Otajo -オタ女-

Today is
Apr 23 2024

記事

「了さん見てるー!?」『アイナナ』ŹOOĻ初単独LIVE『“APOŹ”』木村昴が19キロ減量参加・m- flo☆Taku TakahashiのDJパフォーマンスも!2DAYSセトリ付きレポ

『アイドリッシュセブン』に登場するアイドルグループŹOOĻ初のグループ単独ライブ『ŹOOĻ LIVE LEGACY “APOŹ”』が2023年2月18日(土)、19日(日)に武蔵野の森 総合スポーツプラザ メインアリーナにて開催されました! 本公演は各プラットフォームにて絶賛アーカイブ配信中です。

狗丸トウマ役の木村 昴さんがこのライブのために減量し、当日には19kg痩せたと明かしたことでもキャストの気合いを感じられたグループ初の単独公演。他グループともまた一味違ったŹOOĻならではのエッジの効いたライブとなりました。

「ŹOOĻ LIVE LEGACY “APOŹ”」オフィシャルレポート到着!

≪公演概要≫
【ŹOOĻ LIVE LEGACY “APOŹ”】
<日時>
DAY 1:2023 年 2 月 18 日(土)開演 18:00
DAY 2:2023 年 2 月 19 日(日)開演 15:00
<場所>
武蔵野の森 総合スポーツプラザ メインアリーナ
<出演>
【ŹOOĻ】 広瀬裕也(亥清 悠 役)、木村 昴(狗丸トウマ 役)、西山宏太朗(棗 巳波 役)、近藤 隆(御堂虎於 役)

スマートフォン向けアプリゲーム『アイドリッシュセブン』に登場する4人組グループ ŹOOĻ による初の単独ライブ「ŹOOĻ LIVE LEGACY “APOŹ”」が2023年2月18日(土)と19日(日)の2日間、武蔵野の森 総合スポーツプラザ メインアリーナで開催された。

本公演に出演したのは、広瀬裕也さん(亥清 悠 役)、木村 昴さん(狗丸トウマ 役)、西山宏太朗さん(棗 巳波 役)、近藤 隆さん(御堂虎於 役)の4人。『アイドリッシュセブン』はこれまでもグループ単独ライブを開催してきたが、「ŹOOĻ LIVE LEGACY“APOŹ”」はそのトリを飾るライブとなったこともあり、開催を心待ちにしていたファンも多かったはずだ。

本記事では、ŹOOĻらしい世界観でファンを魅了した2日間の模様をレポートする。

公演開始の合図は会場全体に響きわたるパーカッションだ。ダンサーたちがリズムに合わせて一糸乱れぬステップを踏む。ファンの期待が高まったところでŹOOĻの4人が登場し、最新曲「Utopia」で開幕の狼煙をあげた。黒いジャケット姿や不敵な表情、ARで投影される巨大な龍など、スクリーンに映る「ブラック・オア・ホワイト ライブショーダウン」のパフォーマンス映像そのままだ。

「ついにこの日を迎えることができたぜ! やっぱ、ライブできんのすっげぇ嬉しい…!」と、広瀬さんが演じる亥清 悠さながらに、口火を切る。続けて木村さんが演じる狗丸トウマも「みんなも、楽しみにしてくれてたよな!?」と言葉を重ね、メンバーもそれに応じた。

情熱的なダンスチューン「RIDING」は「Źenit – EP」に収録されている新曲。木村さんが客席にクラップを要求すると、会場は心地よい一体感に包まれた。続く「LOOK AT…」ではステージが赤に染まり、ロックフェスのような様相を呈した。彼らのパッションを受けて応援するファンの手にも力が入る。勢いに乗った彼らは「Survivor」でダンサー相手にアクションを披露。

「イッツ・ア・ショータイム!」
「Poisonous Gangster」は広瀬さん(亥清 悠)のこんな語りから始まった。これはTVアニメ『アイドリッシュセブン Third BEAT!』第13話の再現だ。「einsatZ」のジャケットビジュアル衣装を着てステージに戻ってきた4人はデビュー当時のような挑発的な視線をファンに投げかける。

TVアニメ『アイドリッシュセブン Third BEAT!』第2クールED主題歌に起用された「IMPERIAL CHAIN」は攻撃的な歌詞と妖しいメロディが印象的な楽曲だ。途中、カメラマンがステージに登ると、躍動感のある映像がスクリーンいっぱいに映し出された。本公演ではこのほかにもドローンを使った撮影がふんだんに取り入れられている。
特徴的な映像の数々はぜひ配信で確かめていただきたい。

