Otajo -オタ女-

Today is
Dec 09 2022

記事

リコリコ舞台『リコリス・リコイル』2023年1月上演!キャスト一挙解禁 錦木千束役・河内美里「私自身も夢中になって観ていた作品」

2022年夏に放送開始され、男女問わず多くの人の心を掴み、圧倒的人気を誇ったオリジナルTVアニメ『リコリス・リコイル』が、2023年1月に舞台化が決定!

治安維持組織「DA」に所属する二人の少女の成長と絆を描く物語、舞台「リコリス・リコイル」は、2023年1月7日(土)〜1月15日(日)天王洲 銀河劇場にて上演されます。

『リコリス・リコイル』は、2022年夏に放送されたオリジナルTVアニメーション。犯罪を未然に防ぎ、人知れず平穏な日々をもたらす秘密組織の支部である和カフェ「喫茶リコリコ」の店員でリコリスと呼ばれる二人の少女のハチャメチャな毎日を描く本作は、その独特な世界観、演出、高いストーリー性と可愛らしいキャラクターが放送開始から高い評価を受け、先日放送された最終回の後もなお、熱を帯びたファンに支えられています。

本公演は、2.5次元舞台のみならず幅広いジャンルで活動するほさかよう氏が脚本を務め、演出は劇団「悪い芝居」で活動を続けながら、多方面へ活躍の場を広げている山崎彬氏が担当。

主人公である最強のリコリス『錦木千束』を、「PSYCHO-PASS サイコパス Chapter1-犯罪係数-」常守朱役や「ワールドトリガー the Stage」木虎藍役などに出演し注目を集め、舞台を中心に活躍をする河内美里さんが務め、その相棒となるもう一人の主人公『井ノ上たきな』を、秋元康プロデュース「劇団4ドル50セント」のメンバーでもあり、ミュージカル「薄桜鬼 風間千景篇」雪村千鶴役や舞台「機動戦士ガンダム00」ルイス・ハレヴィ役など、活躍を続ける本西彩希帆さんが演じます。

また、千束とたきなを支え、時には民間の依頼も受ける、喫茶リコリコのメンバー『中原ミズキ』を石井美絵子さん、『ミカ』を北村圭吾さん。

さらに、日本のみならず、世界で暗躍する謎の支援機関「アラン機関」の一員であり、ミカの旧友でもある『吉松シンジ』を小野健斗さん、その側近『姫蒲』を新谷姫加さん。

そして、治安維持組織「DA」の司令として日本の治安を維持する『楠木』を三枝 奈都紀さん、「DA」に所属する少女エージェント「リコリス」の『春川フキ』『乙女サクラ』『蛇ノ目エリカ』はそれぞれ、田上真里奈さん、彩木咲良さん、井尻晏菜さんが演じます。

また、歪な世界にバランスをもたらそうとするテロリスト『真島』は仲田博喜さんが務め、その他にも個性的なキャラクター達に、大渕野々花さん、竹内凜太郎さんが名を連ねました。

キャストコメント

錦木千束:河内美里
10月11日生まれ、千葉県出身。舞台「やがて君になる」小糸侑役 「ROAD59-新時代任侠特区-」結津万華夜役など。
<コメント>
錦木千束 役を務めます、河内美里です。
『リコリス・リコイル』は私自身も夢中になって観ていた作品なので、舞台化のお話を聞いた時は胸が高鳴りましたし、そこに自分が千束として関わらせていただける事をとても光栄に思っております。微笑ましい日常シーンや、各々の正義が交差する戦闘シーンなど、リコリコの魅力を劇場で存分にお楽しみいただけるよう精一杯頑張ります。

井ノ上たきな:本西彩希帆(劇団4ドル50セント)
5月27日生まれ、千葉県出身。ミュージカル「薄桜鬼志譚」風間千景 篇 雪村千鶴役 舞台「機動戦士ガンダム00」ルイス・ハレヴィ役など
<コメント>
井上たきな役の本西彩希帆です。
沢山の方から愛されている『リコリス・リコイル』に関われること、心の底からとても嬉しいです。千束と関係性や、目標に向かって一直線な姿、たきなの中にある不器用さと熱さを舞台でも存分にしっかりと表現できるように、試行錯誤しながら作品をつくれたらなと思います。アニメ同様沢山の方に愛していただける作品にできるように、精一杯頑張ります!劇場で皆様のことをお待ちしております!

中原ミズキ:石井美絵子
4月17日 生まれ、茨城県出身。舞台「夕-ゆう-」三上夕役 乃木坂46版「美少女戦士セーラームーン」タキシード仮面/地場衛役など。
<コメント>
まずリコリコのアニメ、ストーリーが大好きです!
携われることがとても嬉しいです!
ミズキは今まで演じたことのないタイプの女性ということもあり、今から自分とミズキがどのように混じり合っていくのか凄く楽しみです。
彼女のことをたくさん愛して演じます。
どうか楽しんでいただけますように。

クルミ:大渕野々花
3月13日 埼玉県出身 。舞台「文豪ストレイドッグス 黒の時代」エリス役 ABEMA「Abema News」学生キャスターなど。
<コメント>
クルミ役の大渕野々花です。
『無知であることは嫌いなんだ』もう十分なほどに明敏に映る彼女ですが、その根幹には無知の知があるのでしょう。今回は私にとって四年ぶりの舞台出演です。自らの未熟さを自覚し続け、すべてを際限なく吸収する勢いで臨みます。そして、皆さまが心躍る年明けを迎えられますよう、最後まで尽力いたします。改めて、国内外で愛される作品に携われることを大変光栄に思います。何卒よろしくお願いいたします!

