Otajo -オタ女-

Today is
Oct 26 2020

記事

「実質カノジョ(カレシ)」「内助の功」 コスメリサーチしたい幼馴染男子のために勇気を出す男の娘マンガの笑顔が無敵だった


2020年9月11日に単行本第1巻が刊行となった『comicPOOL』(pixiv×一迅社)で連載中の万丈梓さん(@azusa_banjo)の『恋する(おとめ)の作り方』。Twitterで公開された『女子の会話に混ざりたいコスメ男子を男の娘が助ける話』では、コスメ好き男子の御堂賢士郎くんがメイクをして超絶美少女になった陰キャ男子の日浦美果くんが、幼馴染のために勇気を出して女子の会話に混じるというストーリーになっています。

※参考記事 「可愛すぎる」「ヒロインが男の子だと忘れる」 マンガ『恋する(おとめ)の作り方』コーデ回がセンス良すぎ
https://otajo.jp/90484 [リンク]

女子たちがコスメの話題に花を咲かせているのを、特技・全然聞いていないスタイルでスマホをいじりながら聞き耳を立てている御堂くん。「俺もそのインスタ、チェックしておこ…」と思っていますが……。

好きなメーカーやかけるお金、メイクで困ることなどなど、「直接聞いてみたいことは山ほどある」という御堂くん。「やっぱ同世代の意見って貴重だし、日浦のためにもなるかもだし…」と思いつつ、「…あの中に入っていけたら、いちばんいいんだろうけどなぁ…」とうらやましげにため息。それに気づいた日浦くんは、おもむろに席から立ち上がると……。

「--あっ、あのっ!」と女子たちに声をかける日浦くん。「えっと…、ぼ…僕も、みんなとコスメの話したい…んだけど、いいかな…」と恥ずかしげにお願いします。

それを見た女子たち。ニカっと笑って「いーよいーよ、しゃべろうよ~」「てか、うちら逆に教えてほしいしその技術」と歓迎されます。それをあっけにとられて見ていた御堂くんのスマホには、日浦くんから「何か聞きたいことあったら送って」とメッセージが。

御堂くんのメッセを見ながら、「え…えーっと…。最近出たリラシャインってシリーズ気になってるんだけど使ったことある?」と聞く日浦くんに、女子たちは「うちはコスパよくて好きだけどね」「あー、でもさ、でかいんだよね。一つ一つのサイズが」との答え。「大きいほうがお得じゃないの?」と質問すると、「せっかく夏の皮脂に負けない涼しいってシリーズなのに、化粧直しのために持ち歩くのに向いてないんだわ」と実感こもった声が返ってきます。

「あとさー、カバー力はまぁまぁなんだけど、顔さわるとめっちゃ手につくの!」「わかる」「黒いコーデで行ったら悲惨だよね」「お値段はいいんだけどね~」とスラスラと出てきて、「はぇぇ」と聞く日浦くん。その間、御堂くんは「なるほど…。ネットの口コミの印象とはちょっと違うな…。男と女じゃ行動も違うし、実際ずっとメイクして生活してみないと、わからないこともいっぱいあるんだな」と思いながら、メモを取っています。

おもむろに顔を上げた御堂くん。その先では日浦くんがニッと笑ってこっそりピースサイン!

それを見た御堂くん。「…やっぱ敵わねーなぁ…」と思いつつ、「さんきゅーな」とメッセするのでした。

日浦くんと御堂くんの幼馴染な距離感が描かれた今回のストーリー。万丈さんによると「基本的にこのふたりは性格が間逆なのですが、ずっと一緒に育ってきたので、ちょっとした反応や表情などはできるだけ似せるように意識しています」とのこと。確かに得意げな笑い方や目線のそらせ方が近いかもしれません。

女子にはコスメ好きということを隠している御堂くんですが、クラスでは人気がある描写も。万丈さんは「自分からガンガン話すタイプではないので、きっとすごく聞き上手なんだと思います。女子の話をちゃんと聞いてあげて、褒めるところは褒めるといった感じで。姉が3人いて聞き役が身についてしまっているのが功を奏しているのかもしれませんね」といいます。

いつもながら「かわいい」「尊い」の嵐だった今回の話。「日浦くんファインプレー」という声があっただけでなく、「もう実質カノジョ(カレシ)」「良妻」「内助の功」といった反応も寄せられており、万丈さんは「“嫁”とか“正妻”という単語が多くてニヤニヤしてしまいました。最近はずっと読んでくださってるんだな、とわかる反応が多くてとても嬉しいです」とコメントしてくれました。

単行本刊行と『WEBマンガ総選挙2020』に合わせて、読者リクエストの日浦くんを描く企画「#まいにち日浦」をTwitterで更新していた万丈さん。「ホットパンツ&白シャツ・浴衣・ブレザーの制服などはコメントで喜んでくださった方が多かった気がします。“いいね”が多かったのはチャイナ服と彼シャツとチアリーダーでした。露出が高めの方が多いですね(笑)。私のお気に入りはウエディングドレスです」とのことですが、筆者のイチオシは『ショート丈のサロペット&大きめのキャスケット』です!

万丈さんが「人生初重版」という『おとつく』1巻。「読者の皆さまがいろいろなところでおすすめしてくださったり、感想をつぶやいて盛り上げてくださっているおかげで重版することができました!本当にいろんな方に支えられているなと実感します。ありがとうございます。読者の皆さまに末永く楽しんでいただける漫画にできるよう今後も頑張って参ります!」と意気込みを語ってくれました。

出版元の一迅社からは、刊行に合わせて御堂くん役を小野友樹さん、日浦くん役を桑原由気さんが演じるPVが公開されている『おとつく』。これからの展開からも目が離せません。

『恋する(おとめ)の作り方』第1巻発売記念PV(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=WOkkcK6gluY [リンク]

恋する(おとめ)の作り方(pixivコミック)
https://comic.pixiv.net/works/6403 [リンク]

※画像はTwitterより
https://twitter.com/azusa_banjo [リンク]


その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営。ネット、メディア、カルチャー情報を中心に各媒体にいろいろ書いています。好物はホットケーキとプリンと女性ファッション誌。

アニ漫 / 漫画の新着記事一覧

PAGE TOP