Otajo -オタ女-

Today is
Nov 21 2018

記事

撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も


東広島市・西条を舞台にリケジョの大学生・詩織が、酒作りを通じて目覚める人生の喜び・出会いと別れを経験しながら成長していくヒューマンドラマを描く、映画『恋のしずく』が10月20日より全国公開中。

農大に通う大学三年生の詩織役は、AKB48卒業後、女優として数々の話題作に出演する川栄李奈さんが初主演で務めています。そして、詩織が実習にやってくる東広島市・西条にある乃神酒造の蔵元役を今作が遺作となった名優・大杉漣さんが演じ、その息子・莞爾(かんじ)を、劇団EXILEのメンバーである小野塚勇人さんが演じています。

今回は、莞爾役の小野塚さんにインタビュー。大杉漣さんのエピソードや思い出の味、また、『仮面ライダーエグゼイド』出演経験もある小野塚さんから、共演者の『仮面ライダー』シリーズ出身俳優の中村優一さんとのお話や“ライダーあるある”も飛び出しました。

大杉漣さんを見て、人間としての深さを知った

――今回、蔵元の息子役ということで、お酒の勉強もされたのでしょうか?

小野塚:主に広島のお酒をいろいろ飲んで勉強はしました。西条のお酒は大体飲んだので、少しは詳しくなったかなと思います。利き酒までは出来ないですけどね。

――莞爾は広島弁を喋りますが、とても自然体に見える演技が魅力的だなと感じました。

小野塚:実際に音声でセリフのサンプルを貰っていたので、その音程が合っていると思うのですが、莞爾として言うことを意識しました。相手が言ったことに対して感情で返すときに、言い方やニュアンスは変わってくると思うんです。だから、現場に方言指導の人を付けてもらいたいとは監督にも自分からお話させていただきました。そこは細かく一つ一つ毎シーンやっていったので、それが良かったのかなと思っています。

――今回、大杉漣さんと親子役でしたが、共演した感想をお聞かせください。

小野塚:背中を見て育つではないですが、背中で感じさせて貰ったなと思います。もちろん親父という役柄としての背中もありましたけど、俳優としての背中をみせていただいて、とても貴重な経験ができました。劇中ではぶつかるシーンが多かったんですけど、その中でも心に響くと言うか、言葉にはできない、肌で感じる空気感が伝わる俳優さんだったので、自分としてもこれから俳優活動をやらせてもらう上で、目標の一つに大杉漣さんのような俳優像を持つことが出来ました。本当に人間としても俳優としても素晴らしい方だったなと思います。

――撮影現場での大杉さんの印象に残っている姿は?

小野塚:僕は劇中で基本的にあまり仲の良くない役柄だったので、撮影中もそこまで喋ることがなかったんですよ。でも、やっぱり人の良さは垣間見える場面がありました。大杉漣さんがクランクアップの日の夜に、地元の方も一緒にみんなでバーベキューをやったんです。その時に、きちんと地元の方1人1人に優しく接している姿を見て、人間の深さというか、俳優ってこうあるべきなんだろうなと感じました。「俺は俳優だ」と肩肘張ることがどれだけ滑稽なことかを考えさせられましたし、1人の人間として、ちゃんと向き合って接する姿が寛大で胸を打たれました。お酒を飲んで「来年、俺酒まつりで歌おうかな」とも言っていたので、それは叶わなかったですけれど、本当にフランクで素敵だなと思いました。

――やはり大杉漣さんの人柄で、良い親子関係を築けた一面もあるのでしょうか。

小野塚:完全にそうですね。おんぶに抱っこじゃないですけど、自分にできることはないので、大杉漣さんの胸を借りるつもりで全力でやらせてもらいました。

撮影期間は天国だった!?

――撮影で印象に残っていることは?

小野塚:大杉漣さんとのシーンが印象に残っていることは間違いないですが、その他だと、全部自然に入り込めたことです。自分が無理することなく、力むことなくできました。でも、ちょっと辛かったこともあって……。中村優一さんとお酒を飲み比べするシーンがあるんですけど、あの場面はお酒ではないですけど、実際に水を飲んでいるので、けっこうな量の水を飲んでお腹がパンパンになったことが辛かったです(笑)。2リットルくらい飲んだんじゃないかな。トイレに行くのが止まらなくなりました(笑)。

――だいぶ飲んでいますね! お酒じゃなくても辛そうです。元々、お酒はよく飲みますか?

小野塚:飲みます。この作品の撮影期間も、小市慢太郎さんや酒蔵のメンバーで毎晩飲みに行っていました。宮地真緒さんや川栄李奈さんも何回か参加してくれたり、地域の方とも飲みに行きました。そういう時間がこの作品では良い雰囲気として出ているなと思います。町のみんなと一緒に飲んでいろいろな話をすることで、自分の中でもそれがそのまま次の日の撮影に良い影響として出ていたと思いますし、とても良い3週間でしたね。

――普段は何のお酒をよく飲まれるのですか?

小野塚:普段飲むのはビールやサワー、ハイボールとか。東京ではそうなってしまいますけど、酒蔵の町である西条はどのお店もけっこう日本酒が揃えてあったんです。充実しているのでさすがでした。東京に帰ってきてからも、たまにドリンクメニューを見て、美味しそうな日本酒があったら頼んだりするようになりました。

――元々お酒は好きなんでしょうか?

小野塚:好きですね。だから、撮影期間は最高でした(笑)。毎晩飲んで、美味しいものを食べて。美味しい海鮮やお肉に、熱燗を飲んで「よーし、明日も頑張ろう!」と言って、こんな天国あるのかな?と思いました(笑)。よく太らなかったなと思っています。

ライダーあるあるで中村優一と意気投合!

