Otajo -オタ女-

Today is
Sep 27 2022

記事

WIT STUDIO×太田雅彦(みなみけ)TVアニメ『おにぱん!』PV解禁!野崎結愛・野中ここな・根岸実花がメインキャストに

アニメーション制作をWIT STUDIOが手掛ける新作オリジナルTVアニメーション『おにぱん!』が2022年4月より放送決定! 鬼と人間が共に生きる世界を舞台に3人のおにっ子が大活躍!!! キービジュアル・メインキャスト・ティザーPVが2月3日の節分の本日、解禁となりました!

本作は、鬼と人間が共に生きる世界を舞台に、鬼のイメージアップのため奮闘するおにっ子(=鬼の子供)たちの物語です。

原作は、TVアニメシリーズ『魔法使いの嫁』監督を務めたクリエイターの長沼範裕氏、WIT STUDIO、小学館集英社プロダクションの3者による「おにぱん!プロジェクト」が手掛け、AAO Projectによる原作企画の開発事業がTVアニメーションとして実を結びました。

本作のアニメーションは、2022年に10周年を迎え、『進撃の巨人』などクオリティの高い作品で躍進を続けるWIT STUDIOが制作。監督は『みなみけ』『ゆるゆり』などを手掛けた太田雅彦氏、シリーズ構成はあおしまたかし氏が担当します。

この度、制作・放送の決定に伴い、主人公となる3人のおにっ子の情報とキービジュアルが発表されました!

主人公は、人間と鬼が共存する世界で“鬼のイメージアップのため”、生まれ育った故郷・鬼ヶ島から東京の中学校に転入してくる14歳のおにっ子の赤鬼のつつじ、黄鬼のひまわり、青鬼のつゆくさの3人です。

キービジュアルには、主人公3人と作中でキーアイテムとなる「おにぱん」(=鬼のぱんつ)が描かれており、おにっ子たちのように元気で明るいビジュアルになりました。

併せてティザーPV、メインキャストも解禁。

メインキャストには人なつっこくて好奇心旺盛な赤鬼・つつじ役に野崎結愛さん、やんちゃでいたずらっ子な黄鬼・ひまわり役に根岸実花さん、クールと思わせてズボラな青鬼・つゆくさ役に野中ここなさんという、さくら学院で活躍していて卒業をした野崎結愛さん、野中ここなさん、「ちゃおガール 2019」グランプリの根岸実花さんのフレッシュなメンバーを迎え、さらに3人と重要な関わりとなる、桃園桃役を前田佳織里さん、一寸法子役を富田美憂さん、クマ役を井上喜久子さんの3名が脇を固めます。


動画:TVアニメ『おにぱん!』公式ティザーPV|制作&2022年4月放送決定!
https://youtu.be/z1024ituhXU

さらに、主人公3人を演じるキャスト陣から、気合の入ったフレッシュなコメントも到着しました!

メインキャラクターキャスト解禁

■つつじ CV 野崎結愛(のざき ゆめ)

鬼ヶ島から東京の中学校に転入してきた赤鬼の女の子。14歳。
人なつっこく裏表のない明るい性格で好奇心旺盛。
誰に対してもフレンドリーではあるが、距離感が近すぎるため戸惑われることもある。
鬼のイメージアップにも全力で取り組むつもり満々だけど、最初はちょっと物怖じしたり。
しかしながら、一度こうと決めたらやりぬく心の強さを持っている。
もっとも、そんなところが災いし、時に変な方向に迷走してしまうのが玉にキズ。
都会に憧れを持っており、恋やおしゃれには特に興味津々。

【キャストコメント】
○作品に対する印象
鬼の子供が主役というところにすごく魅力を感じました。鬼は一般的には悪者とされているけれど、鬼側から物事を見てみるとまた新しい発見があったり、みんなそれぞれを受け入れられる心が持てたり、おにぱん!はそんなアニメなんじゃないかと私は思いました。
さらに、3人の友情や周りの人々の優しさなどに、楽しみながら気づくことができると思います!

○キャラクターへの印象、意気込みなど
私が担当するつつじは、喜怒哀楽が激しくて、元気でポジティブな可愛らしい女の子だと思います!
セリフからもひまわりとつゆくさの2人を励ましたり、感情の起伏の激しさが感じられて、アフレコをするのがとっても楽しいです。私は、声優業が初めてで、不安な部分はたくさんありますが、このつつじと一緒に楽しくレベルアップをしていきたいと思います。
そして、私なりのつつじを精一杯表現したいです!

