Otajo -オタ女-

Today is
Oct 25 2020

記事

ラブパトにもエール!『劇場版 ひみつ×戦士 ファントミラージュ!』主演4人に三池崇史監督「笑顔がどんどん素敵になっていく。大人の俺たちが見習わなきゃなって」


女児向け特撮テレビドラマ【ガールズ×戦士シリーズ】の第3弾『ひみつ×戦士 ファントミラージュ!』がシリーズ史上初の映画『劇場版 ひみつ×戦士 ファントミラージュ! ~映画になってちょーだいします~』となって全国公開中! 7月24日に舞台挨拶が行われ、主演を務めるファントミの4人と三池崇史監督が登壇しました。

ドラマに引き続き映画でも主演を務めるのは、桜衣ココミ/ファントミハート役の菱田未渚美さん、明日海サキ/ファントミスペード役の山口綺羅さん、紫月ヨツバ/ファントミクローバー役の原田都愛さん、紅羽セイラ/ファントミダイヤ役の石井蘭さん。そして劇場版の監督には【ガールズ×戦士シリーズ】3シリーズの監督および総監督を務めてきた三池崇史氏がメガホンを取りました。

舞台挨拶は目の前にお客さんを入れるのではなく、出演者が登場する会場を全国の映画館にライブビューイングする形で行われ、ファントミキャストは劇中の変身した姿で、それぞれの役柄の名前で呼び込まれました。

※少し映画のネタバレもあるのでご注意ください!

三池崇史監督、ファントミ4人を「尊敬してます」

――映画の公開を迎えた心境を教えてください。

ココミ:TVシリーズが終わってからガールズ×戦士シリーズ初の映画ということで、みんな撮影もとても緊張していたんですけど、スタッフさんも支えてくださって撮影からとても楽しくできたので、映画もすごく面白くて楽しいものになっていると思うので、すごく素敵な作品になったと思います。

サキ:ドラマは1年3か月の期間で、自分たちが経験できないことをたくさん経験させていただいた上で、このファントミの映画ということを聞いたときはビックリしたんですけど、本当にすごく素敵な映画になっていると思うので、みなさん楽しんでいただけると嬉しいです。

ヨツバ:今回の映画撮影ではちょんまげ姿になったりして、すごく楽しいたくさんの経験をさせていただいたので、本当に早くみんなに観てほしいなと思っていたんですけど、少しだけ延びてしまって。こうやって公開できてみなさんに観ていただけて本当に嬉しかったです。これから観る方は楽しんでいただけると嬉しいです。

セイラ:私たち4人はこのファントミのドラマのスタートで演技初挑戦で、始まったときはみんないろいろ知らないことが多かったんですけれど、1年3か月のドラマの撮影を通して、スタッフさんや一緒に演じた俳優さんだったり、たくさんの方から学べる部分があって。映画の撮影にも、その経験をたくさん活かしながら撮影することができたので、少しは成長できたのかな、と私たちも思っています。

1年3か月見守ってきた三池崇史監督はファントミの4人について、「ビックリするくらい仲が良い。笑顔がどんどん素敵になっていく。大人の俺たちが見習わなきゃなって。すごい尊敬してます」とコメントしました。

映画では歴代のガールズ×戦士と共演!

映画本編では、『アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』、『魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!』といった歴代ガールズ×戦士や、放送が開始したばかりの『ポリス×戦士 ラブパトリーナ!』キャストも出演しているんです!

――ガールズ戦士の先輩、後輩との共演に関して。

ココミ:完成版を観たときに、先輩が後輩の私たちを一生懸命応援して協力してくれている姿を見て、すごく嬉しかったです。

サキ:私たちはラブパトの子たちと会ったこともあるんですけど、本当に可愛くて、あの子たちならきっと、みなさんをもっと楽しまさせてくれるんじゃないかなと思っていて、私たちも応援しています。私たちの先輩だった「ミラクルちゅーんず!」と「マジマジョピュアーズ!」のみんなには本当にいろんな場面で支えていただいたので、これからもそれを活かして頑張っていきたいと思いました。

ヨツバ:ラブパトの撮影を観たときに、すごく緊張していて「私たちも最初はあんな感じだったな」と思い出して、頑張ってほしいなと思いました。

セイラ:ラブパトの撮影現場を裏から見ていたら、みんな緊張していて。ファントミに出演していたサライですらも緊張していたなという面もあって、私たちより一回りくらい小さいんですけど、いろんな面を通して可愛いなと思う部分もたくさんあるので、みなさん、ラブパトを楽しみにしていただけたらなと思います。

そして、この日はライブビューイング会場との中継も行われており、お客さんからの質問にもファントミが答えました。

お客さんからの質問「何をして遊ぶのが好きですか?」

ココミ:昔だったら、ジャングルジムでみんなで鬼ごっこをするという、ちょっと危ないんですけど、“ジャングル鬼ご”が好きでした。昼休みや休憩時間によくやっていました。

サキ:高校生になると遊ぶというより、友達と一緒に話すのがすごく楽しいなと思っていて。私自身もお話するのが大好きなので、友達と話すのが好きです。

ヨツバ:私は昔からずっと好きなんですけど、鬼ごっこが一番楽しくて。今は中学生になって部活とかもあってなかなか公園とかには行けないんですけど、やっぱり大人数でやる鬼ごっこが好きです。

セイラ:けん玉に最近ハマってしまって。小さい頃に買ったけん玉を最近使ってみたら楽しかったんです。昔からある遊びですけど、みんなもやってみたら楽しいと思うので、遊んでみてください。

最後に、「この映画を観て、みなさんの元気の源になれたらいいなと思っています。そして、この映画の観て本当に良かったなとぜひ思っていただけると嬉しいです」とココミからメッセージを届け、締めくくりました。

関連記事:
菱田未渚美・山口綺羅・原田都愛・石井蘭がイケナイヤーになったら何罪!?『劇場版 ひみつ×戦士 ファントミラージュ! 』撮り下ろしインタビュー
https://otajo.jp/89642

≪作品概要≫
『劇場版 ひみつ×戦士 ファントミラージュ! ~映画になってちょーだいします~』
2020年7月23日(木)全国ロードショー
★あらすじ
イケない心をちょーだいして平和を守る!
キラキラ大活躍中のファントミに、ある日イケてる監督の黒沢ピヨシから映画のオファーが!
よーし、それならみんなのハートがファンファンする映画にしよう!
でも、逆逆警察のサカサーマに見つかって、撮影にはげむ監督がイケナイヤーにされちゃった!
このままではイケてない映画になってしまうのだ!
みんなの応援で、ファントミたちのイケてる映画を完成させよう!

【公式サイト】http://phantomirage.jp/[リンク]
【公式 twitter】https://twitter.com/girls_heroine
(C)TOMY・OLM/劇場版ファントミラージュ!製作委員会


その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / シネマの新着記事一覧

PAGE TOP