Otajo -オタ女-

Today is
Jun 19 2018

記事

キャラと中の人はそっくり!?『HUGっと!プリキュア』引坂理絵・本泉莉奈・小倉唯インタビュー


2月4日より放送がスタートした“プリキュア”シリーズ15年目の最新作『HUGっと!プリキュア』。3月17日からは恒例の春映画『映画プリキュアスーパースターズ!』も全国上映中!

今回は新プリキュアになったばかりの3人、キュアエール(野乃 はな)役・引坂理絵さん、キュアアンジュ(薬師寺さあや)役・本泉莉奈さん、キュアエトワール(輝木ほまれ)役・小倉唯さんにインタビュー。

プリキュアに出演が決まったときの気持ちや先輩プリキュアからのアドバイスなど話を伺ってきました!

最初はごはんが食べられないくらい緊張!

――プリキュアに出演が決まったときの気持ちを聞かせてください。

引坂:マネージャーさんから連絡が来て受かったと聞いた時、まさか私が受かるなんて!と。自分含め誰も想像していないことだったので、ビックリしすぎて言葉にならないという経験を人生で初めてしました。プリキュアだってことをだんだん理解できるようになってくると、今度はプレッシャーが押し寄せてきました。それが収録が始まってもなかなかとれない日々が続いています(笑)。でも、プレッシャーと同時に、15年続いている誰もが知っている作品に関われることはとても素晴らしいことだし、光栄に思います。

本泉:私は今回のオーディションが“プリキュア”2回目で。前作も受けさせていただいたんですが、前回は本当にもう緊張しすぎて頭が真っ白になってしまって。正直何もやりたいことができなかった状態で後悔しかなかったんですけど、今回の『HUGっと!プリキュア』でも挑戦する機会をいただいて、前回より悪くなることはもうないな、ってある意味開き直るくらいの気持ちで挑めたので、感慨深いところがありました。「受かったよ」って報告をいただいたときには、現実じゃない夢のような、本当にふわふわした実感も何もないまま過ごしていたんですが、みなさんとお会いしてキュアアンジュ(さあや)としての声を録っていただいて初めて「あ、本当に私でいいんだな」ってほっとした部分もあって。その回数をアニメ本編で重ねていく内に、どんどんさあやの知らなかった部分が今見えてきているところなので、どう魅力的に見せて、作品を盛り上げていけるか考えて臨んでいます。

小倉:私は今回初めて“プリキュア”のオーディションに参加させていただいたので、テープ選考の段階では全然わからなかったのですが 、スタジオオーディションに進んだ時に、初めて“プリキュア”の伝統あるオーディションのやり方に触れて。他の作品とはまた一味違った、雰囲気が厳かというか、伝統ある感じの緊張感がとてもあって。オーディションではあるんですけど、今回の作品についてのお話とかキャラクター性を改めて監督さんやシリーズ構成の方からご説明いただき、本当にオーディションとは思えないほどすごく丁寧に収録していただけるようなオーディションだったので、そういった部分で驚きと緊張もありで、いつもよりもすごく緊張してしまって、自分の力が出し切れたか不安ではありました。

やっぱり“プリキュア”ということで小さいお子様が見る作品でもあるので、少し気持ちの部分で何か伝えられるものがあればいいなという思いで、役に挑ませていただきました。オーディションではエトワールとエールも受けさせていただいて、どちらも緊張してしまって、「大丈夫だったかな」と不安を残しながら終わったオーディションではあったんですけど、気持ちはぶつけたつもりでいたので、結果を聞いて、まさか本当にプリキュアになれる日が来ると思わなかったので、しばらくは、「え、本当にプリキュアなのかな? ドッキリとかじゃないよな?」みたいな感じでずっと確信が持てない日々が続いて(笑)。でも収録がどんどん進んでいく中で、ようやく「自分もプリキュアとして今はもう自信を持って演じないと逆に失礼だな」という思いに変わってきました。今回も映画で参加させていただくこともあり、先輩プリキュアさんたちの背中を見ながら、伝統ある作品を今度は私達が受け継いでいく番なんだな、と感じているので、最後まで責任をもって、そして楽しく演じられればいいなと感じています。

――今収録も進んで実感は?

引坂:ひしひしと実感が募っていっています(笑)。オリジナル作品なので、少しずつキャラクター性が見えてくるところもあるんです。表面で見えていた部分が、進むと「あ、この子もしかしたら元気なだけじゃないのかもしれない」という要素が見えたり、シリーズ構成の坪田さんや監督からアドバイスをもらったときに、「もしかしたら自分の見方はちょっと違うのかもしれない」と感じて、新たな一面に気づいたりすることもあったので、話が進むにつれてキャラクターがどんどん濃くなっていっている印象があります。

――本編の方の収録は今どれくらいですか?

本泉:6話まで録りました。

――チームワークは培われてきましたか?

