Otajo -オタ女-

Today is
May 26 2022

記事

TVアニメ『アオアシ』漫画には描かれていない周りのキャラの表情にも注目!青井葦人役:大鈴功起&大友栄作役:橘龍丸インタビュー

NHK Eテレにて毎週土曜日午後6時25分~放送中の、サッカーJリーグのユースチームを舞台にプロを目指し奮闘する高校生たちの青春を描くTVアニメーション『アオアシ』より、青井葦人役の大鈴功起さん、大友栄作役の橘 龍丸さんのインタビュー<前編>をお届けします。

原作は、週刊ビッグコミックスピリッツで連載中の小林有吾先生による大人気コミックス。累計1100万部突破、第65回小学館漫画賞一般向け部門を受賞、日本サッカー界とも多くのコラボレーションを続ける「いまもっともアツいサッカー漫画」が待望のTVアニメ化です。

アニメーション制作は『黒子のバスケ』『ハイキュー!!』などを手掛けるProduction I.G。監督はさとう陽氏、シリーズ構成は横谷昌宏氏が担当しています。

青井葦人役の大鈴功起さん、大友栄作役の橘 龍丸さんに、アニメならではの注目ポイントなどお話を伺いました。

――出演が決まったときのお気持ちをお聞かせください。

大鈴:めちゃめちゃ嬉しかったです! オーディションでは「もっとこうすればよかったな」とすごく後悔した部分もあったので、ほぼ落ちたと思っていて。一週間後くらいに電話で決まったと連絡をいただいたときに、嬉しいのと同じくらい、「良かった~」と力が抜ける感じがありました。収録までの期間を使って自分が納得できるくらい、出来る限り知識や経験をしっかり身につけていこう、と責任感を感じました。

橘:僕も決まったときはめちゃめちゃ嬉しかったです! 僕自身、大友に似ている部分があって、緊張しいな部分があるんですけど、今回に関してはそこまで緊張せず、オーディションも伸び伸びとやらせてもらいました。
音響監督のはたさんとは別の作品でもお仕事させていただいていたんですけど、はたさんからも「良かったよ」と言ってもらったので、「じゃあ、どっしり構えて待ってます!」みたいな感じで、もう合格の連絡が来る前提くらいの勢いでいました(笑)。
僕自身が大友と近しい部分があるので、演じていてそこまで自分との差みたいなものは感じていなかったので、役が決まったら思い切りやらしてもらおう!と思っていました。

――演じられるキャラクターの印象を教えてください。

大鈴:アシトは、オーディションで資料をいただいたときは、とにかくサッカーが大好きで情熱的で真っ直ぐで、前にがむしゃらに進んでいく子なんだなと感じました。
ですが原作を読むと、アシトはそれだけじゃなくて。この作品のテーマとして「考える」という言葉があるんですけど、アシトは“考えられる子”なんですよ。がむしゃらに進むだけじゃなく、壁にぶつかってそれを乗り越えて行くためにどうすればいいかというのを、ちゃんと頭を使って考えて、段々それが出来るようになっていく。そこが最初に感じた印象と少し違って、「冷静な部分も持ち合わせている子なんだな」と思いました。
また、仲間思いだったり、家族思い。お母さんとお兄ちゃんの影響だと思うんですけど、すごく良い子に育っています。
あと一番は、ごはんをすごく美味しそうに食べるんですよ(笑)。食レポがめちゃくちゃ上手いところも魅力ですね。

橘:大友は、最初に読んだときは「なんて頼りなさそうなキャラクターなんだろう」という第一印象はありましたし、「たぶんこの子、途中で抜けちゃうんだろうな」とか思っていたんですけど、漫画を読み進めると、「大活躍じゃないか!」というキャラで。
意外と周りをよく見て、俯瞰で見ることもできつつ、プライベートではモテている男とかを見ると嫉妬するような奴ですけど、実際は情に厚くてすごく仲間思いで、“自分が損をしてでも相手を立てる”くらいの気持ちがあるんだろうなと、親近感を持てるキャラクターだと思いました。

――アフレコでは、アニメのスタッフさんから受けたディレクションで印象的だったことはありますか?

