Otajo -オタ女-

Today is
Apr 12 2024

記事

令和ヤクザ抗争に坂本龍馬・新選組ら幕末志士が参戦!舞台『仁義なき幕末 -令和激闘篇-』上演中

映画と舞台を完全連動させるプロジェクト【東映ムビ×ステ】の第五弾、舞台『仁義なき幕末 -令和激闘篇-』が2023年~5月7日(日)まで東京・サンシャイン劇場、5月18日(木) ~21日(日)まで大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて上演。

本作では、公開中の映画『仁義なき幕末 –龍馬死闘編-』の後日談が描かれます。

映画『仁義なき幕末 –龍馬死闘編-』は令和ヤクザの村田恭次(演・松田凌)が幕末にとばされ、自分をかばって亡くなった坂本龍馬になり代わり<日本の夜明け>を目指すという<タイムスリップ歴史スペクタクルムービー>。

その後日談となる舞台『仁義なき幕末 -令和激闘篇-』では、令和ヤクザの大友一平(演・和田琢磨)を中心に幕末志士たちが令和の現在を舞台に大暴れ! 一体<令和のニッポン>はどうなってしまうのか!? 令和のヤクザと幕末志士らをめぐる壮大なストーリーを映画と舞台で味わえます。

舞台版では、幕末での死闘を終え、ひとり令和の世に帰ってきた村田組のヤクザ・大友一平(和田琢磨)。心の傷も癒えぬまま、一平は敵対する錦旗会との抗争に身を投じていく。

そこへ、坂本龍馬(松田凌)、土方歳三(石黒英雄)、沖田総司(本田礼生)、原田左之助(小野健斗)、中岡慎太郎(赤澤燈)、桂小五郎(岡宏明)ら歴史上の偉人が現代にタイムスリップ。村田組と錦旗会に分かれ、幕末さながらの激闘を演じる。

前半の見どころは、アクションシーン。だんだら模様の羽織をまとった新選組が、スーツ姿の令和のヤクザと斬り合う“時空の入り乱れた”戦いは、本作ならではの光景。さらに歌とダンスを盛り込み、血生臭い任侠の世界にポップなアクセントを加えている。

そんなエンタメ色の濃い前半から一転、中盤以降は濃密な人間ドラマで観客を惹き込む。令和のヤクザと幕末のサムライ。生きる時代も環境も違うが、時代に取り残された悲哀という点では同じ。時代遅れのはぐれ者たちが、己の大義を懸けて血を流し合う姿は悲壮でありながら、どこか美しくさえある。

そして、そんな戦いの中で浮き上がってくるのは、本編の主人公・一平の孤独。上映中の映画で“ある罪”を犯した一平が自らの過ちにどうケジメをつけるか。そこに、物語の焦点が絞られていく。素直に本心を口に出せないのが、任侠の男。その不器用さが、悲劇を招く。大切なものほど傷つけてしまう男たちの愚直な生き様に胸が苦くなる。

タイムスリップというSF要素が盛り込まれているが、舞台上で繰り広げられる凄絶な任侠劇は、『仁義なき』という冠にふさわしいもの。任侠ものを愛する毛利亘宏氏らしく、『仁義なき戦い』へのオマージュを感じる演出も見られ、ヤクザ映画ファンにとっても歓喜の出来映え。そこに紡がれる坂部 剛氏の哀愁漂う音楽が、男たちの挽歌として観客の胸に響くだろう。

舞台『仁義なき幕末-令和激闘篇-』ストーリー

村田組 vs 錦旗会 壮絶な死闘の末に待ち受ける“仁義”とは?