「Insomnia」では作曲を担当した☆Taku Takahashi(m-flo, block.fm)が参戦。その後、ŹOOĻが衣装替えのためにステージ上から姿を消した後も、彼らのソロ曲リミックスでファンのボルテージを引き上げていく。

暗転したのもつかの間。本公演のキービジュアル衣装を着た4人が、ライトグリーンのクラシックカーに乗ってステージに帰還。運転席には近藤さんが座り、年長者らしい余裕のある表情でハンドルを握った。着信音とともにファンが「ササゲロ -You Are Mine-」の始まりを察すると、客席の熱が一段と上がる。DAY2ではオリジナル版とは違ったセリフが披露され、会場のファンをより一層魅了した。

「では、後半戦も楽しんでいきましょう」と西山さんが棗 巳波らしく宣言すると、ライブも折り返し地点に。後半は両日ともデュエット曲を含む異なるセットリストになった。

DAY1では広瀬さんと西山さんが歌う「Unbalance Shadow」。これまでのアップテンポな楽曲から一転、穏やかなミディアムバラードや寝転んで歌う驚きの演出でファンの心を惹きつけた。

一方、DAY2では木村さんと近藤さんがステージ上のクラシックカーとぴったりな「Drift driving」でワイルドな歌声を響かせる。ラップを交互に重ねるリズミカルなメロディが印象的なナンバーだ。

ここからの3曲は生演奏でお届け。黒いフードを目深にかぶった謎のバンド集団が突如としてステージ上に躍り出ると、圧倒的な演奏でファンを虜にする。そこにメンバーカラーのジャケットを着た4人が登場。「BLACK TIGER」で拳を天に突き上げて会場に一体感を作ると、「SUNRIZE」では曲に呼応するように曲中の振りを自然とファンが真似する動きを見せ、初めて披露する振付に応えるファンたちにメンバーはMCで感謝を語った。

本編終盤では畳みかけるようにアッパーチューンを2曲続けて披露。1曲目は疾走感のある「NEVER LOSE, MY RULE」だ。「限界をまだ 超えてくために 俺ら ここにいる」という力強い歌詞には、これからも成長し続けるŹOOĻの固い意志を感じる。

ラストナンバーはŹOOĻが初参戦のブラホワで歌った勝負曲「Bang!Bang!Bang!」。彼らのディスコグラフィのなかでも速いBPMの楽曲を歌い上げ、熱気渦巻くステージを後にした。

アンコールでは、ラフなライブTシャツを着てファンの前に姿を現したŹOOĻは、「ZONE OF OVERLAP」で彼らの歌声を待ち望むファンに応えた。広瀬さんは「ŹOOĻとして人でこの場に立てて本当に幸せです。悠の力を借りて、皆さんの前で歌えたことを本当に嬉しく思います。(月雲)了さん見てる!? 俺たち単独ライブやったんだよ! すごいでしょ!?」と悠さながらに仲間やファンへの感謝と、ŹOOĻにとって重要な人物である月雲了への言葉を伝えると、客席からは大きな拍手が。

感動に包まれた客席に向けて、最後の楽曲となる、恐れず走り続ける覚悟を歌う「No Sacrifice」を歌い上げ、ライブを華やかに締めくくった。

「ŹOOĻ LIVE LEGACY “APOŹ”」は、公演後1週間はアーカイブ配信で繰り返しライブを楽しむことができる。ŹOOĻ の世界観をあますことなく楽しめる熱狂的なライブをご自宅で何度でもご覧いただきたい。

(C)BNOI/アイナナ製作委員会

「ŹOOĻ LIVE LEGACY “APOŹ”」セットリスト

◆2023.2.18(sat)DAY 1
01. Utopia
02. RIDING
03. LOOK AT…
04. Survivor
05. Poisonous Gangster
06. IMPERIAL CHAIN
07. 4-ROAR
08. Insomnia [feat. ☆Taku Takahashi (m-flo, block.fm)]
09. ササゲロ -You Are Mine-
10. Murky Oath
11. Unbalance Shadow / 亥清 悠 (CV.広瀬裕也)、棗 巳波 (CV.西山宏太朗)
12. BLACK TIGER
13. SUNRIZE
14. NEVER LOSE, MY RULE
15. Bang!Bang!Bang!
<ENCORE>
16. ZONE OF OVERLAP
17. No Sacrifice