大鈴:第1話の収録のときに、さとう陽監督からは、「オーディションでやってくれたものを気負わずにそのままやってくれたら、それがアシトだから」と言っていただけたので、ベースの部分は最初からそんなに変わっていないです。ただ、音響監督のはたさんから、「ベースの部分はそのままで、もうちょっとアシトのおおざっぱな感じやがさつな感じを入れて、主人公だからってカッコよくならなくていいから」とおっしゃっていただいて、そこを軸に考えていつも演じています。

――がさつな伊予弁というのは難しそうですね。

大鈴:確かに、伊予弁は柔らかいイメージですよね。でも、伊予弁をずっと喋っているわけでもなくて、原作の中で伊予弁のセリフのところを伊予弁で喋っている感じです。本当の伊予弁では絶対言わないような言葉遣いや語尾を使うところももいっぱいあったりするので、伊予弁というより、アシト弁みたいなイメージでやっているところもあります。

――橘さんと一緒に収録して助けられると感じる部分もありますか?

大鈴:龍丸さんの大友は、一番最初にご一緒したときから、声を聴いた瞬間に「あ、大友だ!」と感じたので、龍丸さんじゃなくてもう僕のイメージしていた大友がいる!と思って作品世界に入り込めたというか。目の前にいるのは大友だ!と思って会話できたので、僕もよりアシトの気持ちが分かった気がします。

橘:とても素敵な言葉をありがとうございます(笑)。

――橘さんは大友がご自身と似ているとおっしゃっていますが、ディレクションを受けた部分はありましたか?

橘:スタジオに行ったときも、1回テストで声を出させてもらって、その後にはたさんからディレクションで返って来た言葉が「うん、そのままでいいので、もう1回録ります」しか言われていません(笑)。でも、はたさんと個人的にお話したことがあって、とりあえず、コートの中と外だとガラッと人が変わるような、大友のメリハリやギャップをしっかり出せるように、というのは意識しなきゃいけないと思っています。
試合に出ているときの選手としての熱量だったり、コートから出た後のプライベートの年相応のお調子者なところなど、しっかりギャップを持ってアフレコで出せたらと思ってずっとやっています。
だから、最初は原作の絵の印象だと意外と緊張していなさそうな顔に見えるけれど、自分の中でもう少し緊張を深めにビビリを入れて、などは意識しつつやっています。

大鈴:笑い方とかもすごいですよね。

橘:あれはちゃんとオーディションにあったからね。ウヒヒヒヒヒエヘヘヘゲヘヘヘっていうやつ。頑張るわ(笑)。

大鈴:楽しみです。

――大鈴さんは初めての主演ですが、橘さんから見ていかがですか?

橘:僕が初めて主演でやらせてもらったときはガッチガチだったんですけど、大鈴くんはブースに入っていくと、もうニコニコして「よろしくお願いします!」と言っているので、「度胸座ってるな!こういう子がやっぱりアシトなんだな、わかる!」みたいな(笑)。
アシトも物怖じしないじゃないですか。東京に出てきて、これだけ知らない人がいたら、まず発言自体が出来ないと思うんです、普通の人は。でも、アシトはバンバンしていくし、それが大鈴くんもバンバン自分のやりたい芝居をやっていくという、やっぱりなるべくしてアシトになった人なんだな、と僕は勝手に思っています。

――橘さんは以前、ミュージカル「スタミュ」で取材させていただきましたが、舞台「アオアシ」の主演もスタミュと同じく杉江大志さんでした! 杉江さんもアシトはハマり役だと思いますが、アシト役のお二人と共演されて共通点を感じますか?

橘:いや、真逆(笑)! 

――熱さと真っ直ぐさはあるかなと思いますが(笑)。

橘:真っ直ぐさは似ているかもしれないですけど、それ以外は真逆かもしれないですね。大鈴くんは、結構考えて「これをこうして」と筋立てをしていくけど、杉江大志さんの場合は、どちらかというと台本があったら「俺ならこうするけど、これどうです?」と、自分がやりたい芝居を1回やって演出的にどうですか?という組み立ての仕方なので、役者の芝居のアプローチは真逆かな、と思います。

――配役としては合っているなと思っていましたが、組み立て方は真逆なんですね。

橘:そうですね、大志自身が自由なので、大志はアシトというよりかは、大友かな。考え方とか、やり方で言うと、大友と黒田を足して2で割った感じです。

――大鈴さんと一緒に収録されていて影響された部分はありますか?