ひとり令和に舞い戻った大友一平(和田琢磨)を待っていたのは、様変わりした京都の勢力図だった。
敵対する錦旗会の侵略により、今や村田組は風前の灯。錦旗会の幹部・若松総太郎(柏木佑介)らが次々と村田組のシマを錦旗会のものにしていく。一平の妹・小夜(水谷果穂)も錦旗会の会長・北園郷蔵(吉田メタル)の目にとまり、愛人にさせられようとしていた。

村田組の舎弟・尾崎水月(木津つばさ)らわずかに生き残った組員たちさえ村田組の終焉を覚悟する中、ただ1人、一平だけが組を守るために錦旗会を追放しようと奮起。そこへ、再び蘭月童子(荒川ちか)が現れる。

僕が、君の願いを叶えてあげるよ。そう言って童子が呼び出したのは、坂本龍馬(松田凌)。今度は、令和の世に龍馬がやってきたのだった。一平は龍馬に、共に錦旗会を打ち倒すことをお願いする。

さらに、土方歳三(石黒英雄)、沖田総司(本田礼生)、原田左之助(小野健斗)ら新選組に加え、中岡慎太郎(赤澤燈)、桂小五郎(岡宏明)らも令和にタイムスリップ。村田組と錦旗会に分かれ、ヤクザたちの抗争に幕末の志士たちが参戦することとなる。さらに幕末にタイムスリップしたはずの伊達唯臣(鈴木勝吾)の姿も。令和の京都を舞台に、幕末の争乱のような戦いと野望が繰り広げられる。

ヤクザと武士たちによる仁義なき死闘の先にあるのは一体…。

開幕コメント

【作・演出:毛利亘宏(少年社中)】
本作の見どころは俳優の一言に尽きると思います。『仁義なき戦い』シリーズの菅原文太さんや田中邦衛さんのように、これからの演劇界を背負って立つ俳優たちと意見を出し合い、一緒に頭をひねりながら作品をつくることができました。その光景はまさに“仁義なき稽古場”と呼んでいいと思います。
そんなクリエイティブな稽古場から劇場へと場を移し、今こうして初日の幕が上がりました。これから俳優それぞれのぶつかり合いによって、どんどん作品の可能性が膨らんでいくことを楽しみにしています。
20歳の頃、『仁義なき戦い』シリーズにどハマりしていた身としては、東映さんのもとで『仁義なき』と名のつく作品をつくれることが何よりの光栄です。その名に恥じぬ作品ができているのではないかと思いますので、ぜひご期待ください。

【大友一平 役:和田琢磨】
僕自身、若い頃から憧れてきた任侠の世界に自分が演者として携われることをうれしく思います。演出の毛利さんとご一緒するのは今回が初めてだったのですが、稽古序盤から自分の感じたことや思ったことを遠慮せずお聞きし、毛利さんも一生懸命耳を傾けてくださり、すごく対等な作品づくりができました。
もちろん舞台だけでも十分楽しんでいただけますが、映画とセットでご覧いただくことで、より楽しめる作品になっているんじゃないかなと思います。
大阪の千秋楽まで一人も欠けることなく全員で完走したいと思いますので、お忙しい中かと存じますが、劇場まで足を運んでいただき、僕らの熱量を感じていただければ幸いでございます。

【村田恭次(坂本龍馬) 役:松田 凌】
俳優をやらせていただいていると、自分が幼い頃より夢見てきた世界を演じさせていただくことがあります。それは、大きな責任を伴うものではありますが、そのプレッシャーとは各々の俳優陣が超えていかなければいけない壁であり、本作においても全員が熱き心を持ってこの『仁義なき幕末』に臨んでいます。
任侠と幕末が重なり合った世界を、我々俳優陣がどう演じるか、ご来場いただいた皆様に刮目していただければ幸いです。
映画から始まった東映ムビ×ステ『仁義なき幕末』もこの舞台をもって終わりを迎えますが、ここから幕が上がり、公演を重ねていくことで、さらに見出せるものがある気がしています。皆様に楽しんでいただけるように最後の最後まで板の上に立ちますので、ついてきてくださるとうれしいです。