本泉:徐々に……。最初の頃は、本当にバラバラで全然合わなくて。「せーのっ」て言っていても合わなくて。

小倉:もう、どうしようってね(笑)。はなちゃん(引坂)も緊張してごはんが食べられなかったもんね。

引坂:今ようやくちょこっとごはん食べられるようになりました(笑)。

小倉:よかった~。スタッフさんもすごく場を和ませてくれようとして。「はな~?ちょっと力抜いていいよ~。はい、深呼吸」みたいな。

本泉:スタッフさんからも、毎回温かい言葉でディレクションいただいて。私達も委ねるというか、それに応えていこう!って思える。本当にありがたい現場です(笑)。

引坂:ありがたい……(笑)。私達を見守る父と母のような温かい現場です。

――少しストーリーが進んで、お互いそれぞれが演じているキャラクターと似ている部分を感じますか?

小倉:私はすごくキャラクターと一致しているなと思って見ていました。

本泉:はなちゃん(引坂)は、そのまんまはなちゃん!

引坂:ほんとに!?

小倉:中の人とすごく性格もリンクしているし。真っ直ぐひたむきなところとか、前髪もだけど(笑)。アンジュ(本泉)も心優しい子。お姉さんというか落ち着いていて頼れる存在。

引坂:
うん、見ているだけで安心するよね!

本泉:本当に? あら~、嬉しい(笑)。

引坂:天使感あるよね。エトワール(小倉)はギャップがあると思う!

本泉:めちゃくちゃ食べる(笑)。

引坂:そのギャップがあるところがほまれちゃんぽいというか。

本泉:クールだけど可愛いところもあって。

引坂:
やっぱりみんな似ている要素があるのかなって思います。

先輩プリキュアはとにかくカッコイイ!

――実際に収録が始まって監督や坪田さんから受けたキャラクター説明で印象的だったものや、演じる上で大事にしていることは?

引坂:私は「今やっているよりも元気に!」とか、「もっと楽しく、もっとやっちゃおう!」と指示をいただいています。

本泉:さあやは、とにかく天使だと(笑)。羽根も生えているので、天使感を意識しながらやっています。あとは包み込む優しさ、包容力を普段から心がけています。はなちゃんが「みんなに優しく出来るのは勇気があるからだよ」って言ってくれた場面があったんですけど、それがすごく響いていて。本人は自信がないので褒められてもすぐに素直に喜べないようなところがあるんですが、そういったところは強さに変えていって。バトルが肉弾戦なので、薬師寺さあやではなくアンジュになったときにその強さを表現するなど、使い分けるようにしています。

小倉:ほまれは普段はすごくクールでカッコイイ、女の子の憧れ的存在で、ボーイッシュな部分も見え隠れするんですけど、実際に演じていく中で恥ずかしがり屋な一面だったり、ギャップが垣間見える瞬間があって。彼女自身も元々はすごくいい子で真っ直ぐな女の子で、そういった面から過去にちょっとトラウマがあったりして、棘がある部分もある。そんな過去から、彼女なりに「一歩踏み出したいけど踏み出せない」っていう葛藤がすごく本編中では描かれているので、「心の揺れ動きをほまれは常に意識しながら演じてもらいたい」という言葉は、最初にいただいていました。特にそれが描かれたのが前半だったので、プリキュアになれるのかなれないのかというくだりでは、心境がすごくあらわになっていて。だからそういった心の揺れ動きを意識しながら演じさせていただいたんですけど、プリキュアになってからは、もう自信に満ち溢れて、力のプリキュアなのでカッコイイみんなの憧れ的存在になれるように頑張りたいなと思っています。

――映画の収録では先輩プリキュアのキャストも一緒で、息が合っていることに驚いたようですが、先輩たちを見ていかがでしたか?

本泉:とにかくかっこよかったです。

引坂:回数を重ねていくごとに息が合ってくるのかな?というのは、おぼろげに思うのですが、 まだ見えてこないところがあって。

小倉:逆に不安になったよね。だんだん私達もちょっとずつ合ってきたかな?みたいな希望が見えてきたところで、これが現実か……って(差を見せつけられて)。

本泉:でも逆に負けてられないな、とも思いました。

小倉:団結力がより上がった感じもしますね、先輩の影響を受けて。私達ももっとそれ以上のものを目指して頑張らなきゃと、士気が高まった気がします。

――でも毎年新プリキュアのキャストさんは「最初は合わない」って言うそうですよ。

小倉:やっぱりそうなんですか? 先輩からもそう言われて。「私達も20数話まで合わなかったから大丈夫だよ。いつか合うから!」って言われて、「やっぱり私達合ってないんだ」って(笑)。来年には立派な先輩プリキュアになりたいな。

引坂:
本当に!

本泉:まだ全然実感が湧かない(笑)。

――他に何かアドバイスされたり、勉強になったことはありますか?