橘:すごく素直なので、逆にこっちが中途半端な芝居をすると、それを受け取ってセリフを出してしまうな、と思うので、一瞬たりとも気が抜けない。それはすごく感じていて。だから、逆にこっちも出したセリフで気持ちが上がります。
タイミングが合わず一緒に収録できなかったシーンでも、大鈴くんならきっとこう返してくれるだろう、と予測してブースに立つと、先に録っていた大鈴くんの声を聴くと想像を超えて来てくださるので、じゃあこっちもそれに対してちゃんとブラッシュアップしたものを持っていかなきゃな、と返させてもらったりはありますね。僕も役者歴は長いですけど、声優としてのお仕事はまだ3年くらいで全然大したことないので、上も下もなく楽しくやらせてもらっています。
特に試合のときは、お互いに叫んだり、ゴールが決まったときなど喜び合う瞬間が結構あるので、そこをいかにリアルにどこまで持っていけるか、というところは意識するようにしていますね。

――名言や印象的な言葉も多いですが、印象的なセリフやシーンを挙げるとしたら?

大鈴:たくさんあるんですけど、言葉でいうと、「誰がやめるか!」。

橘:めっちゃ被った!

大鈴:わかります!?

橘:あのシーンはいいのよ! なんか自分にもすごくリンクする! わかる!

大鈴:あのシーンは、絶望というか、心も体も限界のときに、もうこのまま楽なほうに逃げてしまおうか……と思って出てくる台詞で、その前にお母さんとお兄ちゃんの顔を思い浮かべるところも含めて大好きです。やっぱりアシトの根底にある部分の家族への想いが溢れていますし、その後に鼻息荒く「誰がやめるか!」という言葉が出てくるところもアシトらしくて良いセリフだなと思います。

――アニメならではの部分や注目してほしい部分を教えてください。

大鈴:第1話はほとんど画が出来ている状態での収録だったんです。キレイで、さすがProduction I.Gさんという感じで。サッカーのシーンは原作でもめちゃめちゃ迫力あるんですけど、アニメだからこそ、期待値は高いというか。画になったらきっとすごいぞ!と思いますね。

橘:それこそ、漫画だと1枚の描写の部分もアニメだと動くので、漫画だと描かれていない、実はそのキャラクターの周りにいる人たちが今どんな顔をしているか、というのをアニメになってからわかったりします。
特に僕は収録してみて、「あ、このときは大友はアシトの側に一緒に居て、こんな顔して立ってるんだ」みたいなことが結構あるんですよ。「なんでこいつはこんな顔して立ってるんだろう?この顔に対して何かアドリブ入れたほうがいいのかな」みたいなことも、音響監督のはたさんに聴いたりしたこともあります。
そういった意味では、やっぱりアニメならではのキャラクターの喋ってはいないけれど、その場にいる人たちの表情1つ、息遣い1つだったりが細かく描かれていると思うので、オフの部分のアニメの画を観てもらっても楽しいんじゃないかなと思います。

――よりキャラクター性が広がりそうですね。

橘:そうですね! 「こいつ、この瞬間にはもうこれに興味持ってたんだな」とか、「もうこのとき、こいつ顔が赤いんだ」とか、「あ、このとき苛立ってたんだ!」みたいなことが出てくると思うので。そういう裏のお芝居みたいなところを楽しんでもらえたらと思います。

TVアニメ『アオアシ』第4話「CROW」はNHK Eテレにて本日4月30日(土)午後6時25分より放送!