【大友小夜 役:水谷果穂】
私は今回が初舞台になるので、どんな感じになるのか、初日を迎える今もまだドキドキしています。
見どころは、何と言っても殺陣です。ただ激しいだけではなく、それぞれのキャラクターの個性が出た殺陣になっていますし、お兄(和田琢磨)と恭次さん(松田 凌)が揃って戦うシーンは最強感があって、稽古場で見ながらすごいなあと圧倒されていました。
私自身の見どころとしては、歌うシーンがあるのですが、その中の1曲に毛利さんが「自分の中の精一杯のセクシーを出し切って歌詞を書いた」とおっしゃっている曲があります(笑)。私も最大限の色気を出せるように頑張りますので、ぜひ楽しみにしていてください。

【土方歳三 役:石黒英雄】
サンシャイン劇場で芝居するのが初めてなので、非常に楽しみなのと、来ていただく方が楽しめるよう新撰組の土方
歳三として、皆様に気持ちを届けたいと思っております。
ヤクザ抗争の中、現代にタイムスリップした新撰組をどう魅せていくか、新撰組の殺陣も現代とはまた違う恐さを出せたらと思っております。
その生き様を是非見届けてください。

【沖田総司 役:本田礼生】
ついに幕が上がります。
稽古の段階から、この作品を早く劇場に足を運んでくださる皆様に届けたいという気持ちが溢れていました。
今回自分は新撰組・沖田総司を演じさせていただいていますが、令和に来ての生き様は、この『仁義なき幕末』ならではの新撰組になったのではと思います。
それぞれの人物の想いがぶつかり合う、心が熱くなる作品になっておりますので、ぜひ劇場で感じていただけたらと思います。

【原田左之助 役:小野健斗】
内容の濃い刺激的な稽古の日々を過ごしていたらあっという間に初日でした。
この信頼関係のあるメンバーで創る最初で最後の作品だと思います。
僕にとって原田左之助を演じることは特別です。
皆様に楽しんでいただけるよう誠心誠意努めてまいります。

【尾崎水月 役:木津つばさ】
舞台『仁義なき幕末』、お客様に仁義を通す為に、グッと気持ちが昂るような作品を全員で創り上げてきました。どれもが貴重な瞬間や体験で、座組みの皆様とお客様と同じ空間に生きられることが楽しみで仕方ありません。
座長の背中をポンッと押せるように、キャスト一同、そしてスタッフの皆様と、最後の瞬間まで駆け抜けたいと思っておりますので、ぜひ劇場で体感していただきたいです。

【北園郷蔵 役:吉田メタル】
どーも!組長の北園郷蔵こと吉田メタルです。
今回は舞台からの参加で、しかも最終招集?な為、なんか気分は転校生。なのにヤクザの組長!
絶妙な精神バランスで稽古してきたこの作品。摩訶不思議なことが多いので、そこをいかに自然にお伝え出来るか? あとは組長だからこその自由!? 今回はそこにこだわりました(笑)。上手く伝わってるといいんですが…。
兎にも角にも、本日無事幕が開いたことを喜びつつもなにがあるかわからないこのご時世、千秋楽を無事迎えることはもちろん、少しでもブラッシュアップ出来るように、日々楽しみふざけます(笑)。
本日はご来場ありがとうございました!
                 
【蘭月童子 役:荒川ちか】
本日、舞台『仁義なき幕末 -令和激闘篇-』の初日を無事迎えられたこと本当に嬉しく思います。
初めての舞台で悩んだこともたくさんありましたが、心強いキャストの皆様が手を差し伸べてくださり、そしてスタッフの皆様のたくさんの協力があり、私は"蘭月童子"になれました。
これから千秋楽まで観客の皆様に楽しんでいただけるよう、精一杯駆け抜けて行きたいと思います。
劇場でお待ちしております!

【桂小五郎 役:岡宏明】
大先輩方に囲まれ、とても濃い稽古期間を経て、皆様に舞台『仁義なき幕末』をお届けできること、大変嬉しく思います。
久しぶりの舞台で緊張もありますが、皆様に楽しんでいただけるよう精一杯演じさせていただきます!
私の演じる桂小五郎が物語の中でどう暗躍していくかも見所のひとつとなっておりますので、是非楽しんでご覧いただければと思います。
それでは皆様、劇場でお会い致しましょう。

【若松総太郎 役:柏木佑介】
令和のヤクザと、どんなヤクザよりもヤクザだった幕末を生きた獅子達。
それがぶつかり合う。MAXの熱量で役者が届けます。
仁義とは何か? 忠義とは何か? 誠とは何か?
ぜひ! 劇場でお待ちしております!

