Otajo -オタ女-

Today is
Dec 03 2022

記事

マブダチトリオは同い年キャスト3人揃い!舞台「フルーツバスケット」上演中

舞台「フルーツバスケット」が日本橋三井ホールにて上演中。また、3月13日の千秋楽はオンライン配信も実施します。

「フルーツバスケット」(原作・高屋奈月)は「花とゆめ」(白泉社)において、1998年から2006年まで連載された大人気少女漫画で、全世界コミックスの累計発行部数は3000万部を突破。

2019年4月より新スタッフ&キャストにより全編アニメ化となり、足掛け3年に渡りテレビ東京ほかにて放送されました。そして2022年2月18日(金)より、TVシリーズ総集編に新作映像を加えた「フルーツバスケット -prelude-」が全国の劇場にて絶賛上映中(劇場限定版 Blu-ray 同時発売)です。

本作は、2019年より放送されたTVアニメを原作とした舞台となっており、TVアニメと同様に坂本真綾さんが演じる草摩慊人がボイスで登場するなどファンにはたまらない演出と、豪華キャスト陣の熱演によって彩られる「フルーツバスケット」の世界をお届けします。

初日囲み取材には出演者を代表して、本田 透役・吉田綾乃クリスティーさん(乃木坂46)、草摩由希役・北川尚弥さん、草摩 夾役・橋本祥平さん、草摩綾女役・仲田博喜さん、草摩はとり役・伊万里有さん、草摩紫呉役の安里勇哉さんが登壇。ついに公演初日を迎えての意気込みを語りました。

主役の本田透役を務める吉田さんは「最初このお話を頂いたときは、世界中で愛される作品の主役がどうして私なのか」と不安とプレッシャーを感じたと話しつつ、「ですが稽古を進めていくにつれ楽しみな気持ちが大きくなり、今はフルーツバスケットの世界を色んな方に広められたらと思います」と意気込みを熱く語りました。

北川さんは「アニメから飛び出てきたような世界観を皆様にお届けできたら」と話し、橋本さんも「草摩一族+αで一丸となって作品に取り組みました。主人公の透と出会うことで成長していく各キャラクターの姿を見せられたらと思います」と公演を楽しみにしているファンへそれぞれがメッセージを送りました。

伊万里さんは「今日はタツノオトシゴの勝負下着を履いてきました!」と気合十分。「綾女・はとり・紫呉のマブダチトリオ3人はキャストも同い年同士で仲の良さが伝わるかなと思います。この3人の他愛もないシーンも楽しんで頂きたい」と続けました。

安里さんも「透・由希・夾も素敵ですが、われわれ真のマブダチトリオで、透たちに負けない気持ちで頑張りたい」と自身の役柄に意欲を見せます。

仲田さんは「どのキャラクターも中心人物と言って過言ではないくらい濃いキャラクターが集まっている」と話しつつ、「重たいシーンもありますが、そんな空気を一変して笑って楽しんでもらえるような綾女を演じていけたら」と熱を込めました。

続いて“役作りで難しいと感じた部分”を尋ねられると橋本さんは「夾は辛い過去を背負ったキャラクターで、僕は真逆の育ち方をしたので、彼をどこまで理解できるのか悩みました。せめて全力で彼に寄り添おうと思い稽古期間を過ごしてきましたね」と話し、真摯に役柄に取り組んできた姿が伺えました。

対して「キャラクターがスッと自分の中に入ってきた」と話す伊万里さんは、「自分は普段あまり泣く方ではないのですが、原作を観ていて大切な人との思い出を自分の手で消さないといけないというシーンにはツーッと涙が出てしまいました」と原作を観ての想いを語りました。

また“自分以外で気になるキャラクターは誰か”という質問には、安里さんから「安達勇人さん演じる利津は大きなインパクトを皆さんに残せると思う」と意味深なコメントが。仲田さんは「全キャラクター魅力的ですが、由希のことは自分の役柄も相まってつい兄目線で見てしまう」とはにかみ笑顔を浮かべます。

“自身の役で特に注目してほしいシーン”については北川さんから「顎クイをするシーンがあるので顎クイです!」とピンポイントな見どころが飛びだし、周りから「さすが王子様」とツッコみが入り、伊万里さんは「注目してほしいところは、僕が出てくる全シーンです! 前の席の人は脚の長いところを見てください」とアピールするなど、和気あいあいとした雰囲気で取材が進行します。

橋本さんは「自分を鼓舞するためにも言いますが、最後の夾のシーンはフルーツバスケットの物語としても重要な部分を担っているシーンになりますので、是非注目してみて頂きたいです」と物語の軸となるポイントについても触れられ、本作への期待度も否応なしに高まります。

さらに、劇中では対立しがちな由希役の北川さんと夾役の橋本さんは、普段は仲がいいと話し、橋本さんは「俺が尚弥を笑わせたいな、という気持ちで毎日過ごしているので、役の上では嫌いですが、楽屋だとめっちゃ好きなので、そのオンオフをしっかりやりたい」と笑顔を見せる場面も。

最後に、本番に向けて吉田さんは「こういった時勢の中で本日無事に初日を迎えることが出来たことを感謝しております。誰一人欠けることなく千秋楽まで全員で走り切れたらと思いますので、よろしくお願い致します」と公演を心待ちにするファンへのメッセージを送り、囲み取材は終了しました。

