Otajo -オタ女-

Today is
Jun 18 2024

記事

癒やし可愛すぎる1分間♪明和電機の大ヒット電子楽器「オタマトーン」アニメ『Otamatoon』(オタマトゥーン)第1話YouTube公開

日本おもちゃ大賞受賞の世界中を驚愕させた電子楽器「オタマトーン」が世界初の手法でアニメ化! 『Otamatoon』いよいよ本編がYouTubeにて初公開!

アート・ユニット“明和電機”が2009年に発売した音符型の電子楽器「オタマトーン」。2010年に「日本おもちゃ大賞(ハイターゲット・トイ部門)」の大賞を受賞、数々のキャラクターともコラボを行い大ヒットを記録。10周年記念モデルの発売など、今なお世界中で愛されています。

そんな「オタマトーン」の初のアニメーションを明和電機とスロウカーブの異色タッグにより制作! ユニークなアニ『Otamatoon』(オタマトゥーン)が誕生しました。

昨年の12月24日にオタマトーンのアニメ化を発表してから、はや半年。カナダで開催の「ファンタジア国際映画祭 2023」にてアニメ『Otamatoon』(オタマトゥーン)を「World Premier」し、カナダへの珍道中で世間を騒がせた「ファンタジア国際映画祭2023」オフィシャルレポートが到着。

さらに、『Otamatoon』の一作目となるノックマンが登場する第1話を公式YouTubeにて初公開! アニメ『オタマトゥーン』は、音だけで構成されるアニメーションになります。

撮影方法はコマ撮りアニメではなく、事前に準備した音楽やストーリーに対し、キャラクターの内部に仕込まれたモーター制御によるモーションなどをコンピューターのタイムコード上に打ち込み、音やストーリーにあわせて撮影するという、世界初となる制作形式で「映像」を生み出します。制作陣はこれを“オタマトロ二クス”と呼んでいます。

『Otamatoon』の主役は、歌う音符で、世界中のさまざまな音との出会いを待っている好奇心旺盛な「オタマトーン」。オタマトーンが「ホスト」となり、毎回ユニークな「音もだち」をまねき、彼らの音が持つおもしろさを伝え、最後に一曲演奏します。

様々な音からメロディを生み出すアニメ『Otamatoon』。可愛らしい動きと少し脱力系な音楽に癒やされる、オタマトーンたちが発信するサウンド・コメディーの世界をぜひお楽しみください♪


・『Otamatoon』:Let’s Play Knockman
https://youtu.be/gRXGnacrAgQ

カナダへ到着できるのか!? 明和電機・土佐社長の強運がTwitterで話題話題に!

7月20日~8月9日にカナダで開催されている「ファンタジア国際映画祭 2023」にて、『Otamatoon』(オタマトゥーン)がオフィシャルセレクションとして選出、さらに本編映像5話分を「World Premier」しました。

現地時間7月28日に、映画祭では稀なパフォーマンスステージ「Discover Maywa Denki」を実施。会場には約100人近くのカナダの方々が集結し、明和電機ならではの独特な音楽世界観で観客を虜にする中、『Otamatoon』を一挙公開、制作背景や秘話も伝え、言葉の壁を感じることなく、観客を終始笑いで沸かせました。

実は映画祭への渡航中、明和電機・土佐社長の珍道中がTwitterで話題となり、果たしてカナダへ到着するのか、数千人が見守る中の移動となりました。

出発当日、必要なビザが取れていないことが判明! 至急申請しましたが、なぜか関係者は取得できたものの、土佐社長のみ時間切れ。予定していた飛行機を逃します。

同日の夜便を新たに確保し、空いた時間で温泉に入る土佐社長に届いたのは、なんと関係者が予定通り搭乗した飛行機が機材トラブルで、五時間足止めという珍情報。さらに夜便に搭乗したエコノミーが満席のため、急遽ビジネスで渡航できることに! 最終的には予定通りの飛行機より、先にカナダへ到着、土佐社長の強運が話題に!

しかし、会場へ準備に向かうや否や、マシンを動かすプログラムが入ったノートパソコンを機内へ忘れたことが判明! またしても、土佐社長のピンチ。

ハラハラしながらのパフォーマンス開始へ。ステージが始まると、お得意の土佐ワールドで観客を魅了。『Otamatoon』のオタマトロニクスも、現地でお借りしたPCでスムーズに作動し、ファンタジア国際映画祭2023でのイベントを盛況の中終了しました。

明和電機・土佐社長の珍道中まとめはこちら
https://togetter.com/li/2197852

作品概要

■電子楽器「オタマトーン」とは
2009年に発売した音符型電子楽器「オタマトーン」。
シッポスイッチを押すだけで簡単に音が出て、口をパクパクさせれば音にビブラートがかかります。
オクターブ変更も可能。練習すれば曲も弾けます。
2010年に、日本おもちゃ大賞(ハイターゲット・トイ部門)の大賞を受賞。
10周年を迎えた今も、世界中で愛されています。
「オタマトーン」公式サイト:https://otamatone.jp/

アニメ『Otamatoon』(オタマトゥーン)第1話が公式YouTubeにて初公開中!
◆INTRODUCTION
音符の形をした「オタマトーン」は、とっても好奇心が旺盛。
いつも世界中のさまざまな音との出会いを待っています。
そんなオタマトーンのもとに、ある日、ノックマンがやって来ます。
おもしろリズムを作るノックマンは、オタマトーンと出会い、音のともだち“音もだち”になりました。
みんなと音を作る楽しさを知ったノックマンは、個性的な仲間たちを次々と呼び寄せました。
今日も”音もだち”のにぎやかなセッションが生まれます。
世界にあふれるたくさんの「音」たちと“音もだち”になる物語
 
◆STAFF
原作・制作:明和電機 プロデュース・宣伝:スロウカーブ
◆WEB
【公式ホームページ】otamatoon.com 
【公式YouTube】 youtube.com/channel/UCp9RXEQiek02UbVTbmzOJDQ
【公式Twitter】Otamatoon: twitter.com/otamatoon_JP  明和電機:twitter.com/MaywaDenki
(C)MAYWADENKI

<明和電機とは>
土佐信道プロデュースによる芸術ユニット。様々なナンセンスマシーンを開発しライブや展覧会など、国内外で広く発表している。音符の形の電子楽器「オタマトーン」などの商品開発も行う。7月には明和電機のおかしな楽器ばかりを集めた「明和電機ミュージックマシーン店」を秋葉原にオープンした。2023年はデビュー30周年を迎える。
https://www.maywadenki.com/

<スロウカーブとは>
TVシリーズや劇場作品のアニメーションを中心に様々なエンタテインメント及びコンテンツの企画・プロデュース、宣伝、グッズ制作などの事業を、緩いカーブと鋭いツイストを効かせながら頑張って展開している総合クリエイティブカンパニーです。
www.slowcurve.co.jp/

関連記事:
ポケモンの人形劇『わくわく!もんぽけ島』配信スタート ゆるかわピカチュウやデデンネに癒やされる~!
https://otajo.jp/79042

新モルカー4台も初解禁!新シリーズ『PUI PUI モルカー DRIVING SCHOOL』2022年10月放送 ビジュアル&PV公開
https://otajo.jp/109100[リンク]

Netflixこま撮りアニメ新作『リラックマと遊園地』8月25日配信!カオルさんやリラックマがハプニングに巻き込まれる本予告公開
https://otajo.jp/109378[リンク]

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

アート / アニメ / アニ漫の新着記事一覧

PAGE TOP