Otajo -オタ女-

Today is
Sep 27 2023

記事

デートセラピスト・川村壱馬&RIKU&吉野北人が一夜限りの恋人を癒やす映画『MY (K)NIGHT マイ・ナイト』12月公開!本予告・コメント解禁

3人のデートセラピスト・刹那(川村壱馬)、イチヤ(RIKU)、刻(吉野北人)が一夜限りの恋人として女性を癒やす映画『MY (K)NIGHT マイ・ナイト』が2023年12月1日(金)に公開決定。主要キャスト・本予告・本ポスターが一挙解禁! キャスト&スタッフのコメントも到着しました。

物語の舞台は横浜。ある夜、三組の孤独な男女に訪れた、たった一晩の小さな冒険を描く完全オリジナルストーリーです。

監督は、『四月の永い夢』(18)、『わたしは光をにぎっている』(19)、『静かな雨』(20)、『やがて海へと届く』(22)を手がけた新鋭・中川龍太郎氏。モスクワ国際映画祭で国際映画批評家連盟賞、ロシア映画批評家連盟特別表彰をダブル受賞するなど国内外で注目され、詩人としても活躍する監督が綴る心に残る詩的な台詞をはじめ、圧倒的な映像美によって唯一無二の世界観を作り出し、国際的に評価される作品を数多く世に送り出しています。

主要キャストは、『HiGH&LOW THE WORST』シリーズで主役を務め、テレビ朝日系連続ドラマ「日曜の夜ぐらいは…」でも注目を集めている川村壱馬さん。

舞台を中心に俳優活動を行い、確かな歌唱力で定評のあるRIKUさん、コーセー「Visse」のブランドミューズを務め、数々のドラマ・映画作品でも活躍中の吉野北人さん(共に、THE RAMPAGE)。

3人が、プロのデートセラピストとして一夜限りの恋人を癒していく刹那(せつな)役(川村壱馬)、イチヤ役(RIKU)、刻(とき)役(吉野北人)を演じます。

その刹那、イチヤ、刻が癒していく一夜限りの恋人役を、幅広い役をこなす実力派女優として数々のドラマ・映画に出演する安達祐実さん。

近作にドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(21)、映画『街の上で』(21)、『生きててごめんなさい』(23)、アメリカテレビシリーズ「SHOGUN」の公開も控える新進気鋭女優・穂志もえかさん。

ドラマ「アイゾウ警視庁・心理分析捜査班」(22)にて地上波連続ドラマ初主演を務め、7月20日開幕の舞台『コントと音楽 vol.5「楽園はどこだ」』への出演を控えるなど、CM、ドラマ、舞台、ナレーターなど幅広く活躍する注目の若手女優・夏子さんが演じます。

安達祐実さん演じる主婦・沙都子は、夫の浮気を知りながらそれを追及することもできず、せめてもの憂さ晴らしに若い男とデートをしようと、刻とともに時間を過ごします。

穂志もえかさん演じる灯(あかり)は25歳の高校教師。彼女が刹那に求めるのは28歳の婚約者・高橋宏役。その“設定”で灯の入院中の母親・佳津子に会ってほしいと言います。

また、夏子さん演じる20歳のmiyupoはフォロワー7万人の人気インスタグラマー。イチヤを伴って中華街の人気店を巡っては料理や自分の写真をSNSにアップしていきます。

そして、灯の母親・佳津子役を坂井真紀さん、刹那、イチヤ、刻がデートセラピストとして働く「MY KNIGHT」のオーナー・弘毅役を村上淳さんが演じ、脇をしっかりと固めます。

解禁された本ポスターは、一夜限りの恋人をまっすぐ見つめるデートセラピスト・刹那(川村壱馬)、イチヤ(RIKU)、刻(吉野北人)の姿が印象的で、キャッチコピーにも入っている“あなたを満たしたい”という思いが伝わってくるビジュアルに仕上がっています。

本予告では、横浜を舞台に、プロのデートセラピストとして一夜限りの恋人を癒す刹那、イチヤ、刻の前に3人の孤独な女性が現れることから物語が始まります。

「私の母親好みの婚約者を演じてほしい」という女性の依頼に「もちろん」と答える刹那。今はただ「笑顔に戻りたい」「本当の私を知ってほしい」と願う女性たちに寄り添って依頼に応えようとする刻とイチヤ。女性たちの行き場を失った心を受け止めて、少しずつ溶かしていく―。

たった一晩で女性たちの人生を変えてしまうこともあるデートセラピスト。あなたがあなたらしくいられるように真摯に向き合っていく3人のデートセラピストは、果たして、その女性たちのナイトになることができるのか―。

