪の悪魔が目を覚ます――」というナレーションからスタートした映像で、自称“極悪の悪魔”ベルゼブブが明かしたのは、【夜ふかし・朝寝坊・歯磨きをしない】というワル(?)っぷり!

「どうだ!かなりのワルだろ!」と話すベルゼブブと、隣で困惑するラオのやりとりは、鳥山明作品ならではのユーモアが満載でワクワクすること間違いなし…!

鳥山先生が当時の自分をすべて出し切って描いたという、個性豊かなキャラクター、精巧なメカニックの描写と実力派制作陣による、手に汗握るアクションシーンのハイクオリティなアニメーションが、60秒ながら、存分に伝わる映像に仕上がっています!



・映画『SAND LAND(サンドランド)』60秒予告【2023年8月18日(金)公開】
https://youtu.be/Jvf84dACGZ0

ハイクオリティな作品を作り上げるスタッフ陣も集結!

今回監督を務めるのは、「アマナツ」、「COCOLORS」といったオリジナル作品を手がけ、長年、神風動画で良質な作品を世に送り続けてきた横嶋俊久(よこしま・としひさ)氏。ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズでムービー監督も手掛ける横嶋監督が、本作でも腕を奮います!

さらに、「魔人探偵脳噛ネウロ」や「HUNTER×HUNTER」の監督として知られる神志那弘志(こうじな・ひろし)氏がディレクションアドバイザーとして参加するほか、「はたらく細胞 BLACK」や「うる星やつら(2022年版)」などの話題作も多く手がける森ハヤシ氏が脚本を担当します。

音響監督は「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズや、「ガールズ&パンツァー」をはじめとした代表作を何本ももつ大ベテラン・岩浪美和(いわなみ・よしかず)氏が担当。

そして、大河ドラマ「軍師官兵衛」、連続テレビ小説「半分、青い」などの国民的ドラマから、「ガリレオ」シリーズ、劇場版「名探偵コナン」のサウンドトラックをも手がける菅野祐悟(かんの・ゆうご)氏が本作の音楽を担当し、ストーリーと融合した音楽で本編を盛り上げます!

キャストコメント

◆田村睦心(ベルゼブブ役)
悪魔の王・サタンの息子で、ゲームや機械が好きな悪魔の王子。約 2500 歳。自称“極悪の悪魔”でイタズラはするが、人を殺めるようなことはしない。少年のように純粋な心の持ち主。人間とは比較にならない身体能力を持ち、他人の心を読んだり、脳で会話したり、悪魔故の能力もある。
【コメント】
鳥山明先生といえば子供の頃から大好きだった作品を生み出した方でとんでもなくすごい伝説の方で、オーディションでの音声を先生にも聞いていただけているなんて…それだけで夢のようでした。
アフレコに臨む段階でようやく実感がわきました。
『SAND LAND』はベルゼブブという悪ぶっているけど、ピュアで心優しい悪魔が主人公なのですが、彼の選択ひとつひとつがとても気持ちがよく、演じていて本当に楽しかったです。人間のラオとの信頼感や、シーフとの友情のような主従のような感じ、それ以外の登場人物や敵との遭遇、彼をとりまく奴らとの色々なやりとりがとてもワクワクし、観どころがたくさんです!
ぜひいろんな方に『SAND LAND』のベルゼブブという悪魔の良さを知ってもらいたいなと思いました!

◆山路和弘(ラオ役)
初老の保安官。ただの人間だが、正義感が強く、水不足にあえぐ人々を救うため、魔物に協力を求めて「幻の泉」を探す旅に出る。トンファーを駆使して戦う姿は、全く年齢を感じさせない。
昔の経験からか、戦車の扱いにも長けている。何か秘密を抱えているようだ。
【コメント】
ある人間の私利私欲に依る環境の破壊。大爆発により水が干上がり砂漠の世界となった。
そして今、幻の水源を求め旅に出るラオ、ベルゼブブ、シーフ。だが、ラオには苦い過去がある。
物語の所々に現れるラオの後悔の記憶は、この風景と同じ一滴の水も無い。死んだ妻の写真も焼失し、当時人気だったお陰で残った雑誌のグラビア写真を大事に持っている(ここ、私のお気に入り)。
ラオの豪胆にして寛容、正義感の強いロマンチスト振りが小気味良かった。
そして収録中、何度も胸が熱くなった。
鳥山先生の生きとし生ける物への愛情が心を潤してくれた。
皆さんも是非体感して欲しい。

◆チョー(シーフ役)
ベルゼブブのお目付け役の魔物。盗みが得意で物知り。サンドランドで起きた様々な知識を持っている。
ベルゼブブより少し年上で、見た目も老爺そのものだが、意外にも好奇心は旺盛。
当初はあまり乗り気ではなかった割に、旅の道中はしゃぐこともある。
【コメント】
気の知れた大好きな人達といっしょにお仕事が出来て幸せです。
『SAND LAND』という、水っ気のないカラッカラの世界ですが登場人物はみんなクセのあるコテッコテの人ばっかり。
どんな仕上がりになっているのか楽しみです!!