■ひまわり CV 根岸実花(ねぎし みか)

鬼ヶ島から東京の中学校に転入してきた黄鬼の女の子。14歳。
活発そうな風貌通り、やんちゃでいたずら好きな女の子で、つつじやつゆくさをグイグイ引っ張って色々なことに挑戦していく。
基本的には周りのことを気にせず我が道をゆくタイプ――なのだが、二人が変な方向に振り切れてしまったり、予想外なことが起きたりするとテンパってしまうという、突発事に弱い常識的な面もある。
3人の中で炊事掃除洗濯などの家事スキルが最も高く、鬼っ子たちの健康的な生活を支えている。

【キャストコメント】
○作品に対する印象
かっこよくて、可愛いおにっ子たちが「鬼のイメージアップ」という自分たちの使命のために、一生懸命頑張る姿に勇気がもらえる作品だと思います。最初は、「鬼」と聞いて想像がつかなかったのですが、中学2年生で私と同い年ということもあって、親近感がわきました。鬼だけど、人間と同じく、笑ったり、怒ったりしている姿がとても好きです。
鬼と人間の共存というテーマは現代の社会にも通じることがあると思うので、個性の強いおにっ子たちを暖かく見守っていただけたらなと思います。

○キャラクターへの印象、意気込みなど
私が演じさせていただくひまわりは、いつも元気で男の子っぽくて、みんなの先頭に立つことのできるツッコミ担当の女の子です。私自身、勇気をもらうことも多々あって、ひまわりのことが大好きです。
また、今回が初めての声優のお仕事で、上手くいかないことも多いですが、キャラクターに命を吹き込むというとても貴重で楽しい経験です。
これからも色々なことをどんどん吸収して、ひまわりの成長と一緒に自分もパワーアップしていきたいです。

■つゆくさ CV 野中ここな(のなか ここな)

鬼ヶ島から東京の中学校に転入してきた青鬼の女の子。14歳。
何事にも動じることなくクールな態度を崩さない孤高の美少女……と思わせて、単にズボラでものぐさなダウナー系。
天才肌で大概のことは苦もなくやってのけるのだが、面倒なのでつつじやひまわりに押しつけることもしばしば。
座右の銘は『今日やらなくても明日の私がやってくれるといいなあ』。
3人の中では最も精神的に大人だが、甘い物が大好きでスイーツのためなら何でもやるような子供っぽい面もある。

【キャストコメント】
○作品に対する印象
今回参加させていただく新アニメ「おにぱん!」はとてもカラフルな明るい3人のおにっ子が、見た人の生活を色鮮やかにしてくれるクスッと笑える作品となっています!
この3人以外にも沢山のキャラクターが登場するので毎回の放送を楽しみにしてくださると嬉しいです。
どんな年代の方にも愛される、そんな作品となっています。

○キャラクターへの印象、意気込みなど
私が声を吹き込ませていただいたつゆくさちゃんは、どんな状況でも周りに流されず、クールでおっとりしていて、とても愛おしくなる青鬼の女の子です!
いつもはのんびりしているつゆくさちゃんですが、食べ物(特にスイーツ)の事になると、テンションが上がって笑顔になる所がとても好きです。今回初めて声のお仕事をするので緊張しますが、初めて命を吹き込んだキャラクターがつゆくさちゃんで本当に幸せだと感じながら演じています。

以下のキャラクターについての詳細は後日発表予定。お楽しみに!!
■桃園桃 CV 前田佳織里(まえだ かおり)
■一寸法子 CV 富田美憂 (とみた みゆ)
■クマ CV 井上喜久子(いのうえ きくこ)

作品情報

【イントロダクション】
「鬼は悪者」
そんなイメージはもう古い。今では人間ともすっかり仲良し。
―…昔々のヤンチャのせいで、誤解されたりいじられたりすることもあるけれど。
これは、人間と鬼が共に生きる世界で、
3人のおにっ子が鬼のイメージアップのために奮闘する物語。
鬼ヶ島から東京の中学校に転入、そして…
時に人助け、時に町おこし、時に学校行事へ飛び込み、時には…アイドル活動!?
キーアイテムは、鬼族に伝わるぱんつ ―…その名も「おにぱん!」
どんな能力が秘められているのか、それともいないのか!?
さらには桃太郎や一寸法師の子孫も登場して…!?
大忙しのおにっ子たち、たまに失敗して落ち込むこともあるけれど、今日もめげずにひたむきに頑張ります!

【スタッフ】
原作 :おにぱん!プロジェクト
原案・原作監修 :長沼範裕
おにっ子デザイン原案 :トマリ
監督 :太田雅彦
助監督 :橋口淳一郎
シリーズ構成 :あおしまたかし
キャラクターデザイン・総作画監督 :柳隆太
美術監督 :鈴木俊輔
3DCG 監督 :廣住茂徳
色彩設計 :小松亜理沙
撮影監督 :頓所信二
編集 :小野寺絵美
音響監督 :えびなやすのり
効果 :山谷尚人
録音 :鶴巻慶典
音楽 :三澤康広
アニメーション制作 :WIT STUDIO
企画協力 :AAO Project

【キャスト】
つつじ:野崎結愛
ひまわり:根岸実花
つゆくさ:野中ここな
桃園桃:前田佳織里
一寸法子:富田美憂
クマ:井上喜久子

・公式 HP:https://onipan.com
・公式 Twitter:@tv_anime_onipan
・推奨ハッシュタグ:#おにぱん

※AAO Project とは、株式会社 AOI Pro.、株式会社アミューズ、オリガミクスパートナーズ株式会社の3社がクリエイターとともに、多様なジャンルに向けオリジナル IP を開発・プロデュースするプロジェクト

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

アニメ / アニ漫の新着記事一覧

PAGE TOP