ミカ:北村圭吾
8月8日生まれ、北海道出身。ミュージカル「忍たま乱太郎」兵庫第三協栄丸役、ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」四代目 雷影役など。
<コメント>
初めまして、ミカ役を演じさせて頂きます北村圭吾です。
『リコリス・リコイル』アニメを観させて頂きDAに所属するエージェントの少女達が活躍する作品で、アクション要素が多く時に人間模様やコメディタッチも見ていて素敵な作品に関わる事が出来光栄に思います。その中で千束の先生であり父の様な存在のミカ。舞台でもそんな少女達を見守れる存在になれる役に寄り添いながら作品を作って行きたいと思っていますので、是非ともお楽しみにしていて下さい。

楠木:三枝奈都紀
8月13日生まれ、長野県出身。映画「天然☆生活」栗原里美役 舞台劇「からくりサーカス」あるるかん役など。
<コメント>
この作品の中で生きている登場人物はみんなとても魅力的です。
そのなかでも一番興味があったのが楠木さんでした。
だから今回、彼女を演じることができてとても光栄です。
愛されているこの作品に敬意を持って楠木さんを演じさせていただきます。

春川フキ:田上真里奈
9月28日生まれ、福岡県出身。舞台「幽☆遊☆白書」其の弐 雪菜役 舞台「血界戦線」Blitz Along Aloneルシアナ・エステヴェス役など。
<コメント>
原作を拝見して、物語のテンポの良さとどんどん深掘りしたくなるキャラクターたちの魅力に、出演者ながら舞台化への期待が膨らみました。
アクションの疾走感と共に、それぞれの人間模様も丁寧に演じたいと思います。作品の面白さをさらに広げられるよう仲間たちと挑むので、ぜひ劇場でご観劇ください!

乙女サクラ:彩木咲良
3月26日生まれ。兵庫県出身。「剣が君 -残桜の舞-再演」服部半蔵役 「大阪環状線 大正駅編〜愛のエイサー プロポーズ大作戦〜」笹森花絵役など。
<コメント>
乙女サクラ役を演じさせて頂きます。彩木咲良です。
乙女サクラの名前と私の名前が一緒で、しかも誕生月と血液型も一緒なので勝手に親近感が湧いております(笑)
『リコリス・リコイル』の世界観や、乙女サクラの魅力を感じて頂けたら良いなと思います。原作同様、皆様に愛される舞台になるよう頑張ります!よろしくお願いします。
終わったらご褒美にパフェ食べます。

蛇ノ目エリカ:井尻晏菜
1月20日生まれ、京都府出身。舞台「浦安鉄筋家族〜子ども大戦争〜」 舞台「修羅雪姫 復活祭 50th 修羅雪と八人の悪党」など。
<コメント>
リアルタイムで観ていた大好きなアニメの舞台化、そんな素晴らしい機会に自分が携われるなんて夢みたいです!
マネージャーさんから合否の連絡と、お祝いのラーメンパーティーの連絡が届いた日のことは一生忘れません。
まだラーメン奢ってもらってないので、早く連れて行ってもらおうと思います。
リコリスとして全力で日本の治安を秘密裏に守っていきます。

吉松シンジ:小野健斗
8月9日生まれ、東京都出身。ミュージカル「新テニスの王子様」徳川カズヤ役 「Fate/Grand Order THESTAGE-冠位時間神殿ソロモン-」ランスロット役など。
<コメント>
吉松シンジ役を演じさせていただきます小野です。
リコリコに出演出来る事、本当に嬉しく思います。
オファーをいただいてから、ついに『おじさん』の仲間入りかと感じました(笑)
役者としてまだまだここから、今の全てをこの作品に込めミステリアスであり深みや説得力のある足長な吉松を演じていければと思います。
是非、劇場でお会いしましょう。

姫蒲:新谷姫加
5月30生まれ、青森県出身。舞台「終末のワルキューレ-The STAGE of Ragnarok-」イヴ役 シューティング歌劇「ゴシックは魔法乙女」カトレア役など。
<コメント>
姫蒲を演じさせて頂きます新谷姫加です。『リコリス・リコイル』は私の大好きなアニメで絶対に舞台化したら出演したい!と思っていたので今回出演が決まって、本当に本当に嬉しい限りです。大好きな作品だからこそ、イメージを壊さないよう姫蒲にも作品にもしっかり寄り添って演じたいです。『リコリス・リコイル』の世界観を舞台で表現したらどうなるのか楽しみで今からとてもワクワクしてます!みなさんに良い作品を届けられるよう頑張りますので宜しくお願いします。

