Otajo -オタ女-

Today is
May 26 2022

記事

小畑健原案キャラ一挙解禁!WIT STUDIO×虚淵玄×澤野弘之 アニメ映画『バブル』追加キャストに三木眞一郎

日本が世界に誇るトップクラスのクリエイターが集結したアニメ映画『バブル』(2022年公開)のキャラクター情報とビジュアルが一挙解禁!

本作は、世界に降り注いだ泡<バブル>によって、重力が壊れた東京で、少年と少女の想いが引かれ合う、グラビティ・アクション・ラブストーリー。

監督はアニメ「進撃の巨人」のアクション映像で瞬く間にその名を轟かせた荒木哲郎氏。アニメファンから絶大な信頼を得るWIT STUDIOが制作を担い、透明感あふれる至極の美麗映像と、本スタジオの真骨頂ともいうべき縦横無尽なカメラワークで描破する怒涛のハイスピードバトルが炸裂する、超大型オリジナルアニメ『バブル』は、2022年5月13日(金)に全国公開、NETFLIX版として2022年4月28日(木)に全世界配信されます。

監督・荒木哲郎氏が川村元気プロデューサーとタッグを組み、脚本・虚淵玄氏(「魔法少女まどか☆マギカ」)、キャラクターデザイン原案・小畑健氏(「DEATH NOTE」)、音楽・澤野弘之氏(『プロメア』)といった超豪華スタッフとともに作り上げた渾身の1作。

声優陣には、主人公・ヒビキ役に志尊淳さん、バブルを調査する科学者・マコト役に広瀬アリスさん。また、荒木監督作品で重要なキャラクターを担当してきた宮野真守さん、梶裕貴さん、畠中祐さん、千本木彩花さん、井上麻里奈さんら人気実力派声優たちも出演します。


動画:映画『バブル』特報 劇場版2022年5月13日(金)公開
https://youtu.be/E0xQ7WQTMQE

第72回ベルリン国際映画祭への正式出品が決定するなど注目度が日に日に増していく本作のキャラクタービジュアルが解禁!

キャラクターデザイン原案・小畑健。コメント到着!!

総作作画監督 門脇聡氏キャラクタービジュアルが解禁! 超豪華声優陣が演じるキャラクター情報も明らかに!!

この度、本作のキャラクターデザイン原案の小畑健氏よりコメントも到着。
「キャラクターデザインの原案をやらせていただきました。お話を聞いた時の最初のイメージが残った部分と、その後、自分の中で足したり引いたりしたものが混ざりあって、今の形になりました。ブルーブレイズだけでなく、他のチームもそれぞれモチーフを持たせてチーム感は意識しています。そのあたりも見ていただけたら嬉しいです」とキャラクターが完成するまでの過程と、チーム感を意識したキャラクター造詣についてコメントが届きました。

そして、小畑氏が作り上げたキャラクターデザインの原案に、本作の総作画監督を務めた門脇聡氏によるキャラクタービジュアルが到着。門脇氏はWITSTUDIO所属としてこれまで「進撃の巨人」シリーズでも総作画監督を務めています。本作でも、繊細な表情から躍動感のある姿まで、各キャラクターの魅力を鮮やかに描いています。

また、これまで志尊淳さん演じる主人公ヒビキ、広瀬アリスsあん演じる<バブル>を調査する科学者・マコト役、まだ声優キャストが未発表のウタのビジュアルが明らかになっていましが、他の超豪華声優陣が担当するキャラクタービジュアルが遂に解禁。本作の重要な要素の一つであるパルクールのチームバトル・バトルクールのチームカラーを背景にしたビジュアルを背景に、個性豊かなキャラクターたちの姿が描かれています。

さらに、追加声優キャストとして、「頭文字D」シリーズの主人公・藤原拓海や、「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」のロイ・マスタング役の人気声優・三木眞一郎さんの出演も決定! また、それぞれが演じるキャラクター情報も明らかに!

今回、宮野真守さんが演じるのは、皆の頼れるアニキ的存在のシン。バトルクールチームが生活物資を賭けて戦うバトルレースをジャッジする役割を担っています。梶裕貴さんが演じるカイは、ヒビキも所属するチーム“ブルーブレイズ(通称 BB)”のリーダー。卓越した運動神経を持つ熱血漢。

降泡現象で家族を失い、船長だった父の影響を受け、船の整備も担当している。同じチームメンバーであるウサギを演じるのが、千本木彩花さん。BBの中では最年少で、明るく無邪気なチームのムードメーカー。

また、他のバトルクールチームのリーダーで、秋葉原を拠点とするチーム“電気ニンジャ”のリーダーを畠中祐さん、お台場を拠点とするチーム“アンダーテイカー”のリーダーを井上麻里奈さん、練馬を拠点とするチーム“関東マッドロブスター”のリーダーを三木眞一郎さんがそれぞれ務めます。

個性豊かなキャラクター達は本編で一体どのような活躍を見せるのか、各バトルクールチームと繰り広げられる圧巻のバトルシーンにはぜひ期待してください!

