Otajo -オタ女-

Today is
Aug 17 2022

記事

新海誠最新作『すずめの戸締まり』印象的な歌声と叙情的な歌詞が耳に残る予告映像解禁!

新海誠監督の最新作、アニメ映画『すずめの戸締まり』の新予告映像が解禁。

昨年12月15日に実施された製作発表会見にて解禁となった、新海誠監督の3年ぶりとなる最新作『すずめの戸締まり』。『君の名は。』(2016 年公開)、『天気の子』(2019 年公開)に続く話題作の情報が解禁となるやいなや、日本国内はもちろんの事、海外メディアからも大きな注目を浴びました。

4月にはヒロイン・すずめのビジュアルや特報映像が圧倒的かつ神秘的な雰囲気を纏ったビジュアルで話題となり、さらに本作の4つのキーワード、「旅の青年」・「白い猫」・「小さな椅子」・「扉の鍵」の解禁や、ヒロイン・岩戸鈴芽(いわと・すずめ)役のキャスト・原菜乃華(はら・なのか)さんが発表され、ますます大きな期待と関心を集めています。

日本各地の廃墟を舞台に、災いの元となる“扉”を閉めていく旅をする少女・すずめの解放と成長を描く冒険物語である『すずめの戸締まり』は、11月11日(金)に公開となります!

今回公開された予告映像では、4月に解禁され既に約490万回再生されている特報映像でも話題となっていた 4つのキーワードである、突き抜ける晴天の下ですずめとすれ違い、「鍵」を用いて共に扉を閉める謎に満ちた「旅の青年」、様々なポーズをとり、SNSでもその存在が拡散されている「白い猫」、まるで生きているかのように駆け回る「小さな椅子」がより詳細に描かれています。

まだまだ謎に満ちた今作ですが、この映像には、新海監督が「すずめという女の子の紹介のつもりで作った」と語っている通り、コミカルに慌てる表情や覚悟を秘めたシリアスな表情など、17歳の女の子の等身大な表情が沢山詰まっています。

すずめが旅の道中で繰り返す「人々との出会いと別れ」とはどのようなものなのか。すずめが「扉の向こう側」で目にした広大な草原、星と夕陽と朝が溶け合ったような不思議な空が意味するものとは―。美しい色彩で描かれるその圧倒的な映像に、ますます期待が膨らみます。

そんな予告映像を包み込むのは、印象的な歌声が耳に残る、本作のために書き下ろされた楽曲「すずめ」。想像を掻き立てられる叙情的な歌詞とその世界観にもぜひ注目してください。

そして、最新予告の最後は、“迷い込んだその先には、ぜんぶの時間が溶け合ったような、空があった”という心に響くすずめの言葉で締めくくられており、“すずめの声”が遂に解禁となります!

初めてすずめに声を吹き込んだ原さんは「とても緊張しました。声だけのお芝居なので、1音1音凄く気を配らないといけないし、わからないことだらけでした。完成した映像を観て、自分がこの子に声を当てるんだと思ったら、緊張で体がうまく動けなくなってしまいました。でも新海監督はいつも凄くほめてくださるし、わかりやすいように具体的に教えて下さるので、この予告アフレコを通して少し自信がつきました!」と語っています。


・『すずめの戸締まり』予告【11月11日(金)公開】
https://youtu.be/F7nQ0VUAOXg

「あちこちで開け放しにし続けてきてしまった扉を、どのように閉めることが出来るのか。それをすずめに託し、戸締まりをしながら日本列島を旅する物語を作っています」と新海監督が語る最新作『すずめの戸締まり』。果たしてどのような物語が紡がれていくのか―。ぜひ続報をご期待ください!

作品概要

公開日:2022年11月11日(金)
作品タイトル:『すずめの戸締まり』
原作・脚本・監督:新海誠
キャラクターデザイン:田中将賀
作画監督:土屋堅一
美術監督:丹治匠
制作:コミックス・ウェーブ・フィルム
制作プロデュース:STORY inc.
クレジット表記:©2022「すずめの戸締まり」製作委員会

<イントロダクション>
扉の向こうには、すべての時間があった―――
『君の名は。』『天気の子』の新海誠監督 最新作
国境や世代の垣根を超え、世界中を魅了し続けるアニメーション監督・新海誠。
全世界が待ち望む最新作『すずめの戸締まり』は、日本各地の廃墟を舞台に、災いの元となる”扉”を閉めていく少女・すずめの解放と成長を描く現代の冒険物語だ。
そのヒロインの声に命を吹き込むのは、1700人を超えるオーディションから新海誠自ら探し出した、たったひとりの才能・原菜乃華。
みずみずしい原石がすずめとともに歩む道の先で待つのは、見たこともない風景。人々との出会いと別れ。驚きと困難の数々。
それでも前に進む彼女たちの冒険は、不安や不自由さと隣り合わせの日常を生きる我々の旅路にも、一筋の光をもたらす。
過去と現在と未来をつなぐ、“戸締まり”の物語。
その景色は、永遠に胸に刻まれる。

<ストーリー>
九州の静かな町で暮らす 17 歳の少女・鈴芽(すずめ)は、「扉を探してるんだ」という旅の青年に出会う。
彼の後を追うすずめが山中の廃墟で見つけたのは、まるで、そこだけが崩壊から取り残されたようにぽつんとたたず
む、古ぼけた扉。なにかに引き寄せられるように、すずめは扉に手を伸ばすが…
やがて、日本各地で次々に開き始める扉。
その向こう側からは災いが訪れてしまうため、開いた扉は閉めなければいけないのだという。
―――星と、夕陽と、朝の空と。
迷い込んだその場所には、すべての時間が溶けあったような、空があった―――
不思議な扉に導かれ、すずめの“戸締まりの旅”がはじまる。

関連記事:
『言の葉の庭』新海誠監督インタビュー「これまでの作品と違うのは主人公が“他人を知ろう”としている事」
https://otajo.jp/16250

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

アニメ / アニ漫の新着記事一覧

PAGE TOP