Otajo -オタ女-

Today is
Aug 03 2021

記事

世界を股にかけた詐欺ゲーム「GREAT PRETENDER」が生バンド演奏のミュージカル化!エダマメ役はキスマイ宮田俊哉「僕、ローランじゃないの!?」

昨年2020年に放送、配信されたアニメ「GREAT PRETENDER」を原作とした音楽劇「GREAT PRETENDER グレートプリテンダー」をKis-My-Ft2の宮田俊哉さん主演で2021年7月に東京・東京建物 Brillia HALLにて、8月に大阪・オリックス劇場にて、上演することが決定しました!

『ALWAYS 三丁目の夕日』『コンフィデンスマンJP』などのヒット作を手掛ける脚本家・古沢良太氏がTVアニメシリーズの脚本・シリーズ構成に初挑戦した、痛快クライム・エンターテインメントのアニメ「GREAT PRETENDER」。2021年にアニメーションのアカデミー賞と呼ばれる、国際アニメーション映画協会の主催アワード「アニー賞」で Best Direction-TV/Media部門にノミネートされ、大きな話題を呼びました。疾走感ある展開と世界中を飛び回るスケールの大きさ、そして細やかでバラエティ豊かなキャラクター造形が幅広い層から熱い支持を受けています。

初の舞台化となる今回の物語は、CASE1:ロサンゼルス・コネクションをベースに構成。そして、生バンドによる演奏でさらに疾走感あふれる、痛快クライム・エンターテインメントが誕生します!!
世界を股にかけた壮大な詐欺ゲーム! 標的は悪党のみ。詐欺師(コンフィデンスマン)の宴にようこそ。

今回の舞台化で主演を務めるのは、旺盛なサービス精神と朗らかな笑顔、そしてアニメを心から愛するKis-My-Ft2の宮田俊哉さん。ライブのほか、バラエティや情報番組、ラジオ番組のレギュラー出演など幅広く活動しており、2013年の舞台「キフシャム国の冒険」で舞台単独初主演を務めました。久しぶりの舞台単独主演となる本作で、主人公の枝村真人、通称エダマメを演じます。 “日本一の天才詐欺師”を自称するエダマメは、その実、真面目でお人好し。宮田さんが音楽劇として体現するエダマメをどうぞお楽しみに!

そして演出は、ストレートプレイやミュージカル、音楽劇とジャンルを問わず活躍する演劇界の奇才、河原雅彦さんが手掛けます。テンポ良いきらびやかな演出の中にも、ほのかなメランコリックを忍ばせる河原さんの多彩な演出マジックとの化学反応に、期待が高まります!

<主演:宮田俊哉 TOSHIYA MIYATA コメント>
今回のお話をいただいて、とても嬉しく思っています。舞台の主演を一人で務めるのはすごく久しぶりで、一人で背負うのでドキドキしていますが、舞台は観に行くのも自分が演じるのも好きなので、本当に楽しみです。

原作の「GREAT PRETENDER」は、面白くてワクワクするところがとても好きで、僕が『面白いよ!』と勧めた友人達と皆で、ハマりました。出演のお話を伺ったとき、『僕、ローランじゃないの!?』とボケてしまいましたが(笑)、エダマメをやらせていただけるのは光栄です!

エダマメは、ちゃんと芯があるな、と思います。心のある人物で、良心を感じます。物事を、“良いか悪いか”ではなく、“目の前の相手に対して、親切かどうか”というのが判断の基準になっているような、印象があります。僕も似たところがあるので、とても共感できます。あとはグループ内での立ち位置が似ていますね。僕もメンバーによくいじられるので(笑)。

このコロナ禍で、ファンの皆さまと中々お会いできていないので、この舞台でお会いできるのが本当に楽しみです。原作ファンの方にも、楽しんでいただけるよう、精一杯頑張ります!

<演出:河原雅彦 MASAHIKO KAWAHARA コメント>
騙し騙されの応酬が飛び交うこの作品は、いわゆる“コンゲームもの”で、どっちに話が転ぶか分からないスリリングな展開が魅力。そんな場合、一番の肝は登場人物たちのキャラクターに尽きるわけですよ。宮田くんとは初めてのお仕事になりますけど、『日本一を自称するも、てんてこ舞いに振り回されるダメダメな詐欺師』って主人公にピッタリのような気がして。あ、これ別にディスリじゃないですよ? 主人公のエダマメは、キめるところはビシっとキめるし。

僕がアニメ原作を舞台化する際、常に心掛けていることは、演劇の強みを最大限に活かすこと。ストーリーをなぞるだけじゃ意味ないですからね。今回の舞台化にあたっても、舞台オリジナルの重要な役どころを足させてもらったり、ミュージカル要素までちょっぴり足させてもらいました。欲張りすぎですかね??
ま、ちょっとやってみます。

関連記事:
『コンフィデンスマンJP』より先だった!? 詐欺師が活躍するアニメ『GREAT PRETENDER』鏑木ひろ×古沢良太「ルールやモラルに厳しい世の中を吹き飛ばす人達の物語を作りたかった」
https://otajo.jp/89075

アニメ『GREAT PRETENDER』今後のエダマメの活躍は?枝村真人役:小林千晃「成長していくけど同時に退行もする(笑)」
https://otajo.jp/90264[リンク]

音楽劇「GREAT PRETENDER グレートプリテンダー」
主演:宮田俊哉
監修:古沢良太 脚本:斎藤栄作 演出:河原雅彦
2021 年 7 月 東京建物 Brillia HALL 8 月 オリックス劇場
公式サイト:https://www.greatpretender-stage.jp[リンク]
主催:フジテレビジョン サンライズプロモーション東京

アニメ「GREAT PRETENDER」について
<STAFF>
監督:鏑木ひろ(「君に届け」「鬼灯の冷徹」)
脚本・シリーズ構成:古沢良太(「ALWAYS 三丁目の夕日」「相棒」「コンフィデンスマン JP」)
キャラクターデザイン:貞本義行(「サマーウォーズ」「新世紀エヴァンゲリオン」)
サブキャラクターデザイン・総作画監督:加藤寛崇(「魔法使いの嫁」)
アニメーション制作:WIT STUDIO
<放送情報>
Netflix ほかにて好評配信中!
(C)WIT STUDIO/Great Pretenders

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / シネマの新着記事一覧

PAGE TOP