Otajo -オタ女-

Today is
Jul 14 2020

記事

注目の美少年・板垣李光人インタビュー「次回作は魔女をテーマに」と願望を語る アニメにハマったきっかけは『日常』と『けいおん!』


ジェンダーレスな魅力で注目の若手俳優・板垣李光人さんを3人の実力派俳優が撮影した1st写真集「Rihito 18」(読み:リヒト ジュウハチ)が6月17日に発売。

昨年、『仮面ライダージオウ』(EX)で、未来からやってきた謎の集団「タイムジャッカー」の一員・ウールを演じ「美少年すぎる」と話題を呼んだ板垣李光人(イタガキ リヒト)さん。12月18日(金)に公開される世界累計発行部数1,600万部突破の超人気コミック『約束のネバーランド』の実写映画でメインキャラクターの1人であるノーマン役に抜擢されるなど次世代を担う俳優として注目を集めています。

ドラマでの共演をきっかけに、安藤政信さんに板垣さんが撮影のオファーをしたところから始まり、市原隼人さん・三浦貴大さんの実力派俳優3人が写真家となって未知数の新人俳優・板垣李光人を撮影した写真集「Rihito 18」が完成。美しいビジュアルはもちろん、俳優ならではの表現力から生み出される表情、そして等身大の少年らしい顔など、多彩な魅力が詰まった1冊となっています。

板垣さんに、写真集の見どころや撮影のエピソード、そして最近ハマったアニメなどパーソナルなお話までたっぷり伺いました。

3人の俳優に切り取られた異なる表情。その撮影の裏側は……

(撮影:安藤政信)

――撮影を担当された俳優さんによって異なるカラーがあるなと感じました。それぞれの印象を教えてください。

板垣:個人的に感じたのは、安藤さんのパートは、1つの物語というか映画みたいな感じで、自分の意識としては常に演じ続けているというイメージでした。

(撮影:市原隼人)

市原さんのパートは、基本的に素というか、自分のいつもの感じの中に時折演じているような、役者の人生の一部を切り取られたというイメージです。

(撮影:三浦貴大)

三浦さんのパートは、僕と安藤さんが撮影しているときに、こっそり撮ったりされていることが多かったので、“カメラを意識していない自分”というカットがあって面白いというイメージです。

――では、三浦さんには自分も知らないうちに撮られていた?

板垣:そうですね。僕が安藤さんのカメラに対してずっと意識しているところを、本当にすごく遠くの物陰からこっそり撮られたりしていて、それに気付いていないことが何度かありました(笑)。

(撮影:三浦貴大)

――不意をつかれていたんですね(笑)。三浦さんは板垣さんの男性的な表情も切り取られているなと感じました。

板垣:三浦さんの写真は意識していないところで撮られていたので、何も考えていないときの本当にぼーとっしているときの姿が、少し男っぽい感じになるのかなと思います。

――安藤さんの撮影カットは映画のようとおっしゃいましたが、まさに同じように感じました。

板垣:髪型や衣装、ロケーションなどで、自分の中で役として作ってやったことが、映画みたいな仕上がりになったんじゃないかなと思います。

(撮影:安藤政信)

――安藤さんのカットはかなりアーティスティックですよね。どんな役をイメージされていたんですか?

板垣:安藤さんとの撮影は作り込んだデコラティブなものでお願いしたかったんです。黄色いドレスで赤いリップのメイクもしっかりしているシチュエーションは、安藤さんのイメージで別れた女性の服を着て、その女性のことを思って打ちひしがれている、というものだったり、割と具体的な設定の中で撮影しました。

(撮影:市原隼人)

――逆に市原さんのカットは自然な雰囲気だったので、いつも見ている板垣さんの印象でした。

板垣:市原さんとの撮影は、衣装もほとんど自前の私服です。部屋にいるときのもこもこしたルームウェアだったり。本当に普段の姿というか、素の感じを撮っていただこうと思っていたので、そういった衣装などからも普段の感じが出ているのではないかなと思います。

――もともと市原さんとは交流は?

板垣:市原さんとは、実はこの撮影をするときに初めましてだったんです(笑)。事前に打ち合わせの時間がつくれなかったりして。安藤さんに撮影をお願いしたときに、安藤さんの作り込んだパートと、対になるもう1つ自然体の素のパートを作りたい、と話していて、同じ事務所の先輩の市原さんに撮っていただきたいとお願いすることになりました。市原さんは『ROOKIES』(ルーキーズ)とかのストイックなイメージがあったんですけど、本当に優しく盛り上げてくださって、初めましての緊張と不安はすぐになくなりました。

――印象的だった撮影は?

