Otajo -オタ女-

Today is
Dec 10 2019

記事

ついに『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』公開! 奥野壮「演じていた僕ら自身も鳥肌が立つような映画」


平成最後の冬となる今年の劇場版最新作『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』が12月22日(土)に公開となりました! その初日舞台挨拶のオフィシャルレポートが到着。

「時代が終わる。すべてがはじまる。」平成という時代を駆け抜けてきたヒーローたちに突き付けられる「仮面ライダーは虚構の存在だ」という衝撃の事実、そして平成仮面ライダーの歴史そのものを消し去ろうとするシリーズ最大の敵に、仮面ライダージオウ・仮面ライダービルドを中心とした歴代平成ライダーが挑む! まさに『平成仮面ライダー』の集大成にふさわしい本作が遂に公開。

公開初日舞台あいさつには、奥野壮さん、押田岳さん、大幡しえりさん、渡邊圭祐さんら『仮面ライダージオウ』のレギュラーキャスト、そして犬飼貴丈さん、高田夏帆さん、武田航平さん、水上剣星さんら『仮面ライダービルド』のキャストが登壇。

そしてさらに、平成仮面ライダーそのものの歴史を消し去ろうとするシリーズ最大の敵、スーパータイムジャッカー・ティードを演じた大東駿介さん、仮面ライダーが虚構の存在であることを主人公たちに告げる仮面ライダーファンの高校生を演じた福崎那由他さんら劇場版ゲストキャストや、この記念作のメガホンをとった山口恭平監督も登壇し、平成仮面ライダーの集大成と呼ぶにふさわしい本作に懸けた熱い思いを語りました!

キャストコメント

奥野:公開初日を迎えてドキドキとうれしさで胸がいっぱいです。TVシリーズで過去に共演したビルドの先輩たちに成長を見てもらおうという気持ちで現場には臨みました。実際に完成した作品をみて、演じていた僕ら自身も鳥肌が立つような映画です! この映画では仮面ライダーがフィクションであるということが一つの大きなテーマになっていますが、ただのフィクションであったらこの平成仮面ライダー20作の歴史は作れなかったと思うので、僕たち仮面ライダーはいつの時代でも、確かにここにいるという存在だと思いました。

犬飼:ジオウチームとビルドチームでの映画ははじめてですが、どういう化学反応が起きているのか楽しみにしていてください。ジオウチームとはTVシリーズ以来の共演でしたが会って逞しくなった印象を受けました。この映画を通じて平成仮面ライダーという存在が色々な人に愛されているんだなというのを改めて感じましたし、この平成仮面ライダーという存在が時代と共に生きるヒーローだからこそ、ここまで多くの皆さんに愛されているんだということをも強く感じました。

大東:自分が学生の時に始まった平成仮面ライダーシリーズですが、自分が一視聴者で仮面ライダーを見ていたときの憧れの気持ちを役作りに活かしました。これまで3500万人以上のお客様がご覧になっているという平成仮面ライダー映画ですが、やっぱり現場で仮面ライダーを見たときに思わず「ライダーかっこいい!」となりました。そこが多くの人に愛される理由だと思いますし、仮面ライダーに関わっているスタッフ全員が子どもたちの憧れを今ここで産んでいるだという責任感を感じました。平成仮面ライダー20作の一つ一つが歴史であって、過去の終わった作品じゃないんだということを改めて感じました。

そして、会場に集まった仮面ライダーの熱烈なファンは、全員が歴代平成仮面ライダーの20種のうちわを持ち、フォトセッション時にはそれを掲げることで、会場一面が歴代平成仮面ライダーに! 祝砲と共に会場全員で平成仮面ライダーの集大成である映画の公開を祝いました。

関連記事:
平成仮面ライダーファン胸熱!歴代TVシリーズオープニング映像×劇場版初解禁映像の主題歌スペシャルPV公開
https://otajo.jp/75580


映画『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』予告映像
https://youtu.be/7oeFbIczPF4[YouTube]

映画『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』は絶賛上映中。


その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / シネマの新着記事一覧

PAGE TOP