Otajo -オタ女-

Today is
Feb 01 2023

記事

1月上演舞台『リコリス・リコイル』千束から真島まで全13キャラビジュアル一挙解禁

2022年夏に放送開始され、男女問わず多くの人の心を掴み、圧倒的人気を誇ったオリジナルTVアニメを原作とした舞台『リコリス・リコイル』(2023年1月上演)のティザービジュアル&全キャラクタービジュアルが解禁!

錦木千束:河内美里

井ノ上たきな:本西彩希帆(劇団4ドル50セント)

中原ミズキ:石井美絵子

クルミ:大渕野々花

ミカ:北村圭吾

楠木:三枝奈都紀

春川フキ:田上真里奈

乙女サクラ:彩木咲良

蛇ノ目エリカ:井尻晏菜

吉松シンジ:小野健斗

姫蒲:新谷姫加

ロボ太:竹内凜太郎

真島:仲田博喜

<舞台「リコリス・リコイル」 Story>
――この日常には、ワケがある。

世界一の治安の良さで定評のある国、日本。その治安の良さの裏側には、犯罪者を極秘裏に抹殺・消去する極秘の治安維持組織「DA」の存在があった。
DAは暗殺や戦闘の技術を身につけたエージェントの少女「リコリス」を数多く擁し、普段は女子高生に偽装した姿で市中に潜伏させ、有事の際に任務を与えて犯罪者を消去することで日本の治安を守っていた。

東京都内にある一軒の喫茶店「喫茶リコリコ」は、DAの支部としての裏の顔を持っており、そこには歴代最強と称されたリコリスで、看板娘として親しまれる底抜けに明るい少女、錦木千束が所属していた。

そんなある日、DA本部に所属していたリコリスの井ノ上たきなが本部から異動してくる。たきなは当初「一刻も早く実績を上げて本部に戻る」ことにこだわっていたが、千束との交流の中でリコリスとしてではない一人の少女としての生き方を学んだことでそれまでのこだわりを捨て、千束との絆を深めていく。

そして、物語の果てに二人が選び取る未来とは――
今を懸命に生きる二人の少女の物語が、今、始まる――

関連記事:
リコリコ舞台『リコリス・リコイル』2023年1月上演!キャスト一挙解禁 錦木千束役・河内美里「私自身も夢中になって観ていた作品」
https://otajo.jp/111303

舞台「リコリス・リコイル」概要

<チケット情報>
【チケット料金】
S 席(非売品グッズ付) 12,500 円(全席指定・税込)
S 席 9,800 円(全席指定・税込)
A 席 8,500 円(全席指定・税込)
【チケット】
■ローソンチケット 一般発売(先着)
発売日時:2022 年 12 月 10 日(土)10:00〜
申し込み URL:https://l-tike.com/lycoris-stage/
お問合わせ:https://l-tike.com/contact/
■銀河劇場 一般発売(先着)
受付期間:2022 年 12 月 10 日(土)10:00〜
申し込み URL:https://www.gingeki.jp/
TEL: 03-5769-0011(平日 10:00〜18:00)

【タイトル】 舞台「リコリス・リコイル」(読み ブタイ「リコリス・リコイル」)
【原作】 Spider Lily
【脚本】 ほさかよう
【演出】 山崎彬
【出演】
錦木千束:河内美里 井ノ上たきな:本西彩希帆(劇団 4 ドル 50 セント)
中原ミズキ:石井美絵子 クルミ:大渕野々花ミカ:北村圭吾 楠木:三枝奈都紀
春川フキ:田上真里奈 乙女サクラ:彩木咲良 蛇ノ目エリカ:井尻晏菜
吉松シンジ:小野健斗 姫蒲:新谷姫加 ロボ太:竹内凜太郎
真島:仲田博喜
【日時/会場】 2023 年 1 月 7 日(土)〜1 月 15 日(日) 天王洲 銀河劇場
【主催】 舞台「リコリス・リコイル」製作委員会
【企画・制作】 ANIPLEX/Office ENDLESS
【公演のお問合せ】Office ENDLESS:[email protected]
【公式 HP】 https://lycoris-recoil.com/stage/
【公式 Twitter】@lycoreco_stage
(C)Spider Lily/アニプレックス・ABCアニメーション・BS11
(C)舞台「リコリス・リコイル」製作委員会

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / シネマの新着記事一覧

PAGE TOP