【中岡慎太郎 役:赤澤燈】
中岡慎太郎役の赤澤燈です。
舞台『仁義なき幕末 -令和激闘篇-』、いよいよ開幕です。
中岡慎太郎が令和の時代に来てどう生きるのか。驚くこともあるかもしれません。僕は驚きました。お楽しみにしてください。
映画の撮影から約一年。またこうして素敵なメンバーで今度は舞台で生きれること嬉しく思います。楽しみます!

【伊達唯臣 役:鈴木勝吾】
始まりの衝動と今を生きる力をどうこの作品で魅せるのか、ずっと考えていました。
果たしてそれが叶ったのかは分からない。
けれど、とにかく舞台で生きる喜びと歓喜、そして苦悩をどうにか芸に昇華できるように、難題に挑みながら大千穐楽まで歩いて行こうと思います。
これもまたどこかへ繋がる道だと信じて。
観て頂ける皆さんに少しでも魅せるものがあるのを祈っております。
どうぞ最後まで応援宜しくお願いします。

関連記事:
「お前なら龍馬になれる」令和ヤクザ×幕末 歴史上の偉人たち登場!ムビ×ステ映画『仁義なき幕末–龍馬死闘編-』予告映像&ストーリー公開
https://otajo.jp/113044

坂本龍馬の背中に登り龍の刺青!令和ヤクザ×幕末 ムビ×ステ映画『仁義なき幕末–龍馬死闘編-』場面写真10点解禁
https://otajo.jp/113230[リンク]

※Otajoとガジェット通信は姉妹サイトです。

公演概要

東映ムビ×ステ 舞台『仁義なき幕末 -令和激闘篇-』
作・演出 毛利亘宏(少年社中)
出演 和田琢磨 松田 凌
水谷果穂 石黒英雄 本田礼生 小野健斗
木津つばさ 吉田メタル 荒川ちか
岡 宏明 柏木佑介 赤澤 燈 鈴木勝吾
岩上美優 岡田治己 鹿糠友和 小山雲母 杉本佳幹 夛田将秀 星 賢太 横山慶次郎
ナレーション 矢崎 広

会場・日程
2023年4月27日(木)~5月7日(日) 東京:サンシャイン劇場 16公演
2023年5月18日(木)~21日(日) 大阪:梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ 6公演
チケット 全席指定 9,500 円(税込)
※未就学児入場不可

チケット販売 チケット好評発売中
e+ (イープラス) https://eplus.jp/jinbaku/
ローチケ https://l-tike.com/jinbaku/ (L コード:34191)
チケットぴあ https://w.pia.jp/t/jinbaku-stage/
※PC/スマートフォン共通

プロジェクト特設HP https://toei-movie-st.com/jinbaku/stage/
公式 Twitter @toei_movie_st(https://twitter.com/toei_movie_st)

スタッフ 作・演出 毛利亘宏(少年社中)
音楽 坂部 剛
アクション監督 栗田政明(倉田プロモーション)
振付 本山新之助
舞台監督 横尾友広
美術 秋山光洋(n10design)
照明 齋藤真一郎
音響 田上篤志(stSound)
映像 荒川ヒロキ
演出助手 スギザキサトミ
衣裳 村瀬夏夜
特殊造形 林屋陽二
ヘアメイク 古橋香奈子(LaRME)
宣伝美術 羽尾万里子(Mujina:art)
宣伝写真 金山フヒト
Web 田中ユウコ
キャスティング 杉山麻衣
企画 加藤和夫 吉元 央
エグゼクティブプロデューサー 塚田英明
プロデューサー 中野 剛 中村恒太
制作協力 シャチュウワークス
協力 東映京都撮影所
企画製作 東映 東映ビデオ

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / シネマの新着記事一覧

PAGE TOP