ロボ太:竹内凜太郎
7月29日生まれ、茨城県出身。 舞台「WITH by IdolTimePripara」アンサンブル 「マイナビ 2020」スネ夫役など。
<コメント>
この度、ロボ太を演じさせて頂く竹内凜太郎です。
人気作品である『リコリス・リコイル』の舞台化に出演させて頂ける事、大変嬉しく光栄に思います。
出演キャストの皆様と、舞台でしか感じられないような『リコリス・リコイル』を心を込めて作り上げ、
原作のイメージを大切に、初めて観るという方にも楽しんで頂けるよう、精一杯全力で演じさせて頂きます。応援宜しくお願いします!

真島:仲田博喜
10月17日 生まれ、大阪府出身。ミュージカル「刀剣乱舞」シリーズ 明石国行役 舞台「フルーツバスケット」草摩綾女役など。
<コメント>
舞台「リコリス・リコイル」にて真島 役を演じさせていただきます仲田博喜です。
舞台を観て、リコリコの世界をより好きになってもらえるように、人間ドラマにアクションに、「バランス」を意識しながら精一杯向き合い作っていけたらと思います。
応援よろしくお願いいたします。

少女たちの日常と、その影に潜むガンアクションが、舞台上でどのように描かれるのか期待が高まる舞台「リコリス・リコイル」は、2023年1月7日(土)〜1月15日(日)天王洲 銀河劇場にて上演。公演チケットは、2022年11月18日(金)18:00より、ローソンチケットにて受付中。その他最新情報は、公演公式HPにて随時公開予定です。

舞台「リコリス・リコイル」概要

<舞台「リコリス・リコイル」 Story>
――この日常には、ワケがある。
世界一の治安の良さで定評のある国、日本。その治安の良さの裏側には、犯罪者を極秘裏に抹殺・消去する極秘の治安維持組織「DA」の存在があった。DAは暗殺や戦闘の技術を身につけたエージェントの少女「リコリス」を数多く擁し、普段は女子高生に偽装した姿で市中に潜伏させ、有事の際に任務を与えて犯罪者を消去することで日本の治安を守っていた。

東京都内にある一軒の喫茶店「喫茶リコリコ」は、DAの支部としての裏の顔を持っており、そこには歴代最強と称されたリコリスで、看板娘として親しまれる底抜けに明るい少女、錦木千束が所属していた。
そんなある日、DA本部に所属していたリコリスの井ノ上たきなが本部から異動してくる。たきなは当初「一刻も早く実績を上げて本部に戻る」ことにこだわっていたが、千束との交流の中でリコリスとしてではない一人の少女としての生き方を学んだことでそれまでのこだわりを捨て、千束との絆を深めていく。

そして、物語の果てに二人が選び取る未来とは――
今を懸命に生きる二人の少女の物語が、今、始まる――

【タイトル】 舞台「リコリス・リコイル」(読み ブタイ「リコリス・リコイル」)
【原作】 Spider Lily
【脚本】 ほさかよう
【演出】 山崎彬
【出演】
錦木千束:河内美里 井ノ上たきな:本西彩希帆(劇団4ドル50セント)
中原ミズキ:石井美絵子 クルミ:大渕野々花
ミカ:北村圭吾 楠木:三枝奈都紀
春川フキ:田上真里奈 乙女サクラ:彩木咲良 蛇ノ目エリカ:井尻晏菜
吉松シンジ:小野健斗 姫蒲:新谷姫加 ロボ太:竹内凜太郎
真島:仲田博喜

【日時/会場】 2023年1月7日(土)〜1月15日(日) 天王洲 銀河劇場
【チケット料金】
S席(非売品グッズ付) 12,500円(全席指定・税込)
S席 9,800円(全席指定・税込)
A席 8,500円(全席指定・税込)
【チケット】 オフィシャル先行(抽選)
応募受付期間:2022年11月18日(金)18:00〜11月28日(月)23:59
申し込みURL:https://l-tike.com/st1/lycoris-oficl (※PC/スマートフォン共通)
※オフィシャル先行は公式サイトよりお申し込みいただける先行です。
※お申し込みには、ローソンチケットの会員ログインが必要です。
※詳細は申し込み画面にてご確認ください。
※申し込みサイトに記載してあります注意事項をよくお読みの上お申し込みください。
<チケットに関するお問合わせ>
ローソンチケット:https://l-tike.com/contact/
【主催】 舞台「リコリス・リコイル」製作委員会
【企画・制作】 ANIPLEX/Office ENDLESS
【公演のお問合せ】公演事務局: [email protected](平日10:00〜17:00)
(C)Spider Lily/アニプレックス・ABCアニメーション・BS11
(C)舞台「リコリス・リコイル」製作委員会
【公式HP】 https://lycoris-recoil.com/stage/ 【公式Twitter】@lycoreco_stage

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / シネマの新着記事一覧

PAGE TOP