インタビュー後編はコチラ↓
原作ファンも絶対に「ありがとう!」と言いたくなるクオリティ!TVアニメ『アオアシ』序盤の名シーンは……大鈴功起&橘龍丸インタビュー
https://otajo.jp/107499

関連記事:
team鳳「まぁ見ててよ、大丈夫だから」新要素満載の「スタミュミュ」-3rdシーズン-キャストインタビュー
https://otajo.jp/80412[リンク]

※Otajoとガジェット通信は姉妹サイトです。

TVアニメ『アオアシ』作品情報

<放送情報>
NHK Eテレにて毎週土曜日午後6時25分~好評放送中

<配信情報>
各配信サービスにて好評配信中
毎週日曜深夜 0 時〜
バンダイチャンネル、Amazon プライムビデオ、U-NEXT、d アニメストア、dTV、Hulu、
TELASA、J:COM オンデマンドメガパック、milplus、スマートパスプレミアム、ディズニープラス
毎週火曜 12 時〜
NETFLIX、ひかりTV、アニメ放題、FOD、ふらっと動画、Google Play、ビデオマーケット、
GYAO!ストア、DMM.com、music.jp、RakutenTV、HAPPY!動画、ムービーフル Plus
各配信サービスの開始日時に関しては変更となる場合がございます。

<イントロダクション>
「世界へ、連れていってやる。」
愛媛に暮らす中学生・青井葦人(あおいアシト)は弱小サッカー部のエース。
中学最後の大会で負けた日、悔しさをぶつけるように海辺で走り込んでいたアシトは、試合を見ていた一人の男と出会う。
その男——福田達也は、Jリーグ有数のクラブ「東京シティ・エスペリオン FC」で、高校生年代を育成する組織「ユースチーム」の監督だった。
荒削りだが、ある特別な才能を持つアシトに無限の可能性を見出した福田は、自らの野望を語り始める。
「俺には野望がある。俺の作り上げたクラブで、世界を掌中に収める。世界への踏み台じゃない。我がクラブこそが世界だと。その野望のすべてを担うもの、育成<ユース>だ。」
福田の誘いを受け、入団試験<セレクション>を受けに上京することを決意するアシトだったが──
常にサッカー漫画の最前線を走り続ける『アオアシ』が、ついに待望のTVアニメーション化!
挫折、成長、友情—青春の全てがここにある!

<スタッフ>
原作:小林有吾「アオアシ」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)
監督:さとう陽
シリーズ構成:横谷昌宏
副監督:曽我準
サッカー監修:竹下健一、曽我準、飯塚健司
キャラクターデザイン:中武学、川村敏江、山口飛鳥、長谷川早紀
サブキャラクターデザイン:清池奈保、渡部由紀子、大導寺美穂、白井英介、本田真之
総作画監督:中武学、山口飛鳥
プロップデザイン:伊東ありさ、津坂美織
色彩設計:上野詠美子
美術監督:垣堺司、竹田悠介
美術設定:金平和茂、伊井蔵
2D ワークス:濱中亜希子
プリビジュアライゼーション:前島昌格
3D:森本シグマ
撮影監督:今関舞子
編集:村上義典
音響監督:はたしょう二
音楽:横山克
アニメーション制作:Production I.G

<キャスト>
青井葦人:大鈴功起
大友栄作:橘 龍丸
橘総一朗:山下誠一郎
冨樫慶司:八代 拓
黒田勘平:堀江 瞬
朝利マーチス淳:加藤 渉
本木遊馬:榎木淳弥
竹島龍一:熊谷健太郎
阿久津渚:武内駿輔
栗林晴久:梅原裕一郎
中村 平:小野賢章
桐木曜一:内山昂輝
高杉榮太:古川 慎
義経健太:興津和幸
一条 花:河瀬茉希
海堂杏里:上田麗奈
金子 葵:小松未可子
福田達也:小林親弘
伊達 望:安元洋貴
青井紀子:園崎未恵
青井 瞬:中島ヨシキ

<テーマ曲>
オープニングテーマ:[Alexandros]「無心拍数」
エンディングテーマ:Rin 音「Blue Diary」

公式 HP:https://aoashi-pr.com[リンク]
公式 Twitter:https://twitter.com/aoashi_pr

<原作情報>
『アオアシ』
著:小林有吾
小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」にて連載中!
既刊 1~27 巻 好評発売中!
ふりがな付きで読みやすい『アオアシ ジュニア版』
既刊1~4 巻 好評発売中!

(C)小林有吾・小学館/「アオアシ」製作委員会

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

アニメ / / 漫画の新着記事一覧

PAGE TOP