――普段はどんな方と飲みに行きますか?

小野塚:『仮面ライダーエグゼイド』のメンバーともよく行きますね。あとは劇団のメンバーとも行きます。まだ1人では飲みに行かないので、友達と飲みに行っています。

――今回共演された中村優一さんもライダー出身の俳優さんですね。

小野塚:中村さんは、ひと目見ただけでもう「この人は良い人だな」と思うくらい、優しいオーラに包まれている、人の良さが前面に出ている方でした。出会った日にホテルまでの移動時間が30分くらいあったんですけど、車の中で喋っていて、そのまま連絡先を交換しました。そこから、「みんなで飲んでいるらしいので行きましょうよ」と言って飲みに行きました。撮影期間はたった3日間くらいしかご一緒する時間がなかったんですけど、すごく楽しく共演させていただきました。

――すぐに意気投合したんですね。

小野塚:ライダーのあるある話とかで盛り上がりました。「朝早かったですよね」とか、「当時の撮影現場はどんな感じだったんですか?」「何歳のときですか?僕それ観てました」とか。

――中村さんも観ていたと言われて嬉しかったと思います。

小野塚:時を経てこうして共演できるって不思議な感覚ですよね。

――蕨野友也さんも『仮面ライダードライブ』に出演されていたので、ライダーが多いですね(笑)。

小野塚:ライダーを卒業してからも、舞台など特撮出身の方と仕事することはけっこう多いですね。

――そこでもやっぱりライダーあるあるで盛り上がったり?

小野塚:共通しているスタッフさんもいるので「え、今○○さんはそんなに偉くなったの?監督やってるんだ!」とか話したりします。あとは、プライベートで子供に変身をせがまれた時にどうやって言い訳をしていたかとか(笑)。

――あはは、なんて言っていたんですか?

小野塚:僕は、「敵がいるときじゃないと変身しちゃいけない決まりなんだ。なんでもないところで変身すると怒られちゃうから」と言っていました。でも、面倒くさくなったら「テレビだから」と言っちゃいますけど(笑)。

――ひどい(笑)!

小野塚:甥っ子とかしつこいとそう言っちゃうこともありました(笑)。他の人は、「今日はライダーベルトを忘れてきちゃった」とか言っていると聞きましたね。

小野塚勇人の思い出の味は……

――川栄さん演じる詩織が劇中で「一生、忘れられない味です」と言う場面がありますが、小野塚さんにとって一生の思い出の味は?

小野塚:……初めてパクチーを食べたときですかね。「なんだこれ」と思いました。めちゃくちゃ嫌いなんですよ。最初に食べた時は石けんを食べたのかと思いました(笑)。パクチーの存在を知らなかったので、「え、何これヤバイ。洗剤で洗って、水で流してないんじゃないの?」と思って何回食べてみても同じ味で。その時に、自分には一生無理だと思いましたね。パクチーの何が美味しいのか全然わからない!

――では、思い出のお酒は?

小野塚:思い出というか、僕らだとやっぱりレモンサワーじゃないですかね。

――あ~! そうですね! (※レモンサワーはEXILE(及びLDH事務所)の公式ドリンクと言われるほど、事務所の飲み会で飲まれているそうです。)

小野塚:人の一生分くらいのレモンサワーをみんなで飲んでいるんじゃないかな(笑)。お酒の中で飲んでいるのはダントツでレモンサワーかなと思います。僕は劇団EXILEに19歳で入ったので、二十歳になって最初の頃は何のお酒を頼めばいいかわからないから、逆にあのレモンサワーの文化があって助かりました。でも、男女問わず、普通にレモンサワーを飲んでいる人って多いですよね。

――最近は特にレモンサワーブームですしね! では、最後に映画をご覧になる方にメッセージをお願いします。

小野塚:日本酒のことを全然知らない方でも日本酒の良さを知っていただける作品ですし、酒蔵で働いている人にも心に響く作品になっていると思います。ただ単にお酒の話ではなくて、そこに人間模様があって、家族だったり夢に向かっている女の子だったり、それぞれ家庭事情の葛藤だったり、さまざまな人間模様が描かれているヒューマンドラマの面もあるので、観終わった後にほっこりする、本当に日本酒の熱燗を飲んだ後みたいな内側からじんわり温まるような作品になっています。東広島の良さも前面に出ている映画になっているので、観ていただいて興味を持ったら東広島に足を運んでほしいなと思います。

――ありがとうございました!

映画『恋のしずく』の収益の一部は、西日本豪雨の復興支援活動に寄付をするとのこと。日本酒を通して、じんわり温かな気持ちになる人間ドラマをぜひ楽しんでください。


映画「恋のしずく」予告編
https://youtu.be/RULrfoZpb5E[YouTube]

【STORY】
舞台は酒蔵で有名な東広島市・西条。農大に通う大学三年生の詩織(21)は、意に反して日本酒の蔵へ実習に。やる気のない蔵元の息子、厳格な杜氏、不倫に悩む美咲。老舗酒蔵での出会いに彼らの人生は転がり始める。愛らしくて、せつなくて、そしてじんわり味わい深いヒューマンドラマ。

映画『恋のしずく』
2018年10月20日(土)より全国公開中
監督:瀬木直貴 脚本:鴨義信
出演:川栄李奈
小野塚勇人 宮地真緒 中村優一 蕨野友也 西田篤史 東ちづる
津田寛治 小市慢太郎 大杉漣
主題歌:和楽器バンド「細雪」
配給:ブロードメディア・スタジオ
公式HP:
koinoshizuku.com

(C)2018「恋のしずく」製作委員会


その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

カル / シネマの新着記事一覧

PAGE TOP