横浜を舞台に、3組の男女が織りなす〈ある一夜〉の誰も知らない物語が今、幕を開けます。

主題歌にはTHE RAMPAGE「片隅」が決定。小竹正人さんによる歌詞の世界観が作品とリンクし、登場人物の心情に寄り添う楽曲となっています。


・映画『MY (K)NIGHT マイ・ナイト』本予告60秒 12月1日(金)公開
https://youtu.be/DKV7rfZVetg

キャスト・スタッフ コメント

・川村壱馬(刹那役)
この度”刹那” という役を演じました、川村壱馬です。
ある意味幻想的と言いますか、夢を売る、夢を届けるような職業に就いている役ですが、そのお仕事でのひとつの出逢いをきっかけに展開されていく物語はむしろとても現実的で、身近で…深いメッセージを含んだ作品になっています。
個人的にですが…
この度は何より、大きな信頼を寄せている中川龍太郎監督とご一緒させて頂いたこと。また、ご縁のあるプロデューサーさん、カメラマンさん、照明技師さんをはじめ、『MY (K)NIGHT』スタッフチームの皆さまと素敵な作品を作れたことを光栄に思いますし、有り余るほどの感謝をここに残させて頂きます。
皆様、是非ご覧くださいませ。

・RIKU(イチヤ役)
イチヤは、写真家という夢を諦めた物静かで不器用で、口数の少ない男性。
大好きだったものが嫌いになったり、絶望感を感じるものだったらどんな表情、どんな生き方になるだろうと想像しながら、自分なりにイチヤと向き合いました。
夏子さん演じるmiyupoの何気ない姿から、自身の人生観に光が差し込むような、そんな姿を表現出来ていたら幸いです。
現場では、役としてだけでなく演者としても夏子さんに引っ張ってもらって、感謝しかないです。
少しずつイチヤの中で感情の動きとリンクして、表情や目の色が変わっていくのを感じ取ってもらえたらと思います!

・吉野北人(刻役)
デートセラピストとして世の女性の願いを叶える”刻”という役を演じました、吉野北人です。
刻という人物の感情を自分のフィルターを通して、理解しながら自然体に素直に演じさせてもらいました!
撮影現場では相手役の安達祐実さんと色々なお話をしながら、楽しみながら撮影をすることが出来て終始楽しい現場でした!
監督の作り出す素晴らしい世界観を、是非皆様にも体感していただきたいです!

・監督・脚本 : 中川龍太郎
こんなにも「癒し」が必要な時代なのに、こんなにも「孤独」な時代になってしまった。
この物語の主人公は、夜の街を生きる出張ホストの3人。
彼らは人を癒し、救うことによって、癒やされ、救われる。
そんな一期一会の出会いと別れを繰り返すデートセラピスト達の生き方が、今を生きる自分たちのヒントにならないだろうか。そんな想いが、この企画の原点でした。
たった一晩の、朝日が昇るまでの群像劇を楽しんでもらえましたら幸いです。

作品概要

<ストーリー>
夫の浮気を知り、満たされない心を埋めようとする主婦。余命わずかな母親に婚約者を紹介したい高校教師。
映える写真を撮り続けるフォロワー7 万人のインスタグラマー。それぞれに悩みや思いを抱え、“救い”を求めている3人の女性たち。彼女らが頼ったのは、女性を癒やし、世界を救う [MY KNIGHT] の“デートセラピスト”=一夜かぎりの恋人たち―。
夜の横浜を舞台に、3組の男女の誰も知らない物語が始まる。

『MY (K)NIGHT マイ・ナイト』
2023年12月1日(金)全国ロードショー
川村壱馬 RIKU 吉野北人 | 安達祐実 穂志もえか 夏子 | 織田梨沙 中山求一郎 松本妃代 | 坂井真紀/村上淳
監督・脚本:中川龍太郎 企画プロデュース:EXILE HIRO コンセプトプロデューサー:小竹正人 音楽:YUKI KANESAKA
製作総指揮:澤桂一 森博貴 エグゼクティブプロデューサー:森雅貴 道坂忠久 プロデューサー:小川江利子 藤村直人 植野浩之 柴原祐一
製作統括:南波昌人 アソシエイトプロデューサー:井上鉄大 清水洋一 配給統括: 髙𣘺敏弘 撮影:鈴木雅也 照明:市川高穂
録音:伊豆田廉明 美術:禪洲幸久 装飾:中山美奈 編集:髙良真秀 衣裳:田口慧 ヘアメイク:菅原美和子
サウンドエフェクト:小島彩(J.S.A) 助監督:鳥飼久仁 制作担当: 川上泰弘 ラインプロデューサー: 本島章雄 宣伝プロデューサー:増田真一郎
企画製作:HI-AX 制作プロダクション:ダブ 配給:松竹
撮影時期 :2023 年 1 月 20 日〜2 月 23 日 撮影地:横浜/東京近郊
公式サイト URL movies.shochiku.co.jp/my-knight/
(C)2023 HI-AX「MY (K)NIGHT」

関連記事:
吉野北人・神尾楓珠・伊藤あさひ・奥野壮イケメン4人のお泊り暴露や「心でBLしてたから」の胸キュンワードも連発!『私モテフェス』生配信レポ
https://otajo.jp/88630

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / シネマの新着記事一覧

PAGE TOP