本泉:アフレコされている様子を見ていて、みなさんキャラの特性が身にしみていらっしゃるのか、彼女だったらこうする、というのをどんどん提案されていました。「ここはこういう風にしていいですか?」とかおっしゃっていたので、見習ってどんどん自分のキャラも魅力的にしていかないとな、と感じました。

プリキュアは声優にとって宝物になる作品

――では、本編とは別の今回の映画版ならではの見どころを教えてください。

引坂:はなちゃんとしての見どころは、今回の話が約束を守れなかったところからスタートしていて、それに対してはなちゃんがどういったアプローチをしていくかが、キーになってくる印象があるんです。クローバー(今回のオリジナルキャラ)の芯の部分にぶつかるところがお話としても出てくるので、そこはすごく見どころになると思います。

本泉:今回、テーマは約束なんですけど、3世代のプリキュアが集まるということで、本編のアニメでは見られない世代を越えたキャラクター同士の絡みなどに注目していただきたいなと思っています。本当に「1人じゃダメでも2人なら、2人でダメでもみんななら!」というシーンがあって、みんなで悪に立ち向かう結束力や、プリキュア同士の絆を強く感じられる作品だと思いますので、何度でも観ていただきたいなと思います。

小倉:歴代の先輩たちと一緒に織りなす会話がすごく心に響いて、「やっと私達もプリキュアの一員になれたんだ」って実感がすごく湧いてきて。特に“アラモード”の方たちとは一緒に収録をさせていただいたんですけど、マイクワークなども含めて、一緒に行動することによって、よりプリキュアとしての自覚が芽生えました。かつ、作品自体も約束というテーマで大人も子供もわかりやすいところではあると思うんですけど、お子さんだけじゃなく、大人の方でも普段当たり前に感じていることが実はこんなにも大切なことだったんだ! とか、改めて普段はなかなか思うことがないけれど、大切な気持ちを取り戻せる、そんなキーワードや場面がとても盛り込まれているので、家族みんなで観ても楽しめる素敵な作品だと思います。

――最後に、伝統あるプリキュアになるというのは、声優さんとしてどういう意味や重みがあると思いますか?

引坂:多くの方に知られている作品ですし、それだけ知名度があるがゆえに、日曜の朝は“プリキュア”を観ているというお子様も多くいると思います。もしかするとその子の将来の何かひとつに関わるかもしれない、将来の一歩になるかもしれない、と考えたときに、その一歩に私達が関わっていると考えると、かなり責任重大だなと思います。歴代の方々もそうだったと思うのですが、私としてもこれは本当に幸せなことで、人生に一度あるかないかくらいの奇跡で。今後の声優人生にとっても、宝物になる作品なのかなと思います。

本泉:今回15年目ということで、バトンが繋がっているのをとても感じています。先日先輩方の背中を見ながら収録させていただいたときも、本当にカッコイイなと思いながら臨んだんですが、その繋がりをすごく大事にしたいなと感じました。責任やプレッシャーも大きいんですけど、選んでいただいた以上は自分なりに自信をもって頑張らないといけないな、というところもあるので、子供たちに影響を与えるという意味でも、今回職業や子育てなどがたくさん関わってくるので、見てくれる子供たちに影響を与えられると嬉しいなと思います。こうやってプリキュアとしてお話させていただく機会もとても幸せですし、一生のうちで貴重なことなので、大切にしていきたいなと思います。

小倉:やはり“プリキュア”というと、一種の日本のカルチャーというか時代を反映する文化と言っても過言ではないくらい、世代を担っているなと感じる場面があります。特に私は『ふたりはプリキュア』の時はまさにリアルタイムで観ていた世代だったので、やっぱりその時々の風潮や文化だったり、言葉もそうですけど、流行っているものなどが顕著に反映されていくのを見ている。それだけ反映されていくものが歴史として続いていくと、すごく重みのあるものになっていると思います。その中で、私達も今回15周年という節目の年の『HuGっと!プリキュア』で、今の小さい子たちが大きくなったときに少しでも心の中にいてくれているような作品やキャラクターになりたい。それでまた大人になってから見返したときに、「この時はこんな時代だったね」とか、「あ、この時代はこういう言葉が流行ってたんだ」とか、今回もいろいろな電子アイテムが登場するんですけど、「こういうおもちゃあったね」とか、ひとつのきっかけとして、時代と言ったら大げさかもしれないけど、思い出すきっけとなる責任のある作品だなと思っています。あとは真っ当にキャラクターに対して愛を持って演じていけたらいいなと思います。

――ありがとうございました!

『HUGっと!プリキュア』に加え、『魔法つかいプリキュア!』『キラキラ☆プリキュアアラモード!』も一緒に活躍する『映画プリキュアスーパースターズ!』。ぜひ劇場で応援してください。

プリキュア公式サイト:
http://www.toei-anim.co.jp/tv/precure/

『映画プリキュアスーパースターズ!』絶賛上映中。
http://www.precure-superstars.com/[リンク]


その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

アニメ / アニ漫 / の新着記事一覧

PAGE TOP