舞台「フルーツバスケット」は平日公演ではメンバーを変えながらアフタートークが実施され、3月13日(日)の千秋楽は配信でもお楽しみ頂けます。

公演情報

■タイトル: 舞台「フルーツバスケット」
■上演期間:2022 年 3 月 4 日(金)~13 日(日)
■劇場:日本橋三井ホール(〒103-0022 東京都中央区日本橋室町 2 丁目 2-1 COREDO 室町 1 5F)
■チケット:
一般販売チケット(先着順)/機材解放席チケット(先着順)発売中!
価格:9,800 円(税込/全席指定)
※チケットや公演の詳細、チケット販売に関する注意事項は公式 HP をご確認ください
■来場者特典:
舞台「フルーツバスケット」オリジナルクリアしおり(全 14 種)

■配信:
・対象公演:
2022年3月13(日)【第 1 部】開場 11:30/開演 12:00 【第 2 部】開場 15:30/開演 16:00
・配信チケット価格
12時公演 配信チケット:3,980 円(税込)
16時公演 配信チケット:3,980 円(税込)
12時公演&16時公演 通し配信チケット:7,700 円(税込)
12時公演&16時公演 通し配信チケット【キャスト特典映像付き女子会 Ver.】:8,480 円(税込)
12時公演&16 時公演 通し配信チケット【キャスト特典映像付き男子会 Ver.】:8,480 円(税込)
・受付日時
▽単品チケット(12):2022 年 2 月 16 日(水)18:00 ~ 2022 年 3 月 21 日(月)21:00
▽通しチケッ(345)ト:2022 年 2 月 16 日(水)18:00 ~ 2022 年 3 月 21 日(日)18:00
※3 月 15 日(火)AM5:00~17:00 の期間はプラットフォームのメンテナンスがある為、ミクチャでのチケット購入ができなくなります。予めご了承ください。

・視聴期間
▽各公演開始~2022 年 3 月 21 日(月)23:59
※3 月 15 日(火)AM5:00~17:00 の期間はプラットフォームのメンテナンスがある為、アーカイブ視聴ができなくなります。予めご了承ください。
※上記時間以降のアーカイブ配信(見逃し配信)はございません。
※アーカイブ配信は各公演終了から3時間後より配信開始予定となります。
※アーカイブ開始時間は状況により遅れる場合がございます。

Blu-ray 情報

《商品情報》
・タイトル:舞台「フルーツバスケット」Blu-ray
・発売日:2022 年 7 月 22 日(金)
・価格:10,000 円(税込)
・仕様:Blu-ray2 枚組
・特典映像:ステージ定点全編映像、バックヤード映像 <予定>
※商品の収録内容、特典および仕様は予告なく変更になる場合がございます。
《店舗別情報》
・楽天チケット特設サイト予約特典:本編未収録!舞台稽古風景映像 DVD
・Amazon、アニメイト特典:店舗別ブロマイド4枚セット(透、由希、夾、紫呉)
《会場予約特典》
・楽天チケット会場限定予約特典:会場限定ポストカード
※特典引き換え方法は公式 HP をご確認ください。

作品情報

■スタッフ
原作:高屋奈月「フルーツバスケット」(白泉社・花とゆめ COMICS)
脚本・総合演出:毛利亘宏 (少年社中)
演出:長谷川太郎 (少年社中)
ほか
■キャスト
本田 透:吉田綾乃クリスティー
草摩由希:北川尚弥
草摩 夾:橋本祥平
草摩綾女:仲田博喜
草摩潑春:田村升吾
草摩紅葉:古賀 瑠
草摩楽羅:関根優那
草摩利津:安達勇人
草摩杞紗:鎌田英怜奈
草摩燈路:陣 慶昭
魚谷ありさ:南 千紗登
花島 咲:中村裕香里
本田今日子:芳賀優里亜
草摩藉真:稲垣成弥
草摩はとり:伊万里有
草摩紫呉:安里勇哉
アンサンブル:久保早里奈、徳岡あんな、西尾咲良、西澤佳就
■主催
舞台「フルーツバスケット」製作委員会 2022
■舞台「フルーツバスケット」公式サイト:https://fruba-stage.jp/[リンク]
■公式 Twitter:@fruba_stage (https://twitter.com/ fruba_stage )
(C)高屋奈月・白泉社/舞台「フルーツバスケット」製作委員会 2022

関連記事:
橋本祥平・阪本奨悟の双子王子も登場『王室教師ハイネ -THE MUSICAL Ⅱ-』は総勢32名のキャスト陣でロイヤル感アップ![動画レポ]
https://otajo.jp/78146

リアルな緊張感に心が震える!舞台「この音とまれ!」は意味のある生演奏で物語が繋がる[動画レポ]
https://otajo.jp/80602[リンク]

ミュージカル『少女革命ウテナ』は「絶対運命黙示録」に鳥肌!千秋楽公演の配信も決定
https://otajo.jp/71404[リンク]

※Otajoとガジェット通信は姉妹サイトです。

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / シネマの新着記事一覧

PAGE TOP