◆鶴岡聡(アレ将軍役)
国王軍の将軍で、ゼウ大将軍に次ぐ地位がある。若くて優秀で、30年前に亡くなった父親の後を継いで軍人になった。突発的な非常事態にも臨機応変に対応するなど、高い指揮能力を誇る。職務に忠実で真面目な一方、自身に非があれば素直に認める柔軟性を持つ。
【コメント】
映画化、おめでとうございます。
この生き方をしていて一度は飛び込んでみたいと願う鳥山明先生の世界に参加できて大変光栄です。
アレの実直さや、それ故の苦悩を自身と照らし合わせた時に、彼がとても愛おしく感じ、そして生きとし生ける者にとって不可欠な「水」というテーマと向き合った時、節水を更に真剣に考えられる様になりました。
僕は鳥山先生が描く車やロボット、それぞれが所持している機械などのメカが特に好きで、こんなのがあったらなぁと今でも思います。シリアスな中にギャグ要素もふんだんに盛り込まれた『SAND LAND』の世界を是非、映画館の最高の音響とスクリーンで一緒に楽しみましょう。

◆飛田展男(ゼウ大将軍役)
悪知恵が働く国王軍の大将軍。国王に取り入り、実質サンドランドを支配している。
水を独占し、様々な悪事を画策してきた。かなりの老齢だが、己の身体を機械化して命を長らえている。
どうやら過去にラオとの因縁があるらしい。
【コメント】
今回の僕が演じさせて頂いた役は、まさに絵に描いたような悪役『ゼウ大将軍』。
しかもその舞台は鳥山明先生の世界! 燃えます!ムラムラと内なるエネルギーが湧きまくります。
強敵ゼウを演じる身として「やり切れるのか?」「あの絵を受け止め、支え、弾けられるのか?」… と思いながらベルゼブブやラオたちと文字通りなりふり構わず走り抜いた『SAND LAND』ワールド。
ぜひとも映画館で、大画面・大音量でお楽しみください!元気が出ること間違いナシ、オススメです!

関連記事:
鳥山明がアシスタントなしで描いた名作漫画『SAND LAND』映画8月公開!キャラビジュアル&コメント解禁
https://otajo.jp/113612

強敵セル復活!? 最凶兵器セルマックス・オレンジピッコロ・孫悟飯ビースト初解禁キャラ紹介&映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』新PV公開
https://otajo.jp/108844[リンク]

“日常ドラゴンボール”で懐かしい!? 映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』神谷浩史&宮野真守インタビュー「答えはもう用意されていた」鳥山明が描くキャラの魅力とは?
https://otajo.jp/108825[リンク]

野沢雅子×古川登志夫「悟飯はお父さんの悟空よりもピッコロさんが大事」「実はピッコロが悟飯を好きでしょうがない」『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』敵役キャストに「手加減しろ」と言った過去も!?
https://otajo.jp/108578[リンク]

作品概要

<ストーリー>
魔物も人間も水不足にあえぐ砂漠の世界<サンドランド>。
悪魔の王子・ベルゼブブが、魔物のシーフ、人間の保安官ラオと奇妙なトリオを組み砂漠のどこかにある「幻の泉」を探す旅に出る―。

タイトル:映画『SAND LAND(サンドランド)』
アニメーション制作:サンライズ・神風動画・ANIMA
配給:東宝
監督:横嶋俊久
ディレクションアドバイザー : 神志那弘志
脚本:森ハヤシ
音響監督:岩浪美和
音楽:菅野祐悟
キャスト:田村睦心、山路和弘、チョー、鶴岡聡、飛田展男
公式サイト: https://sandland.jp/
映画公式 Twitter(日本版):https://twitter.com/sandland_pj_jp
(海外版):https://twitter.com/sandland_pj
映画公式 Instagram:https://www.instagram.com/sandland_project/
映画公式 TikTok:https://www.tiktok.com/@sandland_project
公開:2023年 8 月 18 日(金)全国東宝系にて
(C)バード・スタジオ/集英社 (C)SAND LAND 製作委員会

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

アニメ / アニ漫 / 漫画の新着記事一覧

PAGE TOP