◆2023.2.19(sun)DAY 2
01. Utopia
02. RIDING
03. LOOK AT…
04. Survivor
05. Poisonous Gangster
06. IMPERIAL CHAIN
07. 4-ROAR
08. Insomnia [feat. ☆Taku Takahashi (m-flo, block.fm)]
09. ササゲロ -You Are Mine-
10. Ache
11. Drift driving / 狗丸トウマ (CV.木村 昴)、御堂虎於 (CV.近藤 隆)
12. BLACK TIGER
13. SUNRIZE
14. NEVER LOSE, MY RULE
15. Bang!Bang!Bang!
<ENCORE>
16. ZONE OF OVERLAP
17. No Sacrifice

ŹOOĻ LIVE LEGACY “APOŹ”ライブ特設サイト https://idolish7.com/apoz/
ŹOOĻ LIVE LEGACY “APOŹ”ライブ公式 Twitter @iD7_APOZ

関連記事:

「Re:valeの未来に乾杯!」『アイナナ』初ソロ曲生披露も! Re:vale初単独ライブ「Re:vale LIVE GATE “Re:flect U”」2DAYSセトリ付きレポ
https://otajo.jp/111002

アイナナ初単独ライブ『IDOLiSH7 LIVE BEYOND “Op.7”』セットリスト付レポート 1月31日までアーカイブ配信中
https://otajo.jp/105182[リンク]

両日異なる衣装に3人での「NATSU☆しようぜ!」も!『アイナナ』TRIGGER初単独配信ライブ『VALIANT』DAY1&DAY2 セトリ付きレポート
https://otajo.jp/100823[リンク]

「コンテンツを一つ立ち上げて継続させるって本当に大変」『アイドリッシュセブン』7周年キャスト16人集結&4グループCGライブも初披露!「ONLY ONCE, ONLY 7TH.」イベントレポ
https://otajo.jp/110013[リンク]

オレンジ制作で全編完全新作!アイナナ初の劇場ライブ『劇場版アイドリッシュセブン LIVE』5月20日(土)より開催 グッズ事前通販も解禁
https://otajo.jp/112383[リンク]

ライブ配信情報

<見逃し・アーカイブ配信期間>
DAY 1: 2 月 26 日(日)23:59 まで
DAY 2: 2 月 27 日(月)23:59 まで

<券種・料金>
DAY 1 視聴チケット:5,200 円(税込) ※ABEMA:4,340 コイン(5,200 円(税込)相当)
DAY 2 視聴チケット:5,200 円(税込) ※ABEMA:4,340 コイン(5,200 円(税込)相当)
DAY 1・DAY 2 両日視聴チケット:10,000 円(税込) ※ABEMA:8,340 コイン(10,000 円(税込)相当)
<チケット販売終了日時>
DAY 1 視聴チケット:2023 年 2 月 26 日(日)21:00
DAY 2 視聴チケット:2023 年 2 月 27 日(月)21:00
DAY 1・DAY 2 両日視聴チケット:2023 年 2 月 26 日(日)21:00
<配信プラットフォーム>
■ABEMA https://abema-ppv-onlinelive.abema.tv/posts/40098109
■Stagecrowd https://stagecrowd.live/idolish7_apoz/
■イープラス/Streaming+ https://eplus.jp/zool_ol/
※見逃し・アーカイブ配信日時などの詳細に関しましては各社配信サイトで再度ご確認ください。

【ŹOOĻ「Źenit – EP」商品情報】
2022.12.14 on sale
LACM-24331 / 2,420 円 (10%税込) / 2,200 円 (税抜)
<INDEX>
1. BLACK TIGER
作詞:浦島健太 作曲・編曲:KOUICHI
2. Insomnia
作詞:結城アイラ 作曲・編曲:☆Taku Takahashi (m-flo, block.fm)
3. SUNRIZE
作詞:松藤量平 作曲:マーティー・フリードマン 編曲:めんま
4. RIDING
作詞:RYUICHI 作曲・編曲:YASUSHI WATANABE
■商品購入はこちら
https://lnk.to/LACM-24331
■店舗特典はこちら
https://lantis.jp/news.php?id=1664719199

その他のおすすめな記事はこちら!

記者プロフィール

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

アニメ / ゲーム / の新着記事一覧

PAGE TOP