Otajo -オタ女-

Today is
Nov 21 2018

記事

ピコピコかわいい!自分で描いたドット絵やゲームが流せるBluetoothスピーカー


全てを独自のピコピコフィルターを通してPOPに表現するブランド<TOKYO PiXEL.>で自分の作ったドット絵が表示できる小さなテレビ型のスピーカーが販売され、話題となています。

ピクセルアートやゲームが楽しめるレトロデザインBluetoothスピーカーの『Tivoo』は、ホワイト・ブラック・レッド・ブルー・ピンク・グリーンの6色展開。

専用のスマートフォンアプリケーション『Divoom smart』を使って256灯(16×16)のRGB LEDでオリジナルのデザイン・アニメーションが作成・表示ができるとのこと(アプリはiOSとAndroidに対応)。

デザイン作成時のカラーは256色から選択可能! アニメーションも最大24コマまで作成可能です。※作成したデータの保存にはアプリケーションのユーザー登録が必要。

音楽の再生は、Bluetooth接続・外部入力・microSD(MP3ファイルのみ)に対応しており、アプリケーション上にスマートフォンやmicroSDに保存された音源を表示・選択して再生します。

コロンと丸みを帯びたブラウン管タイプのテレビのフォルムがただでさえカワイイのに、モニター部分に自分で描いたドット絵が流せるなんて!

TOKYO PiXEL.のデザイナーであり手芸作家としても活動している大図まことさんのTwitterでは、

小さいのに音がとても良いので明日は動画撮ってアップしたいと思います。

と言って、動画が投稿されています。

その動画を見ると、なんと昔のテレビのように、画面横のつまみを回すと画面が切り替わる!

さらに、音量の調節もドット絵で表示されています。何から何までカワイイ!

また、時刻・温度表示・スリープ・アラーム・ゲームなど豊富な機能付きで、電話やメッセージの着信・FaceBookやLINEなどのソーシャルメディアの通知をアイコンで表示してくれるそう。多機能!

あなたなら何をドット絵で流しますか?

【Tivoo】ピクセルアートやゲームが楽しめるレトロデザインBluetoothスピーカー
8,500円(税込9,180円)
オンラインショップページ:
http://tokyopixel.jp/?pid=134224077


その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

アート / カル / ライフスタイルの新着記事一覧

PAGE TOP