キャラクター紹介

★ヒビキ(CV.志尊淳)
渋谷を拠点とするバトルクールチーム・ブルーブレイズ(通称 BB)のエース。
幼い頃から特殊な聴覚の持ち主で、他人とのコミュニケーションをあまり好まない。
プレイ中に落下した海中で、ウタと遭遇する。

★ウタ(CV.未発表)
ヒビキの前に突然現れ、一緒に暮らすことになった少女。ヒビキだけに聴こえていた”音“に反応する。
運動神経が抜群でバトルクールにも参加するようになるが、その正体は不明。

★マコト(CV.広瀬アリス)
ヒビキたち BB が暮らす船・令洋で共に生活し、居住禁止区域の降泡現象を調査している女性科学者。
今ではもはや BB のお姉さん的役割で溶け込み、ウタの面倒も見ている。

★シン(CV.宮野真守)
BB をはじめとするバトルクールチームの個性を尊重しながら、彼らが生活物資を賭けて争うバトルレースをジャッジしている、数少ない年長者。少年たちの頼れるアニキ的存在。

★カイ(CV.梶裕貴)
BB のリーダー。卓越した運動神経で BB を勝利に導く熱血漢。降泡現象で家族を失い、船長だった父の影響を受けて自らも暇があれば操縦の勉強をし、船の整備を担当している。

★ウサギ(CV.千本木彩花)
BB の中では最年少で明るく無邪気な、チームのムードメーカー。
バトルクールではまだ無鉄砲な動きをしてしまうこともあるが、チームには欠かせない存在。

★電気ニンジャ・リーダー(CV.畠中佑)
秋葉原を拠点とするバトルクールチーム“電気ニンジャ”のリーダー。
バトルで生活物資を稼ぐため常に BB と張り合っているが敵対心はなく、時に彼らを応援する。

★アンダーテイカー・リーダー(CV.井上麻里奈)
お台場を拠点とするバトルクールチーム“アンダーテイカー”のリーダー。
強力なスポンサーがおり、バトルに特化した高性能ブーツなどを使用して、ヒビキたちを脅かす。

★関東マッドロブスター・リーダー(CV. 三木眞一郎)
練馬を拠点とするバトルクールチーム“関東マッドロブスター”のリーダー。
性格や言動は荒っぽいが情に厚く、敵チームの危機にも素早く対応する一本気な男。

【STORY】
本作の舞台は世界に降り注いだ泡〈バブル〉で、重力が壊れた東京。ライフラインが断たれた東京は家族を失った一部の若者たちの遊び場となり、ビルからビルに駆け回るパルクールのチームバトルの戦場となっていた。ある日、危険なプレイスタイルで注目を集めていたエースのヒビキは無軌道なプレイで重力が歪む海へ落下してしまった。そこに突如現れた、不思議な力を持つ少女ウタがヒビキの命を救った。
そして、2 人にだけ特別な音が聞こえた…。なぜ、ウタはヒビキの前に現れたのか。二人の出会いは、世界を変える真実へとつながる。

作品概要

作品タイトル:『バブル』
監督:荒木哲郎 脚本:虚淵玄[ニトロプラス] キャラクターデザイン原案:小畑健 音楽:澤野弘之 企画・プロデュース:川村元気
制作スタジオ:WIT STUDIO
声の出演:志尊淳 宮野真守 梶裕貴 畠中祐 千本木彩花 井上麻里奈 三木眞一郎 / 広瀬アリス
配給:ワーナー・ブラザース映画
公開日:
<劇場版>2022 年 5 月 13 日(金)全国公開
<NETFLIX版>2022 年 4 月 28 日(木)全世界配信
公式 HP オフィシャルサイト:bubble-movie.jp[リンク]
オフィシャル Twitter:@bubblemovie_jp ハッシュタグ#映画バブル

(C)2022「バブル」製作委員会

関連記事:
劇場版『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』「無名の声が聴こえた瞬間から涙が……」畠中祐・増田俊樹・逢坂良太ら登壇 完成披露舞台挨拶レポート
https://otajo.jp/78135

劇場版は「無名」推し!『甲鉄城のカバネリ』ゲーム&アニメ合同発表会 ドMラジオも再開決定
https://otajo.jp/73906[リンク]

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

アニメ / アニ漫の新着記事一覧

PAGE TOP