Otajo -オタ女-

Today is
Nov 17 2019

記事

鳥越裕貴が喋り倒すも稽古時の裏側を暴露される!高橋健介・杉江大志らキャスト登壇 映画『桃源郷ラビリンス』舞台挨拶レポ


10月25日(金)よりユナイテッド・シネマ アクアシティお台場ほか全国順次公開された映画『桃源郷ラビリンス~生々流転~』のキャスト登壇公開記念舞台挨拶がユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて行われました。

本作品は、おとぎ話「桃太郎」を題材にしたメディアミックスプロジェクトの一環として、岡山県出身の作家である岡山ヒロミさんが「桃太郎が現代に転生したら」という発想のもと執筆された小説を4月に舞台化。同キャストが引き続き映画に出演し、桃太郎の生まれ変わりである古民家カフェ「桃源郷」の若き店主・吉備桃太郎(鳥越祐貴)と、カフェに集まるワケありの人々の姿を描いた作品です。

舞台挨拶には、鳥越裕貴さん、高橋健介さん、杉江大志さん、健人さん、今出舞さん、中村優一さん、金子昇さんらキャスト陣とヨリコ ジュン監督が登壇し、主演の鳥越さんを中心にクロストークを展開。撮影現場での裏話にキャストからのツッコミがさく裂しました。

舞台挨拶でしゃべり倒す鳥越さんに対して、金子さんから「最初の稽古の時は台本のセリフで頭いっぱいだったのか、ぜんぜん喋らなくて静かだった」と暴露されると、鳥越さんは「最初は寡黙で仕事のできる男と見せようするけど、次第に我慢しきれなくなる」と語りました。

本作品は、アクションシーンも見所で、金子さんが「殺陣はめちゃくちゃ練習した」と語ると、杉江さんが「今だから言いますけど、練習で姿が見えないから、金子さんが岡山にいると思ってご飯食べに行きましょうと連絡したら、金子さん、広島でビリヤードやってるんですよ」と地方撮影ならではのエピソードを暴露し、場内から大きな笑いで包まれました。

岡山のオールロケでの思い出に、鳥越さんは「ご飯がめちゃくちゃ美味しかったし、酒も美味しいし、町も人もよくて楽しかった」と答え、金子さんは「夜の岡山城のライトアップが綺麗で記念写真に撮った」と話します。

また、撮影中のエピソードとして、中村さんが「劇中で転生して強くなるシーンで、ヨリコ監督がカッコいいと褒めてくれたので、映画を見たらフレディ・マーキュリーかと思った」と語るなど、終始笑いの絶えない舞台挨拶となりました。

コメント

鳥越裕貴(28)(吉備桃太郎):この作品を観て、岡山に足を運んでいただきたいです。この歳で改めて、僕が演じさせていただいた「桃太郎」というものを知れて良かったです。ぜひ岡山へお越しください。

高橋健介(24)(大和尊):これは(主演の)鳥越さんによる鳥越さんのための鳥越さんの映画です。僕は鳥越さんの応援をします。

杉江大志(27)(犬養津与志):ふざけながら、真剣に。アクションはガチでやりました。観てほしいのは「スルメ」。わからない方はもう一回観てみてください。

健人(25)(浦島雨海):初めての舞台挨拶がこの作品で本当によかったです。

今出舞(26)(茨木童子):こういう形で作品に出演するのは初めてだったので、すごく楽しかったです。この作品が愛される作品になればいいなと思っています。

中村優一(32)(吉備真備):映画に出てくる桃源郷カフェは実在するので、この作品とともに、岡山に行った際はぜひ遊びに行ってみてください。

金子昇(45)(エイブラハム・D・ストーカー):作品の反響があるとPART2の可能性もあるので、応援のほどをよろしくお願いいたします。

ヨリコ ジュン監督:豪華な俳優陣と舞台そして映画と、現場でディスカッションしてみんなで真剣に作った作品です。作品は軽く見える感じではあるんですが、何回も見ているといろいろ細かいところもわかると思いますので、ぜひ作品の応援をよろしくお願いします。


鳥越裕貴・高橋健介・杉江大志ら出演 映画『桃源郷ラビリンス~生々流転~』予告
https://youtu.be/gfTMo45dTN8[YouTube]

◆STORY
岡山市街地にある、古民家カフェ「桃源郷」——。
若き店主・吉備桃太郎には、本人も半信半疑の秘密があった。それは彼が、あの伝説の《桃太郎》の転生体である、ということ。
面倒見のよい桃太郎に惹かれるように、カフェ「桃源郷」には、ワケアリの人々が集まってくる。押しかけ店員の犬養津与志は《犬》、常連客となった大学生・楽々森類は《猿》、ミステリアスな珠臣樹里は《雉》。さらには、《別の物語》にまつわる人物たちも現れて——。
そして・・・・・・桃太郎の幼なじみにして親友・大和尊との、時空を超えた因縁とは?

誰もが知るおとぎ話《桃太郎》を、誰も見たことのない《桃太郎》の物語にするマルチメディア・プロジェクト!

◆出演
鳥越裕貴、高橋健介、杉江大志、遊馬晃祐、山本一慶
長江崚行、健人、川上将大、今出 舞、汐月しゅう
中村優一/ボブ鈴木、仲田博喜、金子 昇 

◆スタッフ
原作:岡山ヒロミ『桃源郷ラビリンス』(小学館文庫キャラブン!刊)
脚本:ヨリコ ジュン/菅野臣太朗
監督・編集:ヨリコ ジュン

http://tougenkyo-labyrinth.com/

配給:トリプルアップ   

(C)岡山ヒロミ/桃源郷ラビリンス (C)2019映画桃源郷ラビリンス製作委員会


その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / シネマの新着記事一覧

PAGE TOP