Otajo -オタ女-

Today is
Feb 04 2023

記事

人類の幸せを求める組織「SHOCKER」コミカライズ『真の安らぎはこの世になく-シン・仮面ライダー SHOCKER SIDE-』「週刊ヤングジャンプ」で12月22日発売号より連載!

庵野秀明氏脚本・監督で贈る映画『シン・仮面ライダー』(2023年3月公開)のコミカライズが「週刊ヤングジャンプ」にて連載決定! タイトルは『真の安らぎはこの世になく-シン・仮面ライダー SHOCKER SIDE-』です。

1971年「仮面ライダー」放送から50周年の記念日となる2021年4月3日に、製作及び2023年3月の公開が発表された『シン・仮面ライダー』。脚本・監督には、大ヒット作品を送り出し続けている庵野秀明氏、主人公・本郷猛/仮面ライダーには池松壮亮さん、ヒロイン・緑川ルリ子には浜辺美波さん、一文字隼人/仮面ライダー第2号に柄本佑さんを迎え、新たなオリジナル作品として制作されています。

コミカライズ『真の安らぎはこの世になく-シン・仮面ライダー SHOCKER SIDE-』は、『シン・仮面ライダー』最大の敵“SHOCKER”を描く完全オリジナルストーリーとなり、来週12月22日(木)発売の「週刊ヤングジャンプ」新年4・5合併特大号にて連載スタートします。

『シン・仮面ライダー』では人類の幸せを求める組織であると発表されている、Sustainable Happiness Organization with Computational Knowledge Embedded Remodeling、通称:SHOCKER。一体、彼らは何なのか? 3月に控える映画公開の前に、そのSHOCKERの視点から描かれる驚きの物語をお楽しみください。

漫画脚本を務めたのは、元IT記者出身という異色の経歴を持ち『AIの遺電子』で知られる漫画家・山田胡瓜(やまだ・きゅうり)氏。映画『シン・仮面ライダー』にも脚本協力として名を連ねています。

作画は、センセーショナルな内容で映画化もされた人気作『神さまの言うとおり』シリーズ(原作:金城宗幸、講談社刊)で漫画家デビューし、その確かな画力で作品を世に送り出し続けている藤村緋二(ふじむら・あけじ)氏が担当。

2人のタッグで新たな『シン・仮面ライダー』の物語が生まれます。

また、本マンガは、WEBサイト・となりのヤングジャンプとヤングジャンプ公式アプリ・ヤンジャン!でも掲載される予定です。(初回購読無料)

関連記事:
『シン・仮面ライダー』×『エヴァンゲリオン』コラボ SHOCKER構成員“変シン”ビジュアルグッズ発売
https://otajo.jp/111112

<漫画概要>
タイトル:真の安らぎはこの世になく -シン・仮面ライダー SHOCKER SIDE-
漫画脚本:山田胡瓜 作画:藤村緋二
原作:石ノ森章太郎 映画『シン・仮面ライダー』脚本:庵野秀明 監修:八手三郎

<作品概要>
■『シン・仮面ライダー』
2023年3月公開
出演 池松壮亮 浜辺美波 柄本佑
塚本晋也 手塚とおる 松尾スズキ
原作 石ノ森章太郎 脚本・監督 庵野秀明
映画公式サイト:https://shin-kamen-rider.jp / 映画公式ツイッター:https://twitter.com/Shin_KR
(C)石森プロ・東映/2023「シン・仮面ライダー」製作委員会

<アプリ・作品概要>
■“SHOCKER公式アプリ「SHOCKER」fromシン・仮面ライダー” ※各端末のアプリストアからダウンロードできます。
ダウンロードURL:https://c-rayon.com/result/shocker
本作に登場する“秘密結社SHOCKER”が運用するアプリ。ダウンロードしたファンの皆様がSHOCKERの協力者・ないしは構成員として、
“SHOCKER”の最新情報やアプリだけの限定コンテンツを楽しむことができる無料アプリとなっています。

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / シネマ / 漫画の新着記事一覧

PAGE TOP