板垣:屋久島で安藤さんとの撮影の中で、岩場ですごく波が激しく打ち付けている場所でのカットがあるんですが、波の中に入って撮っているんです。しかも10月くらいだったので、冷たいし波にさらわれそうだし、そこはいろいろな意味で印象的でした(笑)。

(撮影:安藤政信)

「好きなアニメの守備範囲は広いです」

(撮影:市原隼人/Loppi・HMV 限定版表紙)

――板垣さんは漫画やアニメ、ゲームなどもお好きですが、オススメの作品と自粛期間でハマった作品を教えてください。

板垣:今期のクールは楽しみにしていた作品が放送延期になってしまったりしたので、今は『日常』をAmazonプライム・ビデオで観ています。僕は『日常』がすごく好きで。僕がそもそもアニメにハマったきっかけが『日常』と『けいおん!』だったので、今は『日常』を見返しています。

――『魔法少女まどか☆マギカ』(通称、まどマギ)などが好きなイメージがあったので少し意外です。日常系アニメが好きなんですね。

板垣:そうですね。でも『さらざんまい』とかもすごく好きですよ。守備範囲は広いです。前のクールで観ていたのが、『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』(通称、マギレコ)と、舞台版シリーズにも出演させていただいた『SHOW BY ROCK!! ましゅまいれっしゅ!!』 、『ランウェイで笑って』などを観ていました。『まどマギ』が好きなのと、ゲームもやっているので、やはり『マギレコ』は良かったですね。

――推しキャラは?

板垣:けっこうみんな好きになっちゃうんですよ。『まどマギ』もみんな好きなので。だから魔法少女箱推しです。

――『マギレコ』の他に最近プレイしているゲームはありますか?

板垣:『アイドルマスターSideM LIVE ON [email protected]!』はやっていて、それは蒼井悠介が推しです。あと『Fate/Grand Order』(FGO)、『刀剣乱舞-ONLINE-』ですかね。自粛期間は『あつまれ どうぶつの森』をやっていました。島の地形などをいじるので精一杯で、部屋まで手が回っていないんですけど、整備しすぎるのが好きではないので割と自然多めで作っています。

――衣装なども作れるので板垣さんは好きそうですね。

板垣:マイデザインも作っています。推しの衣装を再現したりしています(笑)。

――さすがですね! 人気作『約束のネバーランド』への出演など活躍の場を広げていますが、今後挑戦してみたいことは?

板垣:絵を趣味で描いているのですが、イベントなどに出せたらなと思います。イラスト集に挑戦したいです。

――では、写真集を楽しみにしている方へメッセージをお願いします。

板垣:17歳から18歳になる自分の姿を1年間かけて撮っていただいたので、17歳の板垣李光人のアルバムみたいな感じで楽しんでいただけたらと思います。最初に撮ったものが5月くらいなので、後半の9月とかに撮ったものだと、ビジュアル面でも雰囲気としても、丸さなどが少しなくなったのかな、と自分でも感じました。今年は写真集を発売してみなさんと会える機会が持てるかなと思ったんですが、こういう状況になってしまったので、落ち着いたらお会いできるような機会を作れたらいいな、と思っています。

――もし、写真集の次回作があるなら、どんな作品にしたいと思いますか?

板垣:魔女をテーマにして作りたいですね。自分の描いたイラストのキャラクターをそのまま自分がやってみるとかも面白いだろうなと思います。

――面白そうですね! 今後の展開も楽しみにしています。

板垣さん出演舞台の動画レポート記事はコチラ↓
【動画】『SHOW BY ROCK!!』客席を煽るリアルバンドを体感できるのはLive Musicalだけ!
https://otajo.jp/68168

シリーズ1サンリオっぽい! LM「SHOW BY ROCK!!」最新作はバンド・演劇・ショー要素も楽しめる!?[動画レポ]
https://otajo.jp/73632[リンク]

商品概要

●通常版
タイトル:板垣李光人 1st 写真集「Rihito 18」(通常版)
発売日:2020 年6月 17 日(水)
撮影:安藤政信、市原隼人、三浦貴大
表紙撮影:安藤政信
価格:2,200 円+税(税込 2,420 円)
サイズ:B5
ISBN:978-4-906953-78-3
ページ数:96 ページ
発行:SDP

●Loppi・HMV 限定版
タイトル:板垣李光人 1st 写真集「Rihito 18」(Loppi・HMV 限定カバー版)
発売日:2020 年6月 17 日(水)
撮影:安藤政信、市原隼人、三浦貴大
表紙撮影:市原隼人
価格:2,200 円+税(税込 2,420 円)
サイズ:B5
ページ数:96 ページ
発行:SDP
※写真集の内容は通常版と同じになります。
※詳細は SDP 公式サイトにて
URL:http://www.stardustpictures.co.jp/book/2020/rihito18.html[リンク]

板垣李光人プロフィール
2002 年 1 月 28 日、山梨県生まれ。
2 歳でモデルデビューを果たし、幅広いフィールドで活躍。
BS テレ東で放送されたドラマ「神酒クリニックで乾杯を」やテレビ朝日で放送されたドラマ「仮面ライダージオウ」などに出演。
映画「約束のネバーランド」(12 月 18 日(金)公開)ではノーマン役として出演が決定している。
趣味:写真、音楽鑑賞、アニメ鑑賞、ゲーム
特技:水泳、イラストを描くこと

(C)SDP

関連記事:
板垣李光⼈「美しすぎる少年」呼びに「ハードルが上がっているような気がして怖い気もしますが……」
https://otajo.jp/88587[リンク]

ジェンダーレスで神秘的な美しさ!板垣李光人 1st写真集より美少年の危うい魅力が光る安藤政信撮影カット公開
https://otajo.jp/87691[リンク]

話題の「美しすぎる少年」のプライベートをのぞき見気分!板垣李光人1st写真集より市原隼人撮影カット公開
https://otajo.jp/88190[リンク]


その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

アート / カルの新着記事一覧

PAGE TOP